HOME 海外

2023.04.24

ロンドンマラソンVのハッサン「驚くべきこと」世界陸上はトラックに集中 男子キプトゥム「世界記録考えなかった」
ロンドンマラソンVのハッサン「驚くべきこと」世界陸上はトラックに集中 男子キプトゥム「世界記録考えなかった」

女子長距離のハッサン(オランダ)

ロンドンマラソンが4月23日に開催され、男子はK.キプトゥム(ケニア)が世界歴代2位の2時間1分25秒で、女子はS.ハッサン(オランダ)が2時間18分33秒で優勝した。

女子を制したハッサンは今回が初マラソン。「マラソンを完走できるなんて思ってもみなかった。この(ロンドン)マラソンを見るのは好きだったが、ここに来て完走し、優勝できた。驚くべきことだ」と話した。

広告の下にコンテンツが続きます

世界陸連(WA)の記事によると、8月に開催されるブダペスト世界選手権に向けてはトラック種目に集中することになるという。

男子優勝のキプトゥムは「(2時間)2分2~3秒くらいで走るつもりだったが、世界記録のことは考えていなかった。ただ良いタイムを出すことだけに集中していた。この後は帰って少し休み、チームと話をするつもりだ。たぶんそこから世界記録のことも考えられるようになるんではないだろうか」とコメントしている。

五輪・世界選手権で計10個の金メダルを誇るM.ファラー(英国)は2時間10分28秒で9位。9月のグレート・ノース・ランを引退レースとする決意を表明したことが英ガーディアンによって報じられている。

ロンドンマラソンが4月23日に開催され、男子はK.キプトゥム(ケニア)が世界歴代2位の2時間1分25秒で、女子はS.ハッサン(オランダ)が2時間18分33秒で優勝した。 女子を制したハッサンは今回が初マラソン。「マラソンを完走できるなんて思ってもみなかった。この(ロンドン)マラソンを見るのは好きだったが、ここに来て完走し、優勝できた。驚くべきことだ」と話した。 世界陸連(WA)の記事によると、8月に開催されるブダペスト世界選手権に向けてはトラック種目に集中することになるという。 男子優勝のキプトゥムは「(2時間)2分2~3秒くらいで走るつもりだったが、世界記録のことは考えていなかった。ただ良いタイムを出すことだけに集中していた。この後は帰って少し休み、チームと話をするつもりだ。たぶんそこから世界記録のことも考えられるようになるんではないだろうか」とコメントしている。 五輪・世界選手権で計10個の金メダルを誇るM.ファラー(英国)は2時間10分28秒で9位。9月のグレート・ノース・ランを引退レースとする決意を表明したことが英ガーディアンによって報じられている。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.22

JMCシリーズの順位修正 山下一貴が4位へ、西山、大迫の順位が下がる ブダペスト世界陸上9位のドーピング違反により

日本陸連はジャパンマラソンチャンピオンシップ(JMC)シリーズⅢ(22年4月~24年3月)の順位に修正があったことを発表した。 昨年のブダペスト世界選手権で9位に入ったジョン・ハキジマナ(ルワンダ)のドーピング違反が11 […]

NEWS ブダペスト世界陸上マラソン9位のハキジマナがドーピング違反失格により、山下一貴、其田健也、西山和弥の順位がアップ

2024.04.22

ブダペスト世界陸上マラソン9位のハキジマナがドーピング違反失格により、山下一貴、其田健也、西山和弥の順位がアップ

昨年11月30日にアスリート・インテグリティー・ユニット(AIU、世界陸連の独立不正監査機関)が、男子マラソンでルワンダ記録を持つジョン・ハキジマナのドーピング違反(禁止物質:トリアムシノロンアセトニド陽性)により23年 […]

NEWS マラソンリレーはF.フォルトゥナート、V.トラプレッティのイタリア2が優勝/世界競歩チーム選手権

2024.04.22

マラソンリレーはF.フォルトゥナート、V.トラプレッティのイタリア2が優勝/世界競歩チーム選手権

◇第30回世界競歩チーム選手権(4月21日/トルコ・アンタルヤ) 世界競歩チーム選手権が開催され、新種目のマラソンリレーはイタリア2(F.フォルトゥナート、V.トラプレッティ)が2時間56分45秒で優勝した。 広告の下に […]

NEWS 堀尾謙介がM&Aベストパートナーズと所属契約 1月に九電工を退部しプロランナーに

2024.04.22

堀尾謙介がM&Aベストパートナーズと所属契約 1月に九電工を退部しプロランナーに

M&Aベストパートナーズは、堀尾謙介と所属契約を交わしたことを発表した。 東京五輪、パリ五輪の代表選考会マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)に出場している堀尾。兵庫・須磨学園高出身で、中大時代には主力として活躍し […]

NEWS 17歳ミラーが100m9秒97!! 自己記録を一気に0.13秒更新!ブロメルのU20米国記録を破る

2024.04.22

17歳ミラーが100m9秒97!! 自己記録を一気に0.13秒更新!ブロメルのU20米国記録を破る

4月20日に米国で開催されたPURE招待で、17歳のC.ミラー(米国)が9秒93(+1.6)の今季世界最高、U20米国新、U20歴代3位の好記録で優勝した。従来の米国記録は、のちに世界選手権で銅メダルを獲得するT.ブロメ […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top