HOME 国内、大学

2023.04.24

400mH女王の山本亜美が貫禄V 57秒32でユニバ代表入りへ「アピールできたかな」学生記録も視野/学生個人
400mH女王の山本亜美が貫禄V 57秒32でユニバ代表入りへ「アピールできたかな」学生記録も視野/学生個人

山本亜美(日本学生個人選手権400mH)

◇2023日本学生個人選手権(2023年4月21~23日/神奈川・レモンガススタジアム平塚)

ワールドユニバーシティゲームズの代表選考会を兼ねた日本学生個人選手権の3日目が行われ、女子400mハードルは日本選手権2連覇中の山本亜美(立命大)が貫禄を見せた。

広告の下にコンテンツが続きます

「前回負けていたこともあって、緊張からなかなか気持ちが乗らなかったんです」と山本。だが、予選、準決勝と2本走った上に、400mを後輩の児島柚月が制したことなど仲間の活躍に「刺激を受けました」。この日の朝は「優勝する夢を見たんです」。そのイメージ通り、決勝は動きにキレ味が増した。

前半は日本インカレで後塵を拝している青木穂花(青学大)がスピードを生かして先行。「なかなか穂花さんに近づけなくて、8台目くらいまで必死で追いかけました」。だが、日本選手権をはじめ、何度も見せてきたラストの猛追で一気にかわしてトップへ。「130%くらい出しました」と、笑顔でフィニッシュラインを駆け抜けた。

すでにワールドユニバーシティゲームズの派遣設定記録(57秒60)をクリアする56秒38(学生歴代4位)を持つが、今大会は勝つことに加えてパフォーマンスでも「この記録でアピールできたかな」と笑う。

冬はハムストリングスや臀部を強化してスピードもアップ。6台目まで16歩で行くが、やや詰まり気味になっており「7台目まで行ったり、1台目までのアプローチを1歩減らしたり、考えています」と次のステージを見据える。

広告の下にコンテンツが続きます

今季は「学生記録を出す」。青木沙弥佳が持つ55秒94の学生記録は2008年のもの。来年のパリ五輪をターゲットにするだけに、日本選手権でしっかり結果を出してアジア大会やアジア選手権代表もつかみ取るつもりだ。

◇2023日本学生個人選手権(2023年4月21~23日/神奈川・レモンガススタジアム平塚) ワールドユニバーシティゲームズの代表選考会を兼ねた日本学生個人選手権の3日目が行われ、女子400mハードルは日本選手権2連覇中の山本亜美(立命大)が貫禄を見せた。 「前回負けていたこともあって、緊張からなかなか気持ちが乗らなかったんです」と山本。だが、予選、準決勝と2本走った上に、400mを後輩の児島柚月が制したことなど仲間の活躍に「刺激を受けました」。この日の朝は「優勝する夢を見たんです」。そのイメージ通り、決勝は動きにキレ味が増した。 前半は日本インカレで後塵を拝している青木穂花(青学大)がスピードを生かして先行。「なかなか穂花さんに近づけなくて、8台目くらいまで必死で追いかけました」。だが、日本選手権をはじめ、何度も見せてきたラストの猛追で一気にかわしてトップへ。「130%くらい出しました」と、笑顔でフィニッシュラインを駆け抜けた。 すでにワールドユニバーシティゲームズの派遣設定記録(57秒60)をクリアする56秒38(学生歴代4位)を持つが、今大会は勝つことに加えてパフォーマンスでも「この記録でアピールできたかな」と笑う。 冬はハムストリングスや臀部を強化してスピードもアップ。6台目まで16歩で行くが、やや詰まり気味になっており「7台目まで行ったり、1台目までのアプローチを1歩減らしたり、考えています」と次のステージを見据える。 今季は「学生記録を出す」。青木沙弥佳が持つ55秒94の学生記録は2008年のもの。来年のパリ五輪をターゲットにするだけに、日本選手権でしっかり結果を出してアジア大会やアジア選手権代表もつかみ取るつもりだ。

【動画】400mH山本亜美が終盤で逆転V!

https://youtu.be/EaJsK4FRzaM ライブ配信は「あすリートチャンネル」の日本学生個人選手権特設ページ

【動画】日本学生個人選手権3日目のハイライトをチェック!

https://youtu.be/-rd2zohCDW4 ライブ配信は「あすリートチャンネル」の日本学生個人選手権特設ページ

次ページ:

ページ: 1 2 3

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.13

学法石川高・増子陽太が5000m13分34秒60の高2最高!!「海外の選手にも負けない気持ちで臨んだ」/日体大長距離競技会

4月13日、第312回日体大長距離競技会が神奈川県の日体大健志台競技場で行われ、男子5000mの最終組で6着に入った増子陽太(学法石川高2福島)が高校歴代6位、高2歴代最高となる13分34秒60をマークした。 増子は鏡石 […]

NEWS 「シーズンはじめのレースとして良い走りができた」塩尻和也が5000m日本人トップ 五輪選考会に向け好調アピール/金栗記念

2024.04.13

「シーズンはじめのレースとして良い走りができた」塩尻和也が5000m日本人トップ 五輪選考会に向け好調アピール/金栗記念

◇金栗記念選抜陸上中長距離大会2024(4月13日/熊本・えがお健康スタジアム) 日本グランプリシリーズ開幕戦の金栗記念が行われ、男子5000mでは10000m日本記録保持者の塩尻和也(富士通)が13分24分57秒で日本 […]

NEWS パリ五輪マラソン代表・鈴木優花「苦しい展開のなか耐えぬけた」女子10000mで2位/金栗記念

2024.04.13

パリ五輪マラソン代表・鈴木優花「苦しい展開のなか耐えぬけた」女子10000mで2位/金栗記念

◇金栗記念選抜陸上中長距離大会2024(4月13日/熊本・えがお健康スタジアム) 日本グランプリシリーズ開幕戦の金栗記念が行われ、パリ五輪女子マラソン代表の鈴木優花(第一生命グループ)が10000mに出場し、33分21秒 […]

NEWS 社会人初陣の三浦龍司 1500mで貫禄の日本人トップ「2024年は待ち望んでいた年」/金栗記念

2024.04.13

社会人初陣の三浦龍司 1500mで貫禄の日本人トップ「2024年は待ち望んでいた年」/金栗記念

◇金栗記念選抜陸上中長距離大会2024(4月13日/熊本・えがお健康スタジアム) 日本グランプリシリーズ開幕戦の金栗記念が行われ、男子1500mではブダペスト世界選手権3000m障害6位の三浦龍司(SUBARU)が3分3 […]

NEWS 田中希実 1500m4分07秒98で日本人トップ「ラスト200mの課題を見つけることができた」/金栗記念

2024.04.13

田中希実 1500m4分07秒98で日本人トップ「ラスト200mの課題を見つけることができた」/金栗記念

◇金栗記念選抜陸上中長距離大会2024(4月13日/熊本・えがお健康スタジアム) 日本グランプリシリーズ開幕戦の金栗記念が行われ、女子1500mはツカラ・エスタ・ムソニ(ニトリ)が4分06秒54の大会新記録で優勝。日本人 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top