HOME 駅伝

2023.04.20

日立のバイレ・シンシア選手が病気のため死去 20歳 神村学園高時代にインターハイ1500m優勝、駅伝でも活躍
日立のバイレ・シンシア選手が病気のため死去 20歳 神村学園高時代にインターハイ1500m優勝、駅伝でも活躍

20歳の若さで亡くなったシンシア選手

日立女子陸上部は19日、所属するバイレ・シンシア選手が4月14日に亡くなったことを公表した。20歳だった。

ケニア出身のシンシア選手は18年に鹿児島・神村学園高の留学生として来日。19年の沖縄インターハイでは1500mで優勝し、3000mでも2位と活躍した。同年の全国高校駅伝では2区で区間タイ記録をマークし、チームの準優勝に貢献。3年生となった20年はコロナ禍でインターハイが中止になったものの、5000mで15分07秒13と留学生ランナーとして歴代2位(当時)の好タイムをマークした。

広告の下にコンテンツが続きます

高校を卒業した21年春に日立に入社。全日本実業団対抗女子駅伝では4区で区間7位と力走していた。チーム関係者によると、昨年5月から体調を崩し、日本で闘病生活を続けていたという。

日立の北村聡監督はSNSで「陸上部所属のバイレ・シンシア選手が昨年からの闘病の末、4月14日に永眠いたしました。必ず復帰すると誓い、頑張ってきてくれたシンシア選手の陸上競技に向かう姿勢と思いの強さ、そして周囲に対する思いやりと優しさは、いつも私たちに元気と勇気、笑顔を届けてくれていました。生前のシンシア選手への皆さまからのご厚情に、深く感謝申し上げます。シンシア選手を悼み、心からお悔やみを申し上げます」と哀悼。

シンシア選手自身も陸上部のホームページで「昨年は自分自身思いもよらない病気にかかってしまい、とても辛く苦しい年となってしまいました。今年は絶対に病気を治して、また、みなさんに走っている姿を見てもらえるように頑張ります」と意気込みを語っていた。

日立女子陸上部は19日、所属するバイレ・シンシア選手が4月14日に亡くなったことを公表した。20歳だった。 ケニア出身のシンシア選手は18年に鹿児島・神村学園高の留学生として来日。19年の沖縄インターハイでは1500mで優勝し、3000mでも2位と活躍した。同年の全国高校駅伝では2区で区間タイ記録をマークし、チームの準優勝に貢献。3年生となった20年はコロナ禍でインターハイが中止になったものの、5000mで15分07秒13と留学生ランナーとして歴代2位(当時)の好タイムをマークした。 高校を卒業した21年春に日立に入社。全日本実業団対抗女子駅伝では4区で区間7位と力走していた。チーム関係者によると、昨年5月から体調を崩し、日本で闘病生活を続けていたという。 日立の北村聡監督はSNSで「陸上部所属のバイレ・シンシア選手が昨年からの闘病の末、4月14日に永眠いたしました。必ず復帰すると誓い、頑張ってきてくれたシンシア選手の陸上競技に向かう姿勢と思いの強さ、そして周囲に対する思いやりと優しさは、いつも私たちに元気と勇気、笑顔を届けてくれていました。生前のシンシア選手への皆さまからのご厚情に、深く感謝申し上げます。シンシア選手を悼み、心からお悔やみを申し上げます」と哀悼。 シンシア選手自身も陸上部のホームページで「昨年は自分自身思いもよらない病気にかかってしまい、とても辛く苦しい年となってしまいました。今年は絶対に病気を治して、また、みなさんに走っている姿を見てもらえるように頑張ります」と意気込みを語っていた。

闘病中にも笑顔を見せていたシンシア選手

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.24

木南記念・男子100mに坂井隆一郎、女子走幅跳に秦澄美鈴! 女子100mHは寺田明日香と田中佑美が出場

大阪陸協は4月24日、5月12日に開催される第11回木南記念(ヤンマースタジアム長居・ヤンマーフィールド長居)の主な出場選手4人を発表した。 男子100mで昨年の日本選手権で優勝を飾り、ブダペスト世界選手権に出場した坂井 […]

NEWS 【学生長距離Close-upインタビュー】悔しさ糧に成長した中央学大・近田陽路 「全員がいい記録を出せるチームに」

2024.04.24

【学生長距離Close-upインタビュー】悔しさ糧に成長した中央学大・近田陽路 「全員がいい記録を出せるチームに」

学生長距離Close-upインタビュー 近田陽路 Konda Hiro 中央学大3年 「月陸Online」限定で大学長距離選手のインタビューをお届けする「学生長距離Close-upインタビュー」。38回目は、中央学大の近 […]

NEWS セイコーGGP男子5000mに日本歴代8位の伊藤達彦、太田智樹、吉居兄弟、鈴木芽吹ら追加出場

2024.04.24

セイコーGGP男子5000mに日本歴代8位の伊藤達彦、太田智樹、吉居兄弟、鈴木芽吹ら追加出場

日本陸連は4月24日、セイコーゴールデングランプリ陸上2024東京(5月19日/東京・国立競技場)の男子5000mの追加出場選手15人を発表した。 2021年東京五輪、22年オレゴン世界選手権男子10000m代表で、昨年 […]

NEWS 新潟アルビレックスRC サトウ食品とクラブネーミングライツパートナー契約「日本の陸上界にとって新たな1ページ」

2024.04.24

新潟アルビレックスRC サトウ食品とクラブネーミングライツパートナー契約「日本の陸上界にとって新たな1ページ」

新潟アルビレックスランニングクラブは4月24日、地元(新潟市)に本社を置くサトウ食品とクラブ初のネーミングライツパートナー契約を締結したことを発表した。契約は3年としている。 同市内で行われた記者会見にはサトウ食品の佐藤 […]

NEWS 世界リレーのエントリーリスト発表 米国男子4×100mRにN.ライルズ! ジャマイカ女子4×100mRは若手中心

2024.04.24

世界リレーのエントリーリスト発表 米国男子4×100mRにN.ライルズ! ジャマイカ女子4×100mRは若手中心

バハマ・ナッソーで開催される世界リレー大会(5月4、5日)のエントリーリストが4月23日に発表された。 4×100mリレーは男子32チーム、女子30チームがエントリー。4×400mリレーは男子32チーム、女子27チーム、 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top