月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

【イベント】 非公認のタイムトライアルイベント「スペシャルチャレンジin鴻巣」が開催

【イベント】
非公認のタイムトライアルイベント
「スペシャルチャレンジin鴻巣」が開催

各地の競技会やロードレースが中止になっていることを受け、アスリートに練習の成果を試す場を提供しようという動きが出てきている。7月11日には非公認のタイムトライアルイベント「スペシャルチャレンジin鴻巣」が埼玉県の鴻巣市立競技場で開催された。

埼玉県で開催された非公認のタイムトライアルイベント「スペシャルチャレンジin鴻巣」

これは埼玉県で活動するランナーの影山英紀さんが企画したもので、影山さんと同じ花咲徳栄高出身で、川内優輝選手(あいおいニッセイ同和損保)の弟である川内鴻輝さんも運営に協力。進行役を務める傍ら、ペースメーカーとしても出走して大会を盛り上げた。
出場者には当日の受付時に検温を求め、参加者も最大80人に限定した小規模にするなど、新型コロナウイルス感染拡大の予防策を講じて開催された。

受付時には検温を実施

種目は5000mのみで、気温が下がる18時20分から4組に分かれて合計51人が出場。各組には影山さんがSNSで協力を仰いだペースメーカーが出走し、選手の好記録をアシストした。最終4組で1着だった牧野冴希選手(大日本印刷陸上部)が14分39秒2で総合トップを占め、6人が14分台をマークした。

最終4組には関東学院大の選手も出場。その中で牧野冴希選手(大日本印刷陸上部)が14分39秒2で1着を占めた。左は14分39秒6で2着の小林駿介選手(関東学院大)

1組目はプロランナーの下門美春選手(埼玉陸協、右端)がペースメーカーを務めた

アキレスが特別協賛、ニッタバイオラボが協賛

大会の趣旨に賛同したアキレス(株)が特別協賛、(株)ニッタバイオラボが協賛として名を連ねた。各組の1着にはアキレスのブランド「MEDIFOAM」のランニングシューズが贈られ、参加者にはニッタバイオラボが販売している新田ゼラチンのコラーゲンペプチド配合ケアドリンク「RUNSHOT(ランショット)」が提供された。

特別協賛のアキレスは「MEDIFOAM」の試着ブースを出展。各組1着の選手にはシューズもプレゼントした

参加者からはイベントを開催してくれたことに感謝する声が相次ぎ、影山さんは「トラックの記録会では敷居が高いと感じる人でも参加しやすい大会を目指しました。今後も定期的に開催したい」と意欲を示していた。

▼スペシャルチャレンジin鴻巣 上位成績
5000m4組
14.39.2 牧野 冴希(大日本印刷陸上部)
14.39.6 小林 駿介(関東学院大)
14.53.8 田中龍之介(関東学院大)
14.55.8 鈴木 涼太(関東学院大)
14.57.1 名取 恭平(千葉陸協)
14.58.9 森屋 源太(関東学院大)
※記録は非公認

発起人の影山英紀さん(左)と運営に協力した川内鴻輝さん

ニッタバイオラボが販売している新田ゼラチンの「RUNSHOT(ランショット)」が参加賞として配られた

文/山本慎一郎

<関連リンク>
全成績(PDF)
MEDIFOAM公式サイト(アキレス)
RUNSHOT商品ページ(ニッタバイオラボ)



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com