HOME 駅伝

2023.04.03

旭化成に全日本、箱根区間賞の葛西潤、早大の井川龍人、國學院大の中西大翔らが入社 高卒・長嶋幸宝を加え6人が新戦力加入
旭化成に全日本、箱根区間賞の葛西潤、早大の井川龍人、國學院大の中西大翔らが入社 高卒・長嶋幸宝を加え6人が新戦力加入

旭化成に入社した6人(チーム提供)

旭化成陸上部は4月3日、ホームページを更新し、新たに6人の選手が入部したことを発表した。

チームでは3月中に昨年の全国高校駅伝1区区間賞の長嶋幸宝(兵庫・西脇工高出身)が入社したことを報告していたが、新たに葛西潤、井川龍人、中西大翔、加藤大誠、山田真生の大卒5人が加わる。

広告の下にコンテンツが続きます

創価大出身の葛西は、学生時代に主軸として活躍。昨年の全日本大学駅伝2区で31分12秒の区間新で区間賞を獲得し、1月の箱根駅伝でも7区区間賞と駅伝で快走を重ねた。トラックでも10000m28分21秒72のベストを持ち、名門でさらなる飛躍を期する。

早大から進む井川は、熊本・九州学院高時代の18年都道府県対抗男子駅伝1区で区間賞を獲得。インターハイでも5000mで日本人最上位の5位入賞を果たし、国体も2位と早くから全国トップクラスで活躍。翌19年には日本代表として世界クロスカントリー選手権にも出場した。大学では1年から箱根駅伝に出場。今年は3区に出場し、区間2位ながら9人抜きの力走で、チームのシード権獲得に貢献した。

中西は國學院大で主将を務め、ハーフマラソンは1時間1分22秒をマーク。アキレス腱の故障のため、今年の箱根駅伝出場は果たせなかったが、出雲では4区区間賞、全日本は3区6位と力のあるところを見せている。

加藤は鹿児島実高から明大に進学。箱根駅伝には4度出場し、関東インカレのハーフマラソンにも出場した。3年時の箱根駅伝予選会では日本人2番目となる個人9位。1時間2分47秒の自己新で走破した。

広告の下にコンテンツが続きます

ただひとり、関西の立命大から入社した山田は5000m13分49秒35がベスト。3年時の関西学生駅伝では7区で区間新記録を樹立している。

これまで多くのマラソンランナーを輩出した名門・旭化成。全日本実業団駅伝では最多25回の優勝を誇るが、今年の大会では故障者が相次ぎ、8年ぶりに入賞を逃す16位と苦戦した。新たな戦力とともに、王座復権を目指していく。

旭化成陸上部は4月3日、ホームページを更新し、新たに6人の選手が入部したことを発表した。 チームでは3月中に昨年の全国高校駅伝1区区間賞の長嶋幸宝(兵庫・西脇工高出身)が入社したことを報告していたが、新たに葛西潤、井川龍人、中西大翔、加藤大誠、山田真生の大卒5人が加わる。 創価大出身の葛西は、学生時代に主軸として活躍。昨年の全日本大学駅伝2区で31分12秒の区間新で区間賞を獲得し、1月の箱根駅伝でも7区区間賞と駅伝で快走を重ねた。トラックでも10000m28分21秒72のベストを持ち、名門でさらなる飛躍を期する。 早大から進む井川は、熊本・九州学院高時代の18年都道府県対抗男子駅伝1区で区間賞を獲得。インターハイでも5000mで日本人最上位の5位入賞を果たし、国体も2位と早くから全国トップクラスで活躍。翌19年には日本代表として世界クロスカントリー選手権にも出場した。大学では1年から箱根駅伝に出場。今年は3区に出場し、区間2位ながら9人抜きの力走で、チームのシード権獲得に貢献した。 中西は國學院大で主将を務め、ハーフマラソンは1時間1分22秒をマーク。アキレス腱の故障のため、今年の箱根駅伝出場は果たせなかったが、出雲では4区区間賞、全日本は3区6位と力のあるところを見せている。 加藤は鹿児島実高から明大に進学。箱根駅伝には4度出場し、関東インカレのハーフマラソンにも出場した。3年時の箱根駅伝予選会では日本人2番目となる個人9位。1時間2分47秒の自己新で走破した。 ただひとり、関西の立命大から入社した山田は5000m13分49秒35がベスト。3年時の関西学生駅伝では7区で区間新記録を樹立している。 これまで多くのマラソンランナーを輩出した名門・旭化成。全日本実業団駅伝では最多25回の優勝を誇るが、今年の大会では故障者が相次ぎ、8年ぶりに入賞を逃す16位と苦戦した。新たな戦力とともに、王座復権を目指していく。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.13

三段跳世界女王・ロハスが左アキレス腱損傷 五輪連覇の夢ついえる

女子三段跳世界記録保持者のユイマール・ロハス(ベネズエラ)の五輪連覇の夢が絶たれた。 自身のSNSを更新し、病院のベッドにいる写真とともに練習中に左アキレス腱損傷を負ったことを明かし、「パリ五輪には参加できない」と綴った […]

NEWS 女王シファン・ハッサンインタビュー「好奇心を持つこと」「失敗を恐れず前を向いて」挑戦し続けるメンタリティー

2024.04.12

女王シファン・ハッサンインタビュー「好奇心を持つこと」「失敗を恐れず前を向いて」挑戦し続けるメンタリティー

東京マラソン翌日の3月4日、女子10000mとマラソンで世界歴代2位の自己記録(29分06秒82&2時間13分44秒)を持つシファン・ハッサン(オランダ)がインタビューに応じた。 東京マラソンでは2時間18分05秒で4位 […]

NEWS “キング”キプチョゲが語るマラソン「挑戦すること。人間に限界はありません」パリ五輪で目指すのは…

2024.04.12

“キング”キプチョゲが語るマラソン「挑戦すること。人間に限界はありません」パリ五輪で目指すのは…

東京マラソン翌日の3月4日、男子マラソンの前世界記録保持者で五輪2連覇中のエリウド・キプチョゲ(ケニア)がインタビューに応じた。 前日の東京マラソンで、2時間6分50秒で10位。実力を発揮できなかったものの、「東京の街に […]

NEWS 編集部コラム「マラソン大会」

2024.04.12

編集部コラム「マラソン大会」

毎週金曜日更新!? ★月陸編集部★ 広告の下にコンテンツが続きます 攻め(?)のアンダーハンド リレーコラム🔥 毎週金曜日(できる限り!)、月刊陸上競技の編集部員がコラムをアップ! 陸上界への熱い想い、日頃抱いている独り […]

NEWS 世界リレー代表選考会!出雲陸上に飯塚翔太、東田旺洋ら参戦!女子は兒玉、君嶋、鶴田ら激戦必至

2024.04.12

世界リレー代表選考会!出雲陸上に飯塚翔太、東田旺洋ら参戦!女子は兒玉、君嶋、鶴田ら激戦必至

日本グランプリシリーズの吉岡隆徳記念第78回出雲陸上が4月13、14日に行われる。今大会は5月に開かれる世界リレー(バハマ)の代表選考会を兼ねて実施。その先にはパリ五輪も待つ重要なレースとなる。グランプリ種目は男子100 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top