HOME 駅伝

2023.04.02

埼玉医科大グループ男子駅伝部に中園慎太朗、木山凌、川田啓仁、小島慎也が新加入!
埼玉医科大グループ男子駅伝部に中園慎太朗、木山凌、川田啓仁、小島慎也が新加入!

22年関東インカレ男子3000mSCで5位の中園慎太朗

創部7年目を迎えた埼玉医科大グループ男子駅伝部に、今春、中園慎太朗、木山凌、川田啓仁、小島慎也の大卒4選手が加わった。

法大出身の中園は1年時から箱根駅伝に出場。4年連続で復路を担っており、3年時は7区8位、4年時は9区5位と好走。チームのシード権獲得にも貢献した。

広告の下にコンテンツが続きます

大東大出身の木山は10000m28分35秒47の記録を持ち、今年の箱根は8区を走っている(区間18位)。

川田と小島はともに中央学大卒。箱根駅伝では母校のタスキをかけて走ることは叶わなかったものの、小島は2年時に関東学生連合の一員として箱根の3区を走り、3年時には主将を務め、4年時には全日本大学駅伝の1区6位と好走した。川田は5000m13分51秒87のスピードを持ち、全日本5区7位の実績があり、4年時の箱根は関東学生連合の一員に選ばれている(不出場)。

4選手それぞれ大学時代は各大学の主力選手として存在感を見せていた選手たち。埼玉医科大グループはニューイヤー駅伝に2度出場しているが、同駅伝の常連を目指すチームにとって大きな戦力となりそうだ。

創部7年目を迎えた埼玉医科大グループ男子駅伝部に、今春、中園慎太朗、木山凌、川田啓仁、小島慎也の大卒4選手が加わった。 法大出身の中園は1年時から箱根駅伝に出場。4年連続で復路を担っており、3年時は7区8位、4年時は9区5位と好走。チームのシード権獲得にも貢献した。 大東大出身の木山は10000m28分35秒47の記録を持ち、今年の箱根は8区を走っている(区間18位)。 川田と小島はともに中央学大卒。箱根駅伝では母校のタスキをかけて走ることは叶わなかったものの、小島は2年時に関東学生連合の一員として箱根の3区を走り、3年時には主将を務め、4年時には全日本大学駅伝の1区6位と好走した。川田は5000m13分51秒87のスピードを持ち、全日本5区7位の実績があり、4年時の箱根は関東学生連合の一員に選ばれている(不出場)。 4選手それぞれ大学時代は各大学の主力選手として存在感を見せていた選手たち。埼玉医科大グループはニューイヤー駅伝に2度出場しているが、同駅伝の常連を目指すチームにとって大きな戦力となりそうだ。

埼玉医科大グループに新加入した4選手

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.13

学法石川高・増子陽太が5000m13分34秒60の高2最高!!「海外の選手にも負けない気持ちで臨んだ」/日体大長距離競技会

4月13日、第312回日体大長距離競技会が神奈川県の日体大健志台競技場で行われ、男子5000mの最終組で6着に入った増子陽太(学法石川高2福島)が高校歴代6位、高2歴代最高となる13分34秒60をマークした。 増子は鏡石 […]

NEWS 「シーズンはじめのレースとして良い走りができた」塩尻和也が5000m日本人トップ 五輪選考会に向け好調アピール/金栗記念

2024.04.13

「シーズンはじめのレースとして良い走りができた」塩尻和也が5000m日本人トップ 五輪選考会に向け好調アピール/金栗記念

◇金栗記念選抜陸上中長距離大会2024(4月13日/熊本・えがお健康スタジアム) 日本グランプリシリーズ開幕戦の金栗記念が行われ、男子5000mでは10000m日本記録保持者の塩尻和也(富士通)が13分24分57秒で日本 […]

NEWS パリ五輪マラソン代表・鈴木優花「苦しい展開のなか耐えぬけた」女子10000mで2位/金栗記念

2024.04.13

パリ五輪マラソン代表・鈴木優花「苦しい展開のなか耐えぬけた」女子10000mで2位/金栗記念

◇金栗記念選抜陸上中長距離大会2024(4月13日/熊本・えがお健康スタジアム) 日本グランプリシリーズ開幕戦の金栗記念が行われ、パリ五輪女子マラソン代表の鈴木優花(第一生命グループ)が10000mに出場し、33分21秒 […]

NEWS 社会人初陣の三浦龍司 1500mで貫禄の日本人トップ「2024年は待ち望んでいた年」/金栗記念

2024.04.13

社会人初陣の三浦龍司 1500mで貫禄の日本人トップ「2024年は待ち望んでいた年」/金栗記念

◇金栗記念選抜陸上中長距離大会2024(4月13日/熊本・えがお健康スタジアム) 日本グランプリシリーズ開幕戦の金栗記念が行われ、男子1500mではブダペスト世界選手権3000m障害6位の三浦龍司(SUBARU)が3分3 […]

NEWS 田中希実 1500m4分07秒98で日本人トップ「ラスト200mの課題を見つけることができた」/金栗記念

2024.04.13

田中希実 1500m4分07秒98で日本人トップ「ラスト200mの課題を見つけることができた」/金栗記念

◇金栗記念選抜陸上中長距離大会2024(4月13日/熊本・えがお健康スタジアム) 日本グランプリシリーズ開幕戦の金栗記念が行われ、女子1500mはツカラ・エスタ・ムソニ(ニトリ)が4分06秒54の大会新記録で優勝。日本人 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top