HOME 国内

2023.04.02

200m棄権の山縣亮太「最後の最後まで出たい雰囲気」高野大樹コーチが状況説明
200m棄権の山縣亮太「最後の最後まで出たい雰囲気」高野大樹コーチが状況説明

取材に応じた高野大樹コーチ

4月2日に東京・国立競技場で行われている六大学対校陸上のオープン200mにエントリーしていた山縣亮太(セイコー)が棄権したこと受け、高野大樹コーチが取材に応じて状況を説明した。

ケイレンした箇所は左脚の内転筋で、「3日前に200mの通し練習をしようとして、カーブを走ったとき」に違和感が出たという。ドクターら関係者も含めて相談し、「最後は本人の感触もあって」大事をとって棄権という判断にいたった。

前日まで悩んだそうで、山縣の様子について「最後の最後まで出たそうな雰囲気がありました」と高野コーチ。久しぶりのレースという気持ちの昂ぶりはもちろん、「ファンのみなさんに見せたいという思いがあった」ようだ。

それでも、大事なのは以前の取材で話していた「シーズンを通して走ること」。ケガからの復帰途上でパリ五輪を見越して無理はできない。ただ、「ウエイトトレーニングなどはしっかりできている」といい、「ふくらはぎのケイレンは力を出して走るからこそ出るので、良い傾向だと捉えています」と高野コーチは説明する。

100mの復帰レースとなる4月29日の織田記念(広島)は現時点で出場予定。5月の木南記念(大阪)もエントリーする予定で、「今季は100m、200mにこだわらずチャレンジしていく」。まずは地元・広島で元気な姿が届けそうだ。

山縣は東京五輪後にパリ五輪を見据えて痛めていた右膝の手術を決断した。21年9月の全日本実業団対抗以降、実戦から遠ざかっている。

4月2日に東京・国立競技場で行われている六大学対校陸上のオープン200mにエントリーしていた山縣亮太(セイコー)が棄権したこと受け、高野大樹コーチが取材に応じて状況を説明した。 ケイレンした箇所は左脚の内転筋で、「3日前に200mの通し練習をしようとして、カーブを走ったとき」に違和感が出たという。ドクターら関係者も含めて相談し、「最後は本人の感触もあって」大事をとって棄権という判断にいたった。 前日まで悩んだそうで、山縣の様子について「最後の最後まで出たそうな雰囲気がありました」と高野コーチ。久しぶりのレースという気持ちの昂ぶりはもちろん、「ファンのみなさんに見せたいという思いがあった」ようだ。 それでも、大事なのは以前の取材で話していた「シーズンを通して走ること」。ケガからの復帰途上でパリ五輪を見越して無理はできない。ただ、「ウエイトトレーニングなどはしっかりできている」といい、「ふくらはぎのケイレンは力を出して走るからこそ出るので、良い傾向だと捉えています」と高野コーチは説明する。 100mの復帰レースとなる4月29日の織田記念(広島)は現時点で出場予定。5月の木南記念(大阪)もエントリーする予定で、「今季は100m、200mにこだわらずチャレンジしていく」。まずは地元・広島で元気な姿が届けそうだ。 山縣は東京五輪後にパリ五輪を見据えて痛めていた右膝の手術を決断した。21年9月の全日本実業団対抗以降、実戦から遠ざかっている。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.07.22

東京世界陸上のメダル制作開始!「記憶に残り、見るたびに思い出すデザイン」目指して都内の中学・高校生にインタビュー

東京2025世界陸上財団はは7月22日、大会で選手に授与されるメダルのデザインに向け、ジュニアアスリートへのインタビューを東京・城西高で実施した。 国際大会出場選手が卒業している都内の学校から選定され、パリ五輪代表である […]

NEWS 20km競歩の古賀友太 パリ五輪陸上の初陣「メダルを取ってチームを勢いづけたい」/パリ五輪

2024.07.22

20km競歩の古賀友太 パリ五輪陸上の初陣「メダルを取ってチームを勢いづけたい」/パリ五輪

8月1日から始まるパリ五輪・陸上競技に向けて、日本代表選手団が出国する前に会見を開いて意気込みを語った。 男子20km競歩の古賀友太(大塚製薬)は初の五輪で「幼い頃から目標の舞台。身が引き締まる思い。自信を持って世界と戦 […]

NEWS 三段跳のレジェンド・テイラーが現役ラストジャンプ 「自分のキャリアにこれ以上言うことはない」

2024.07.22

三段跳のレジェンド・テイラーが現役ラストジャンプ 「自分のキャリアにこれ以上言うことはない」

7月19日、米国・フロリダ州で開催されたホロウェイ・プロ・クラシックで男子三段跳のC.テイラー(米国)が現役最後の競技会に出場。16m14(±0)の5位でグラウンドに別れを告げた。 テイラーは12年ロンドン五輪、16年リ […]

NEWS 16歳・ウィルソン 男子400mで44秒20!自身のU18世界最高を更新 U20歴代でも3位の好タイム

2024.07.22

16歳・ウィルソン 男子400mで44秒20!自身のU18世界最高を更新 U20歴代でも3位の好タイム

7月19日、米国・フロリダ州で開催されたホロウェイ・プロ・クラシックの男子400mでQ.ウィルソン(米国)がU18世界最高の44秒20で優勝した。 従来のU18世界最高はウィルソン自身が6月にマークした44秒59。U18 […]

NEWS フリチェコワが女子100mHでU18世界歴代2位の12秒86! 男子400mH・ラダがU18欧州最高/U18欧州選手権

2024.07.22

フリチェコワが女子100mHでU18世界歴代2位の12秒86! 男子400mH・ラダがU18欧州最高/U18欧州選手権

7月18日~21日、スロバキアのバンスカー・ビストリツァでU18欧州選手権が開かれ、女子100mハードル(76.2cm)ではL.フリチェコワ(スロバキア)が12秒97(+0.2)で優勝した。 予選ではU18世界歴代2位、 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年8月号 (7月12日発売)

2024年8月号 (7月12日発売)

W別冊付録
パリ五輪観戦ガイド&福岡インターハイ完全ガイド

page top