HOME 駅伝

2023.04.01

NTNに東海大主将・宇留田竜希、大東大主将の谷口辰熙が入社 「チームの力となれるよう頑張ります」
NTNに東海大主将・宇留田竜希、大東大主将の谷口辰熙が入社 「チームの力となれるよう頑張ります」

22年全日本大学駅伝に出場した宇留田竜希

NTNは4月1日、SNSにて新入部員を発表。東海大卒の宇留田竜希、大東大卒の谷口辰熙の2人が入社する。

宇留田は5000m14分02秒07、10000m28分47秒57の自己記録を持ち、東海大では主将としてチームを牽引。全日本大学駅伝では6区で出走している。

広告の下にコンテンツが続きます

谷口も大東大で主将として活躍した。全日本で7区、箱根10区とともに主要区間を担った。自己ベストは5000mが14分00秒45、10000mで28分46秒52、ハーフマラソンが1時間3分56秒。

NTNは1950年創部。全日本実業団駅伝(ニューイヤー駅伝)には通算で58回出場しており、多くの世界選手権出場者を輩出している名門チーム。昨年のニューイヤー駅伝は29位だった。

NTNは4月1日、SNSにて新入部員を発表。東海大卒の宇留田竜希、大東大卒の谷口辰熙の2人が入社する。 宇留田は5000m14分02秒07、10000m28分47秒57の自己記録を持ち、東海大では主将としてチームを牽引。全日本大学駅伝では6区で出走している。 谷口も大東大で主将として活躍した。全日本で7区、箱根10区とともに主要区間を担った。自己ベストは5000mが14分00秒45、10000mで28分46秒52、ハーフマラソンが1時間3分56秒。 NTNは1950年創部。全日本実業団駅伝(ニューイヤー駅伝)には通算で58回出場しており、多くの世界選手権出場者を輩出している名門チーム。昨年のニューイヤー駅伝は29位だった。

宇留田竜希と谷口辰熙のコメント

宇留田竜希コメント 地元のNTNで競技ができることに感謝し、チームの力となれるよう頑張ります。応援よろしくお願いします! 谷口辰熙コメント 競技を続けられること、また素晴らしい環境やスタッフに恵まれて競技をすることに感謝しております。競技面だけではなく社会人として成長した姿を見せられるように頑張ります!

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.22

JMCシリーズの順位修正 山下一貴が4位へ、西山、大迫の順位が下がる ブダペスト世界陸上9位のドーピング違反により

日本陸連はジャパンマラソンチャンピオンシップ(JMC)シリーズⅢ(22年4月~24年3月)の順位に修正があったことを発表した。 昨年のブダペスト世界選手権で9位に入ったジョン・ハキジマナ(ルワンダ)のドーピング違反が11 […]

NEWS ブダペスト世界陸上マラソン9位のハキジマナがドーピング違反失格により、山下一貴、其田健也、西山和弥の順位がアップ

2024.04.22

ブダペスト世界陸上マラソン9位のハキジマナがドーピング違反失格により、山下一貴、其田健也、西山和弥の順位がアップ

昨年11月30日にアスリート・インテグリティー・ユニット(AIU、世界陸連の独立不正監査機関)が、男子マラソンでルワンダ記録を持つジョン・ハキジマナのドーピング違反(禁止物質:トリアムシノロンアセトニド陽性)により23年 […]

NEWS マラソンリレーはF.フォルトゥナート、V.トラプレッティのイタリア2が優勝/世界競歩チーム選手権

2024.04.22

マラソンリレーはF.フォルトゥナート、V.トラプレッティのイタリア2が優勝/世界競歩チーム選手権

◇第30回世界競歩チーム選手権(4月21日/トルコ・アンタルヤ) 世界競歩チーム選手権が開催され、新種目の男女混合競歩リレーではイタリア2(F.フォルトゥナート、V.トラプレッティ)が2時間56分45秒で優勝した。 広告 […]

NEWS 堀尾謙介がM&Aベストパートナーズと所属契約 1月に九電工を退部しプロランナーに

2024.04.22

堀尾謙介がM&Aベストパートナーズと所属契約 1月に九電工を退部しプロランナーに

M&Aベストパートナーズは、堀尾謙介と所属契約を交わしたことを発表した。 東京五輪、パリ五輪の代表選考会マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)に出場している堀尾。兵庫・須磨学園高出身で、中大時代には主力として活躍し […]

NEWS 17歳ミラーが100m9秒97!! 自己記録を一気に0.13秒更新!ブロメルのU20米国記録を破る

2024.04.22

17歳ミラーが100m9秒97!! 自己記録を一気に0.13秒更新!ブロメルのU20米国記録を破る

4月20日に米国で開催されたPURE招待で、17歳のC.ミラー(米国)が9秒93(+1.6)の今季世界最高、U20米国新、U20歴代3位の好記録で優勝した。従来の米国記録は、のちに世界選手権で銅メダルを獲得するT.ブロメ […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top