HOME 国内

2023.04.01

棒高跳・諸田実咲 2年半ぶりベストは4m41の日本新!11年ぶりに1cm塗り替え「自信になる」
棒高跳・諸田実咲 2年半ぶりベストは4m41の日本新!11年ぶりに1cm塗り替え「自信になる」

4m41の日本新記録を樹立した諸田実咲(本人提供)

中大と日体大の第48回定期対抗陸上が4月1日に日体大健志台キャンパス陸上競技場で行われ、女子棒高跳の諸田実咲(アットホーム)が4m41の日本新記録を樹立した。

諸田は4m00から試技を始めると1回で成功。続く4m20、4m34を2回目にクリアした。これまでのベスト(4m30=学生記録)を2年半ぶりに更新。「イマイチだったので修正すれば行ける」と日本新の4m41にバーを上げ、これも2回目に成功させた。これまでの日本記録は12年にロンドン五輪に出場した我孫子智美(滋賀レイクスターズ)の4m40で11年ぶりに更新。トラック&フィールドシーズン最初の日本新となった。

広告の下にコンテンツが続きます

冬からスピードや体力強化も図り、練習ではゴムバーでも4m40をノータッチで跳ぶなど調子を上げていた諸田。2月の日本選手権室内でも優勝し、日本記録更新へ意気込みを語っていたばかり。ここに向けて「少しアキレス腱に違和感があったのですが、スピードも出ていて状態も上がっていたので記録を狙えると思っていました」と言う。

4m41は「1回目も惜しくて、ポールに力を加えて『跳ね』をもらえれば跳べると思いました。しっかり(踏み切りで)入り込んでいけました」と言い、「バーに触れずにしっかり跳べました。これまで室内が多かったので、外(屋外)で跳べたのも自信になります」と喜ぶ。日本記録保持者になったのはもちろんだが、久しぶりのベスト更新に声が弾んだ。

小学生時代から地元のクラブチーム「ベルアスレチックスジャパン」に通い、大泉南中時代には当時の中学最高記録となる3m81(室内、現・歴代2位)を跳んだ。なお、走幅跳でも全中やジュニア五輪に出場し5位に入っている。

高1でユース五輪に出場。高2で当時初となる4m00(室内)に成功し、高3時にはアジアジュニア選手権で銀メダルを獲得した。中大に進学してからもコンスタントに跳び、日本インカレでも優勝。日本選手権には中3から出場し続け、21年に初優勝飾っている。2022年度まで栃木県スポーツ協会に所属し、昨年の国体でもしっかり優勝。4月1日からアットホーム所属となって初戦だった。

広告の下にコンテンツが続きます

今後は4月の兵庫リレーカーニバルや水戸招待など日本グランプリシリーズに出場予定で高いレベルでのアベレージとさらなる記録更新を目指す。

中大と日体大の第48回定期対抗陸上が4月1日に日体大健志台キャンパス陸上競技場で行われ、女子棒高跳の諸田実咲(アットホーム)が4m41の日本新記録を樹立した。 諸田は4m00から試技を始めると1回で成功。続く4m20、4m34を2回目にクリアした。これまでのベスト(4m30=学生記録)を2年半ぶりに更新。「イマイチだったので修正すれば行ける」と日本新の4m41にバーを上げ、これも2回目に成功させた。これまでの日本記録は12年にロンドン五輪に出場した我孫子智美(滋賀レイクスターズ)の4m40で11年ぶりに更新。トラック&フィールドシーズン最初の日本新となった。 冬からスピードや体力強化も図り、練習ではゴムバーでも4m40をノータッチで跳ぶなど調子を上げていた諸田。2月の日本選手権室内でも優勝し、日本記録更新へ意気込みを語っていたばかり。ここに向けて「少しアキレス腱に違和感があったのですが、スピードも出ていて状態も上がっていたので記録を狙えると思っていました」と言う。 4m41は「1回目も惜しくて、ポールに力を加えて『跳ね』をもらえれば跳べると思いました。しっかり(踏み切りで)入り込んでいけました」と言い、「バーに触れずにしっかり跳べました。これまで室内が多かったので、外(屋外)で跳べたのも自信になります」と喜ぶ。日本記録保持者になったのはもちろんだが、久しぶりのベスト更新に声が弾んだ。 小学生時代から地元のクラブチーム「ベルアスレチックスジャパン」に通い、大泉南中時代には当時の中学最高記録となる3m81(室内、現・歴代2位)を跳んだ。なお、走幅跳でも全中やジュニア五輪に出場し5位に入っている。 高1でユース五輪に出場。高2で当時初となる4m00(室内)に成功し、高3時にはアジアジュニア選手権で銀メダルを獲得した。中大に進学してからもコンスタントに跳び、日本インカレでも優勝。日本選手権には中3から出場し続け、21年に初優勝飾っている。2022年度まで栃木県スポーツ協会に所属し、昨年の国体でもしっかり優勝。4月1日からアットホーム所属となって初戦だった。 今後は4月の兵庫リレーカーニバルや水戸招待など日本グランプリシリーズに出場予定で高いレベルでのアベレージとさらなる記録更新を目指す。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.22

JMCシリーズの順位修正 山下一貴が4位へ、西山、大迫の順位が下がる ブダペスト世界陸上9位のドーピング違反により

日本陸連はジャパンマラソンチャンピオンシップ(JMC)シリーズⅢ(22年4月~24年3月)の順位に修正があったことを発表した。 昨年のブダペスト世界選手権で9位に入ったジョン・ハキジマナ(ルワンダ)のドーピング違反が11 […]

NEWS ブダペスト世界陸上マラソン9位のハキジマナがドーピング違反失格により、山下一貴、其田健也、西山和弥の順位がアップ

2024.04.22

ブダペスト世界陸上マラソン9位のハキジマナがドーピング違反失格により、山下一貴、其田健也、西山和弥の順位がアップ

昨年11月30日にアスリート・インテグリティー・ユニット(AIU、世界陸連の独立不正監査機関)が、男子マラソンでルワンダ記録を持つジョン・ハキジマナのドーピング違反(禁止物質:トリアムシノロンアセトニド陽性)により23年 […]

NEWS マラソンリレーはF.フォルトゥナート、V.トラプレッティのイタリア2が優勝/世界競歩チーム選手権

2024.04.22

マラソンリレーはF.フォルトゥナート、V.トラプレッティのイタリア2が優勝/世界競歩チーム選手権

◇第30回世界競歩チーム選手権(4月21日/トルコ・アンタルヤ) 世界競歩チーム選手権が開催され、新種目のマラソンリレーはイタリア2(F.フォルトゥナート、V.トラプレッティ)が2時間56分45秒で優勝した。 広告の下に […]

NEWS 堀尾謙介がM&Aベストパートナーズと所属契約 1月に九電工を退部しプロランナーに

2024.04.22

堀尾謙介がM&Aベストパートナーズと所属契約 1月に九電工を退部しプロランナーに

M&Aベストパートナーズは、堀尾謙介と所属契約を交わしたことを発表した。 東京五輪、パリ五輪の代表選考会マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)に出場している堀尾。兵庫・須磨学園高出身で、中大時代には主力として活躍し […]

NEWS 17歳ミラーが100m9秒97!! 自己記録を一気に0.13秒更新!ブロメルのU20米国記録を破る

2024.04.22

17歳ミラーが100m9秒97!! 自己記録を一気に0.13秒更新!ブロメルのU20米国記録を破る

4月20日に米国で開催されたPURE招待で、17歳のC.ミラー(米国)が9秒93(+1.6)の今季世界最高、U20米国新、U20歴代3位の好記録で優勝した。従来の米国記録は、のちに世界選手権で銅メダルを獲得するT.ブロメ […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top