HOME 国内

2023.02.05

60mは竹田一平が初タイトル「優勝しないといけないと思った」飯塚翔太と練習し成長実感/日本選手権室内
60mは竹田一平が初タイトル「優勝しないといけないと思った」飯塚翔太と練習し成長実感/日本選手権室内

2023年日本選手権室内の男子60mを制した竹田一平

◇日本選手権・室内競技(2月4、5日/大阪城ホール)

第106回日本選手権・室内競技の2日目が2月5日に行われ、男子60mは竹田一平(スズキ)が優勝した。

広告の下にコンテンツが続きます

「前日練習から良かった」という竹田。決勝は「スタートで(隣に)出られて少しビックリしたのですが、ラストでトルソー(胴体)を出せば勝てると思いました」と冷静に加速した。最後は2位の原田暁(福岡大)と同タイム着差ありの6秒70で「6秒5台は出したかった」と振り返った。

日本代表常連組が出場しないなか、「この大会は慣れていて経験も多く、年齢的にも若い選手が多かったので勝たないといけないと思っていました」と言う竹田。主要大会初優勝にホッとした様子を浮かべる。

高校までは走幅跳や三段跳に取り組んでいた竹田。中大でスプリントを磨き、大学2年時には10秒25をマークして注目を集めると、U20世界選手権の4×100mリレー銀メダルに貢献した。

しかし、その後は10秒3台が続き、2017年の日本インカレでは当時・東洋大4年の桐生祥秀(現・日本生命)が9秒98をマークし、多田修平(当時・関学大、現・住友電工)が2位。3位に入った竹田にはスポットが当たらず悔しさを味わった。

広告の下にコンテンツが続きます

社会人2年目には10秒25の自己新も、昨年は10秒32がシーズンベスト。以前から練習をともにする中大の先輩・飯塚翔太(ミズノ)と、「これまで以上に密にやってきた」。その成果から、練習の質はもちろん、「考え方など人間的にも参考にしています」と心身ともに成長を感じている。

飯塚とまじって長い距離の練習もこなすなどし、「前に進んでいる感じがあります」と手応えをつかんだ。今季の目標は「10秒10を切ること」。できれば「3月のオーストラリアで試合に出られれば。日本一になったので所属先と交渉します」と笑う。

キャリアを踏まえれば25歳でも伸びしろたっぷり。跳躍出身スプリンターとして飛躍を遂げるシーズンになるか。

◇日本選手権・室内競技(2月4、5日/大阪城ホール) 第106回日本選手権・室内競技の2日目が2月5日に行われ、男子60mは竹田一平(スズキ)が優勝した。 「前日練習から良かった」という竹田。決勝は「スタートで(隣に)出られて少しビックリしたのですが、ラストでトルソー(胴体)を出せば勝てると思いました」と冷静に加速した。最後は2位の原田暁(福岡大)と同タイム着差ありの6秒70で「6秒5台は出したかった」と振り返った。 日本代表常連組が出場しないなか、「この大会は慣れていて経験も多く、年齢的にも若い選手が多かったので勝たないといけないと思っていました」と言う竹田。主要大会初優勝にホッとした様子を浮かべる。 高校までは走幅跳や三段跳に取り組んでいた竹田。中大でスプリントを磨き、大学2年時には10秒25をマークして注目を集めると、U20世界選手権の4×100mリレー銀メダルに貢献した。 しかし、その後は10秒3台が続き、2017年の日本インカレでは当時・東洋大4年の桐生祥秀(現・日本生命)が9秒98をマークし、多田修平(当時・関学大、現・住友電工)が2位。3位に入った竹田にはスポットが当たらず悔しさを味わった。 社会人2年目には10秒25の自己新も、昨年は10秒32がシーズンベスト。以前から練習をともにする中大の先輩・飯塚翔太(ミズノ)と、「これまで以上に密にやってきた」。その成果から、練習の質はもちろん、「考え方など人間的にも参考にしています」と心身ともに成長を感じている。 飯塚とまじって長い距離の練習もこなすなどし、「前に進んでいる感じがあります」と手応えをつかんだ。今季の目標は「10秒10を切ること」。できれば「3月のオーストラリアで試合に出られれば。日本一になったので所属先と交渉します」と笑う。 キャリアを踏まえれば25歳でも伸びしろたっぷり。跳躍出身スプリンターとして飛躍を遂げるシーズンになるか。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.16

森井勇磨が初サブ10で8位入賞!パリ五輪代表・大迫傑に先着する殊勲 大迫は13位/ボストンマラソン

ワールドマラソンメジャーズの一つであるボストンマラソンが米国で行われ、S.レマ(エチオピア)が2時間6分17秒(以下、速報値)で優勝した。 東京五輪6位、そしてパリ五輪代表に内定している大迫傑(Nike)が出場。やや気温 […]

NEWS クローズアップ/豊田兼「4年間で一番の目標」ハードル2種目で世界へ 慶大96年ぶりと日本初の快挙に挑戦

2024.04.15

クローズアップ/豊田兼「4年間で一番の目標」ハードル2種目で世界へ 慶大96年ぶりと日本初の快挙に挑戦

パリ五輪に向けた戦いがいよいよスタートした。春のトラック&フィールドシーズンから注目の選手を紹介する。 異色のハードラーが2種目で五輪に挑戦 日本の110mハードルには、泉谷駿介(住友電工)や村竹ラシッド(JAL)、40 […]

NEWS 躍進著しい國學院大 「今季は駅伝で3つとも狙えるところにきている」(前田監督)
PR

2024.04.15

躍進著しい國學院大 「今季は駅伝で3つとも狙えるところにきている」(前田監督)

厳しいトレーニングを可能にするコンディショニングへのこだわり 近年の國學院大學は学生駅伝で毎回のように上位に名を連ね、その存在感を確かなものにしつつある。勢いの原動力は、日々の厳しいトレーニングとそれを可能にするコンディ […]

NEWS 男女混合競歩リレー出場予定の園田世玲奈が病気のため欠場 渕瀬真寿美が入れ替わり出場/世界競歩チーム選手権

2024.04.15

男女混合競歩リレー出場予定の園田世玲奈が病気のため欠場 渕瀬真寿美が入れ替わり出場/世界競歩チーム選手権

日本陸連は4月15日、世界競歩チーム選手権(トルコ・アンタルヤ)の男女混合競歩リレーに出場を予定していた女子の園田世玲奈(NTN)が慢性萎縮性胃炎のため出場を辞退すると発表した。同種目には女子20kmで代表入りしていた渕 […]

NEWS 織田記念のエントリー発表!男子100mは坂井隆一郎、山縣亮太らが激突!三浦龍司が3000m障害に登録、ハードル、やり投ら熱戦の予感

2024.04.15

織田記念のエントリー発表!男子100mは坂井隆一郎、山縣亮太らが激突!三浦龍司が3000m障害に登録、ハードル、やり投ら熱戦の予感

4月29日に行われる織田記念(広島広域公園競技場)のエントリーリストが主催者から発表され、看板種目の男子100mには昨年の日本選手権覇者・坂井隆一郎(大阪ガス)、3月の世界室内選手権60mファイナリストの多田修平(住友電 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top