HOME 駅伝、箱根駅伝

2023.01.03

吉居大和 歴代8位の記録で花の2区制す!中大の20年ぶりのトップ中継を実現「すごく幸せな時間」/箱根駅伝
吉居大和 歴代8位の記録で花の2区制す!中大の20年ぶりのトップ中継を実現「すごく幸せな時間」/箱根駅伝

タスキを受けて走り出す中大2区の吉居大和(2023年箱根駅伝)

◇第99回箱根駅伝・往路(1月2日:東京・大手町~神奈川・箱根町/5区間107.5km)

第99回箱根駅伝の往路が行われ、2位に中大が入った。2区では吉居大和(3年)、3区では中野翔太(3年)が区間賞を獲得した。

広告の下にコンテンツが続きます

駒大・田澤廉(4年)を9秒差で追いかけた中大・吉居大和(3年)が花の2区で爆走した。田澤は最初の1kmを2分46秒で通過するが、1km過ぎにピタリと背後につける。ほどなくして田澤の前に出ると、自慢のスピードでグングンと突き進んだ。

「区間新記録を狙ってやろうという気持ちもあったので、10km地点までは、自分の予定していたペース通りというか、ちょっと遅いかなというペースでいけました」

3.2kmで明大をかわしてトップに立つと、10kmを28分00秒で通過した。しかし、さすがにペースが鈍りだす。12.2kmで田澤に並ばれると、引き離された。

14.3kmでは2秒遅れでスタートした青学大・近藤幸太郎(4年)に追いつかれたが、ここからが『本当のドラマ』の始まりだった。吉居は近藤の背後に食らいつくと、2人で駒大・田澤に迫っていく。

広告の下にコンテンツが続きます

吉居と近藤は同じ愛知出身で、ともに「TTランナーズ」というクラブに通っていた旧知の仲。その近藤から励まされつつ、懸命に脚を動かす。「幸太郎君にも抜かれて、まずいかなと思ったんですけど、権太坂の下りで身体の状態が戻ってきたんです。しっかり動き始めたので、残り3kmも頑張りました」。

終盤は本調子ではなかった田澤のペースが落ちて、3人がトップ争いを繰り広げる。吉居は残り110mほどで強烈スパート。近藤を突き放すと、田澤の右側を通り抜けて、戸塚中継所にトップで飛び込んだ。中大のトップ中継は20年ぶりとなる。

中大の2区トップ通過は藤原正和駅伝監督が大学4年時以来で、中大の2区区間賞も藤原監督以来、20年ぶりの栄光だった。藤原監督の「大和よくやったぞ!」の声にエースは右拳を突き出した。

「区間賞候補の2人と一緒に走れて、すごく幸せな時間でした。最後勝ち切ることができたのもすごくうれしかったです」。区間歴代8位の1時間6分22秒で駆け抜けて、前回1区に続いて区間賞を獲得。笑顔が弾けた。

広告の下にコンテンツが続きます

「1時間7分を切るのが最低目標だと思っていました。この区間はラストで簡単に1分ぐらい差がついてしまう。途中から苦しくなりながら、なんとか耐えて1時間6分30秒を切れて良かったです」

前回1区で驚異的な区間記録を打ち立てた吉居。今回は補欠登録で、1~3区のどこかに配置されると見られていた。2区を言い渡されたのは3週間前で、最初は「マジか?」と思ったという。

「当初は3区を走りたい気持ちがありましたし、2区は上りが強い中野(翔太)のほうが向いていると思っていました。でも、3週間前は中野より自分の状態が良かったので、すぐに気持ちを切り替えたんです。2区を走る準備をしておけば、3区も絶対に走れますし、もちろん1区も走れますから」

上り坂の走りを研究して、臀部やハムストリングスを強化。スピードだけではなく、さらに進化した姿を披露した吉居大和がチームを次のステージに押し上げた。

広告の下にコンテンツが続きます

続く中野も区間賞を獲得。「先頭で来ることも想定していました。彼が良い走りをしたので自分もしっかりやろうと思った」と同期の走りに奮起した。

「前半は下りが多いのでリズムに乗れるように意識しました」と振り返るように、リズム良く走る。4区には1年生の吉居駿恭が待ち、「どれだけ楽な位置でタスキを渡すのも役目だったので、もう一度引き離そうとスイッチが入りました」と切り替えた。

吉居の爆発力に注目が集まるが、ロードに関しては指揮官も「エース」と期待を寄せるのが中野。「駅伝であまり結果を出せてなかったので、しっかり走れる証明ができました」と納得のパフォーマンスだった。

27年ぶり総合優勝、そして22年ぶりトップ3へ。往路3位の流れを1月3日へとつないでいく。

広告の下にコンテンツが続きます

文/酒井政人

次ページ 【動画】箱根駅伝2区 中大・吉居大和が強烈スパートで田澤廉を抑える

◇第99回箱根駅伝・往路(1月2日:東京・大手町~神奈川・箱根町/5区間107.5km) 第99回箱根駅伝の往路が行われ、2位に中大が入った。2区では吉居大和(3年)、3区では中野翔太(3年)が区間賞を獲得した。 駒大・田澤廉(4年)を9秒差で追いかけた中大・吉居大和(3年)が花の2区で爆走した。田澤は最初の1kmを2分46秒で通過するが、1km過ぎにピタリと背後につける。ほどなくして田澤の前に出ると、自慢のスピードでグングンと突き進んだ。 「区間新記録を狙ってやろうという気持ちもあったので、10km地点までは、自分の予定していたペース通りというか、ちょっと遅いかなというペースでいけました」 3.2kmで明大をかわしてトップに立つと、10kmを28分00秒で通過した。しかし、さすがにペースが鈍りだす。12.2kmで田澤に並ばれると、引き離された。 14.3kmでは2秒遅れでスタートした青学大・近藤幸太郎(4年)に追いつかれたが、ここからが『本当のドラマ』の始まりだった。吉居は近藤の背後に食らいつくと、2人で駒大・田澤に迫っていく。 吉居と近藤は同じ愛知出身で、ともに「TTランナーズ」というクラブに通っていた旧知の仲。その近藤から励まされつつ、懸命に脚を動かす。「幸太郎君にも抜かれて、まずいかなと思ったんですけど、権太坂の下りで身体の状態が戻ってきたんです。しっかり動き始めたので、残り3kmも頑張りました」。 終盤は本調子ではなかった田澤のペースが落ちて、3人がトップ争いを繰り広げる。吉居は残り110mほどで強烈スパート。近藤を突き放すと、田澤の右側を通り抜けて、戸塚中継所にトップで飛び込んだ。中大のトップ中継は20年ぶりとなる。 中大の2区トップ通過は藤原正和駅伝監督が大学4年時以来で、中大の2区区間賞も藤原監督以来、20年ぶりの栄光だった。藤原監督の「大和よくやったぞ!」の声にエースは右拳を突き出した。 「区間賞候補の2人と一緒に走れて、すごく幸せな時間でした。最後勝ち切ることができたのもすごくうれしかったです」。区間歴代8位の1時間6分22秒で駆け抜けて、前回1区に続いて区間賞を獲得。笑顔が弾けた。 「1時間7分を切るのが最低目標だと思っていました。この区間はラストで簡単に1分ぐらい差がついてしまう。途中から苦しくなりながら、なんとか耐えて1時間6分30秒を切れて良かったです」 前回1区で驚異的な区間記録を打ち立てた吉居。今回は補欠登録で、1~3区のどこかに配置されると見られていた。2区を言い渡されたのは3週間前で、最初は「マジか?」と思ったという。 「当初は3区を走りたい気持ちがありましたし、2区は上りが強い中野(翔太)のほうが向いていると思っていました。でも、3週間前は中野より自分の状態が良かったので、すぐに気持ちを切り替えたんです。2区を走る準備をしておけば、3区も絶対に走れますし、もちろん1区も走れますから」 上り坂の走りを研究して、臀部やハムストリングスを強化。スピードだけではなく、さらに進化した姿を披露した吉居大和がチームを次のステージに押し上げた。 続く中野も区間賞を獲得。「先頭で来ることも想定していました。彼が良い走りをしたので自分もしっかりやろうと思った」と同期の走りに奮起した。 「前半は下りが多いのでリズムに乗れるように意識しました」と振り返るように、リズム良く走る。4区には1年生の吉居駿恭が待ち、「どれだけ楽な位置でタスキを渡すのも役目だったので、もう一度引き離そうとスイッチが入りました」と切り替えた。 吉居の爆発力に注目が集まるが、ロードに関しては指揮官も「エース」と期待を寄せるのが中野。「駅伝であまり結果を出せてなかったので、しっかり走れる証明ができました」と納得のパフォーマンスだった。 27年ぶり総合優勝、そして22年ぶりトップ3へ。往路3位の流れを1月3日へとつないでいく。 文/酒井政人 次ページ 【動画】箱根駅伝2区 中大・吉居大和が強烈スパートで田澤廉を抑える
【動画】箱根駅伝2区 中大・吉居大和が強烈スパートで田澤廉を抑える(日テレTwitter)

【✨第99回 #箱根駅伝 2区順位速報🏃‍♂️】

2区 #戸塚中継所 の順位はこちら‼️ 1位 #中央大学 2位 #駒澤大学 +3秒差 3位 #青山学院大学 +3秒差 4位 #山梨学院大学 +1分2秒差 5位 #創価大学 +1分6秒差 ※タイムは速報値です。#TVer でもライブ配信中⚡️ pic.twitter.com/gm1pNisbxX — 箱根駅伝番組公式 (@hakone_ntv) January 2, 2023

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.17

メルボルン五輪女子円盤投金のフィコトバ・コノリー氏が死去 バスケ選手としても活躍

1956年メルボルン五輪女子円盤投金メダルのO.フィコトバ・コノリー氏(チェコスロバキア→米国)が4月12日に亡くなったことを欧州陸連が発表した。91歳だった。 フィコトバ・コノリー氏はメルボルン五輪を五輪新の53m69 […]

NEWS パリ五輪の公式スポーツウエアが公開!赤を基調にパリの日の出イメージ 環境への配慮も

2024.04.17

パリ五輪の公式スポーツウエアが公開!赤を基調にパリの日の出イメージ 環境への配慮も

今夏のパリ五輪・パラリンピックで日本選手団が着用する公式スポーツウエアが4月17日に公開された。 メーカーはアシックス。ジャケットは赤を基調に、パリの日の出をイメージしたデザインがあしらわれている。寒暖差が予想されるため […]

NEWS 男子はレンマが逃げ切りV 女子のオビリは連覇達成/ボストンマラソン

2024.04.17

男子はレンマが逃げ切りV 女子のオビリは連覇達成/ボストンマラソン

4月15日、伝統の第128回ボストンマラソンが米国で開催され、男子はS.レンマ(エチオピア)が2時間6分17秒で、女子はロンドン・ドーハ世界選手権5000m金メダルのH.オビリ(ケニア)が2時間22分37秒で優勝した。 […]

NEWS やり投・ディーン元気が始球式で139キロの剛速球披露!「もう少し出せたかな」

2024.04.16

やり投・ディーン元気が始球式で139キロの剛速球披露!「もう少し出せたかな」

男子やり投のディーン元気(ミズノ)が、4月16日に行われたプロ野球の中日対ヤクルトの始球式を行った。 背番号は88で、「87m60(の日本記録)を超えたい」という思いを込めたという。ディーンはワンバウンドながら球速139 […]

NEWS 静岡国際のエントリー発表 200mに鵜澤飛羽と飯塚翔太 400mHは豊田兼と黒川和樹らが激突 走高跳には真野友博

2024.04.16

静岡国際のエントリー発表 200mに鵜澤飛羽と飯塚翔太 400mHは豊田兼と黒川和樹らが激突 走高跳には真野友博

日本グランプリシリーズの第39回静岡国際陸上競技大会(5月3日/静岡・エコパスタジアム)のエントリーリストが4月15日に主催者から発表されている。 男子では200mに昨年のブダペスト世界選手権代表・鵜澤飛羽(筑波大)や飯 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top