HOME 駅伝、箱根駅伝

2023.01.02

駒大・田澤廉「ベストの走りできなかった」12月上旬コロナ感染も2区でエースの役割果たす/箱根駅伝
駒大・田澤廉「ベストの走りできなかった」12月上旬コロナ感染も2区でエースの役割果たす/箱根駅伝

2区を走って往路Vに後見した駒大の田澤廉(2023年箱根駅伝)

◇第99回箱根駅伝・往路(1月2日:東京・大手町~神奈川・箱根町/5区間107.5km)

第99回箱根駅伝の往路が行われ、往路優勝を果たした駒大の2区に入ったのが田澤廉(4年)だった。

序盤は「抑えて入り」、徐々に上げていく。一時はトップに立ったものの、最後は中大・吉居大和(3年)に突き放された。田澤の走りを知っていれば、本調子ではないのは明らかだった。

実は12月上旬に新型コロナウイルスの陽性反応が出ていたことを明かす。高熱も出て、咳も止まらなかった。「そこから1週間は歩いてもいない」。自身をもってして「やばい状態」だったと振り返り、「合宿できないまま練習は2週間くらいしかできなかった」と言う。

だが、そんな状況でも大八木弘明監督が2区に送り出したのは田澤。3冠の懸かる大舞台。期待の証であり、その期待に応えられると信じていたからこそだろう。そして、田澤はそれに応えてみせる。「言い訳にして負けたというのは嫌」とエースらしい走りで2位を死守。結果的に、この粘りが往路優勝に導いたと言える。

「絶対に1番で渡したかったという気持ちはあったんですけど、最後はもう踏ん張れなかった。ベストの走りができなくて残念だし、申し訳ない」

今季は10000mでオレゴン世界選手権にも出場。ただ、1年間通してなかなかコンディションが整わなかった。三浦龍司(順大)と同じく、トラックで夏場まで勝負してから駅伝へ移行するのは簡単なことではない。世界を経験したからこそ、箱根駅伝とトラックの両立の難しさを痛感。「そんなに甘くはない」と語っていた。それでも、仲間、そして「自分をここまで育ててくれた、大恩師」への恩返しとして、3冠を誓っていた。

「大学の4年間はもう終わりですけど、監督とはこれからもオリンピックとか世界陸上とか。日本を代表する選手を監督と一緒に目指して、これからも頑張っていきたい」

3冠は監督への恩返しと話していた田澤。最後の箱根で役割を果たした大エースは、1月3日、仲間を信じて大手町で3冠のフィニッシュを待つ。

■田澤廉の4年間の箱根駅伝成績
1年時 3区3位(総合8位)
2年時 2区7位(総合1位)
3年時 2区1位(総合3位)
4年時 2区3位

◇第99回箱根駅伝・往路(1月2日:東京・大手町~神奈川・箱根町/5区間107.5km) 第99回箱根駅伝の往路が行われ、往路優勝を果たした駒大の2区に入ったのが田澤廉(4年)だった。 序盤は「抑えて入り」、徐々に上げていく。一時はトップに立ったものの、最後は中大・吉居大和(3年)に突き放された。田澤の走りを知っていれば、本調子ではないのは明らかだった。 実は12月上旬に新型コロナウイルスの陽性反応が出ていたことを明かす。高熱も出て、咳も止まらなかった。「そこから1週間は歩いてもいない」。自身をもってして「やばい状態」だったと振り返り、「合宿できないまま練習は2週間くらいしかできなかった」と言う。 だが、そんな状況でも大八木弘明監督が2区に送り出したのは田澤。3冠の懸かる大舞台。期待の証であり、その期待に応えられると信じていたからこそだろう。そして、田澤はそれに応えてみせる。「言い訳にして負けたというのは嫌」とエースらしい走りで2位を死守。結果的に、この粘りが往路優勝に導いたと言える。 「絶対に1番で渡したかったという気持ちはあったんですけど、最後はもう踏ん張れなかった。ベストの走りができなくて残念だし、申し訳ない」 今季は10000mでオレゴン世界選手権にも出場。ただ、1年間通してなかなかコンディションが整わなかった。三浦龍司(順大)と同じく、トラックで夏場まで勝負してから駅伝へ移行するのは簡単なことではない。世界を経験したからこそ、箱根駅伝とトラックの両立の難しさを痛感。「そんなに甘くはない」と語っていた。それでも、仲間、そして「自分をここまで育ててくれた、大恩師」への恩返しとして、3冠を誓っていた。 「大学の4年間はもう終わりですけど、監督とはこれからもオリンピックとか世界陸上とか。日本を代表する選手を監督と一緒に目指して、これからも頑張っていきたい」 3冠は監督への恩返しと話していた田澤。最後の箱根で役割を果たした大エースは、1月3日、仲間を信じて大手町で3冠のフィニッシュを待つ。 ■田澤廉の4年間の箱根駅伝成績 1年時 3区3位(総合8位) 2年時 2区7位(総合1位) 3年時 2区1位(総合3位) 4年時 2区3位

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.07.18

110mH村竹ラシッド パリ五輪の決勝で勝負!DLなど経験し「実力を発揮できるようになってきた」

男子110mハードルの日本記録保持者でパリ五輪代表の村竹ラシッド(JAL)が、練習拠点としている母校・順大で練習を公開した。 日本選手権を初優勝して初五輪を決めた村竹。その後はダイヤモンドリーグ(DL)パリ大会に出場し、 […]

NEWS 三浦龍司が五輪前に自信深めるレース「クオリティーの高いものができている。メダルが大きな目標」/ホクレンDC深川

2024.07.18

三浦龍司が五輪前に自信深めるレース「クオリティーの高いものができている。メダルが大きな目標」/ホクレンDC深川

夏の北海道を舞台とする中長距離のレースシリーズ、ホクレン・ディスタンスチャレンジ(DC)の第4戦深川大会が7月17日に開催され、男子3000m障害の日本記録(8分09秒91)保持者でパリ五輪代表の三浦龍司(SUBARU) […]

NEWS 西山雄介が東京マラソン以来のレースで日本人トップ 800m・岡村颯太が1分47秒05/ホクレンDC深川

2024.07.17

西山雄介が東京マラソン以来のレースで日本人トップ 800m・岡村颯太が1分47秒05/ホクレンDC深川

ホクレン・ディスタンスチャレンジ2024第4戦の深川大会が7月17日に行われ、男子10000mA組はオレゴン世界選手権マラソン代表の西山雄介(トヨタ自動車)が28分08秒53で日本人最上位の4位でフィニッシュした。 3月 […]

NEWS 国スポの2027年宮崎県開催が決定! 29年の群馬県開催も内定

2024.07.17

国スポの2027年宮崎県開催が決定! 29年の群馬県開催も内定

日本スポーツ協会は7月17日、都内で理事会を開き、2027年(令和9年)の第81回国民スポーツ大会の開催地を宮崎県とすることを決定した。また、29年(令和11年)の第83回大会の開催地が群馬県に内定した。 今年度より、名 […]

NEWS 【プレゼント】ハーツ&ハーツクリニックの 「メタリックネックレスⅡ2024 IPバージョン(40㎝)」/2024年8月号

2024.07.17

【プレゼント】ハーツ&ハーツクリニックの 「メタリックネックレスⅡ2024 IPバージョン(40㎝)」/2024年8月号

独自の「周波数加工®」…「ハーツ加工®」で体内の周波数を整えるハーツ&ハーツクリニックは、同社製品の基本であり最高峰の「メタリックネックレス」から、新たに「メタリックネックレス Ⅱ 2024」、「メタリックネックレス Ⅱ […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年8月号 (7月12日発売)

2024年8月号 (7月12日発売)

W別冊付録
パリ五輪観戦ガイド&福岡インターハイ完全ガイド

page top