HOME アイテム

2022.12.21

レジェンド・瀬古氏も『ハイブリッドランニング』を絶賛 「体幹が強くなったらフォームも変わる」

『ハイブリッドランニング』を絶賛した瀬古利彦氏


長距離トップランナーの間で今や当たり前のギアになった厚底シューズ。ミッドソールに搭載されたカーボンプレートによって従来のシューズに比べてより大きな地面反力を得られ、それがパフォーマンスの向上につながっている。

その一方で、股関節まわりのケガや故障が増えており、厚底シューズに対応する〝新時代のトレーニング〟として、一般社団法人日本ランニング協会が提唱している『ハイブリッドランニング』が今、注目を集めている。

これは、EMS(筋電気刺激)を搭載した「SIXPADパワースーツ コアベルト」を活用したトレーニングメソッドの一つ。お腹に巻くだけで腹筋・脇腹・背筋下部を同時に鍛えることができるコアベルトを走りながら使用し、常に体幹に意識をおきながらランニングフォームを整えていくものだ。

先日、SIXPADを販売する株式会社MTGが主催したメディア発表会が都内で行われ、日本ランニング協会〝応援団長〟を担うマラソン界のレジェンド・瀬古利彦氏(日本陸連マラソン強化・戦略リーダー)も「厚底シューズの特長である地面反力を活かすためにも、体幹強化はランナーたちの大きな課題。走る練習と同じぐらいフィジカルトレーニングが重要」と話し、「ここ3日間(SIXPADを)使っていますが、すでに筋肉痛です。現役時代にこれがあったら、私2時間切っていましたね。体幹が強くなったらフォームも変わるし、(世界記録保持者の)キプチョゲ(ケニア)に勝っちゃいますよ」と言って会場を笑いに包んだ。

「SIXPAD ランニング メソッド」メディア発表会で登壇した方々。左から日本ランニング協会マスタートレーナーの園原健弘氏、SIXPADブランドマネージャーの熊崎嘉月氏、瀬古氏、SIXPADを販売する株式会社MTGの松下剛社長

『ハイブリッドランニング』はMTGと日本ランニング協会が共同開発した『SIXPADトレーニングメソッド』のキー項目だが、MTGの松下剛社長は開発の理由を「ランナーのみなさんが抱えているフォームの問題などをSIXPADが持つ〝筋力トレーニングと有酸素運動を並行して行える〟という特性で解決できると考えたから。SIXPADを使うことで、ランナーのみなさんが正しいフォームを習得し、ケガも防いでほしい」と述べた。

次は 「誰でも簡単に継続したトレーニングができる」

[caption id="attachment_89262" align="alignnone" width="800"] 『ハイブリッドランニング』を絶賛した瀬古利彦氏[/caption] 長距離トップランナーの間で今や当たり前のギアになった厚底シューズ。ミッドソールに搭載されたカーボンプレートによって従来のシューズに比べてより大きな地面反力を得られ、それがパフォーマンスの向上につながっている。 その一方で、股関節まわりのケガや故障が増えており、厚底シューズに対応する〝新時代のトレーニング〟として、一般社団法人日本ランニング協会が提唱している『ハイブリッドランニング』が今、注目を集めている。 これは、EMS(筋電気刺激)を搭載した「SIXPADパワースーツ コアベルト」を活用したトレーニングメソッドの一つ。お腹に巻くだけで腹筋・脇腹・背筋下部を同時に鍛えることができるコアベルトを走りながら使用し、常に体幹に意識をおきながらランニングフォームを整えていくものだ。 先日、SIXPADを販売する株式会社MTGが主催したメディア発表会が都内で行われ、日本ランニング協会〝応援団長〟を担うマラソン界のレジェンド・瀬古利彦氏(日本陸連マラソン強化・戦略リーダー)も「厚底シューズの特長である地面反力を活かすためにも、体幹強化はランナーたちの大きな課題。走る練習と同じぐらいフィジカルトレーニングが重要」と話し、「ここ3日間(SIXPADを)使っていますが、すでに筋肉痛です。現役時代にこれがあったら、私2時間切っていましたね。体幹が強くなったらフォームも変わるし、(世界記録保持者の)キプチョゲ(ケニア)に勝っちゃいますよ」と言って会場を笑いに包んだ。 [caption id="attachment_89263" align="alignnone" width="800"] 「SIXPAD ランニング メソッド」メディア発表会で登壇した方々。左から日本ランニング協会マスタートレーナーの園原健弘氏、SIXPADブランドマネージャーの熊崎嘉月氏、瀬古氏、SIXPADを販売する株式会社MTGの松下剛社長[/caption] 『ハイブリッドランニング』はMTGと日本ランニング協会が共同開発した『SIXPADトレーニングメソッド』のキー項目だが、MTGの松下剛社長は開発の理由を「ランナーのみなさんが抱えているフォームの問題などをSIXPADが持つ〝筋力トレーニングと有酸素運動を並行して行える〟という特性で解決できると考えたから。SIXPADを使うことで、ランナーのみなさんが正しいフォームを習得し、ケガも防いでほしい」と述べた。 次は 「誰でも簡単に継続したトレーニングができる」

「誰でも簡単に継続したトレーニングができる

SIXPADランニングメソッドは「ハイブリッドランニング」「体幹強化」「呼吸筋強化」の3項目からなるもので、SIXPADブランドマネージャーの熊崎嘉月氏は「アスリートはもちろん、日常でランニングを楽しむすべてのランナーの方にとって継続しやすい素晴らしいメソッドだと自負している」と語り、「SIXPADは誰でも簡単に継続したトレーニングができる」とメリットをアピールした。 [caption id="attachment_89264" align="alignnone" width="800"] 「SIXPADは誰でも簡単に継続したトレーニングができる」と話す熊崎氏[/caption] このメソッドの開発をリードした日本ランニング協会マスタートレーナーの園原健弘氏は、自身が監督を務める明大競走部駅伝チームにもすでに導入。「(選手たちは)故障が減りましたし、身体に対する観察力も深まった。長期的にパフォーマンスの向上も期待できる」と話しており、チーム飛躍の起爆剤になるかもしれない。 [caption id="attachment_89265" align="alignnone" width="800"] 『ハイブリッドランニング』は〝新時代のトレーニング〟として注目されている[/caption]

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.07.18

三浦龍司が五輪前に自信深めるレース「クオリティーの高いものができている。メダルが大きな目標」/ホクレンDC深川

夏の北海道を舞台とする中長距離のレースシリーズ、ホクレン・ディスタンスチャレンジ(DC)の第4戦深川大会が7月17日に開催され、男子3000m障害の日本記録(8分09秒91)保持者でパリ五輪代表の三浦龍司(SUBARU) […]

NEWS 西山雄介が東京マラソン以来のレースで日本人トップ 800m・岡村颯太が1分47秒05/ホクレンDC深川

2024.07.17

西山雄介が東京マラソン以来のレースで日本人トップ 800m・岡村颯太が1分47秒05/ホクレンDC深川

ホクレン・ディスタンスチャレンジ2024第4戦の深川大会が7月17日に行われ、男子10000mA組はオレゴン世界選手権マラソン代表の西山雄介(トヨタ自動車)が28分08秒53で日本人最上位の4位でフィニッシュした。 3月 […]

NEWS 国スポの2027年宮崎県開催が決定! 29年の群馬県開催も内定

2024.07.17

国スポの2027年宮崎県開催が決定! 29年の群馬県開催も内定

日本スポーツ協会は7月17日、都内で理事会を開き、2027年(令和9年)の第81回国民スポーツ大会の開催地を宮崎県とすることを決定した。また、29年(令和11年)の第83回大会の開催地が群馬県に内定した。 今年度より、名 […]

NEWS 【プレゼント】ハーツ&ハーツクリニックの 「メタリックネックレスⅡ2024 IPバージョン(40㎝)」/2024年8月号

2024.07.17

【プレゼント】ハーツ&ハーツクリニックの 「メタリックネックレスⅡ2024 IPバージョン(40㎝)」/2024年8月号

独自の「周波数加工®」…「ハーツ加工®」で体内の周波数を整えるハーツ&ハーツクリニックは、同社製品の基本であり最高峰の「メタリックネックレス」から、新たに「メタリックネックレス Ⅱ 2024」、「メタリックネックレス Ⅱ […]

NEWS 五輪代表・三浦龍司が5000mに出場 13分31秒61で日本人トップ「手応えを得られたのは自信になる」/ホクレンDC深川

2024.07.17

五輪代表・三浦龍司が5000mに出場 13分31秒61で日本人トップ「手応えを得られたのは自信になる」/ホクレンDC深川

ホクレン・ディスタンスチャレンジ2024第4戦の深川大会が7月17日に行われ、パリ五輪3000m障害代表の三浦龍司(SUBARU)が男子5000mA組に出場し、13分31秒61で6位に入った。 今季の三浦は5月以降、海外 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年8月号 (7月12日発売)

2024年8月号 (7月12日発売)

W別冊付録
パリ五輪観戦ガイド&福岡インターハイ完全ガイド

page top