HOME 国内

2022.12.21

来年1月の大阪国際女子マラソンに東京五輪代表・前田穂南、安藤友香らエントリー 3大会ぶり海外選手も招待
来年1月の大阪国際女子マラソンに東京五輪代表・前田穂南、安藤友香らエントリー 3大会ぶり海外選手も招待

2022年の大阪国際女子マラソン

来年1月29日に行われる第42回大阪国際女子マラソンの記者発表が開かれ、招待選手が発表された。同大会は日本陸連ジャパンマラソンチャンピオンシップ(JMC)シリーズのG1で、パリ五輪選考会マラソングランドチャピオンシップ(MGC/23年10月15日:東京)の出場権獲得の対象大会。

国内からは東京五輪代表の前田穂南(天満屋)のほか、安藤友香(ワコール)、佐藤早也伽(積水化学)ら8名が名を連ねる。

前田は東京五輪の後に右踵を疲労骨折。五輪以来、1年5ヵ月ぶりのフルマラソンとなるが、「東京五輪は悔しい思いがありました。パリ五輪で勝負したい」とコメントを寄せ、MGC出場権を狙う。

東京五輪には10000mで出場した安藤は、「本職のマラソンで代表を取りたい」と話し、大阪国際女子では「挑戦者としてどこまでやれるか」と意気込んでいる。

また、3大会ぶりに海外選手も招待。マウリーン・チェプケモイ(ケニア/2時間20分18秒)、ヘヴン・ハイル・デッセ(エチオピア/2時間20分19秒)、メセレット・ゴラ・シセイ(エチオピア/2時間20分50秒)、アリス・ライト(英国/2時間29分08秒)の4人がエントリーしている。

ネクストヒロイン枠には大東優奈(天満屋)や矢尾桃子(関西外大)ら4人が登録。また、準招待選手として北京世界選手権代表の前田彩里(ダイハツ)らがエントリー。前田は2年前に出産を経てこれが母となって初のフルマラソンとなる。

今回、12年ぶりにコース変更。20kmすぎの長堀通りで高低差18mのアップダウンがあるものの、折り返しがなくなり、「より記録が出やすく、速いスピードを守れるコース」(大阪陸協・竹内章専務理事)になった。日本陸連マラソン強化戦略プロジェクトの瀬古利彦リーダーは「日本記録(2時間19分12秒)近くまでいってほしい」と期待を寄せている。

従来、発着点だったヤンマースタジアム長居の改修工事に伴い、付設のヤンマーフィールド長居が発着点となっている。今大会から世界陸連(WA)のクラスで最高峰の「プラチナラベル」に認定された同大会。レースは1月29日、12時15分に号砲が鳴る。

次ページ 大阪国際女子マラソン招待選手

来年1月29日に行われる第42回大阪国際女子マラソンの記者発表が開かれ、招待選手が発表された。同大会は日本陸連ジャパンマラソンチャンピオンシップ(JMC)シリーズのG1で、パリ五輪選考会マラソングランドチャピオンシップ(MGC/23年10月15日:東京)の出場権獲得の対象大会。 国内からは東京五輪代表の前田穂南(天満屋)のほか、安藤友香(ワコール)、佐藤早也伽(積水化学)ら8名が名を連ねる。 前田は東京五輪の後に右踵を疲労骨折。五輪以来、1年5ヵ月ぶりのフルマラソンとなるが、「東京五輪は悔しい思いがありました。パリ五輪で勝負したい」とコメントを寄せ、MGC出場権を狙う。 東京五輪には10000mで出場した安藤は、「本職のマラソンで代表を取りたい」と話し、大阪国際女子では「挑戦者としてどこまでやれるか」と意気込んでいる。 また、3大会ぶりに海外選手も招待。マウリーン・チェプケモイ(ケニア/2時間20分18秒)、ヘヴン・ハイル・デッセ(エチオピア/2時間20分19秒)、メセレット・ゴラ・シセイ(エチオピア/2時間20分50秒)、アリス・ライト(英国/2時間29分08秒)の4人がエントリーしている。 ネクストヒロイン枠には大東優奈(天満屋)や矢尾桃子(関西外大)ら4人が登録。また、準招待選手として北京世界選手権代表の前田彩里(ダイハツ)らがエントリー。前田は2年前に出産を経てこれが母となって初のフルマラソンとなる。 今回、12年ぶりにコース変更。20kmすぎの長堀通りで高低差18mのアップダウンがあるものの、折り返しがなくなり、「より記録が出やすく、速いスピードを守れるコース」(大阪陸協・竹内章専務理事)になった。日本陸連マラソン強化戦略プロジェクトの瀬古利彦リーダーは「日本記録(2時間19分12秒)近くまでいってほしい」と期待を寄せている。 従来、発着点だったヤンマースタジアム長居の改修工事に伴い、付設のヤンマーフィールド長居が発着点となっている。今大会から世界陸連(WA)のクラスで最高峰の「プラチナラベル」に認定された同大会。レースは1月29日、12時15分に号砲が鳴る。 次ページ 大阪国際女子マラソン招待選手
■大阪国際女子マラソン招待選手(◎はMGC獲得) チェプケモイ(ケニア/2時間20分18秒) ヘヴン・ハイル・デッセ(エチオピア/2時間20分19秒) メセレット・ゴラ・シセイ(エチオピア/2時間20分50秒) 安藤友香(ワコール/2時間21分36秒)◎ 佐藤早也伽(積水化学/2時間22分13秒)◎ 上杉真穂(スターツ/2時間22分29秒)◎ 前田穂南(天満屋/2時間23分30秒) 棄権 山口 遥(AC・KITA/2時間26分35秒)◎ 池田千晴(日立/2時間26分50秒) アリス・ライト(英国/2時間29分08秒) 筒井咲帆(ヤマダホールディングス/初) 吉川侑美(ユニクロ/初)

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.13

インゲブリグトセン1500mも大会新で完勝「今大会の走りに満足」 女子走幅跳ミハンボ7m22 デュプランティスも金/欧州選手権

◇欧州選手権(6月7日~12日/イタリア・ローマ) 6月12日、欧州選手権の最終日が行われ、男子1500mでは東京五輪金メダルのヤコブ・インゲブリグトセン(ノルウェー)が3分31秒95で優勝した。 前回大会で自らが作った […]

NEWS 100mは小澤斗維が向かい風1.8mで10秒58!北海道栄4継は40秒10 女子100mは山崎心愛が11秒78でV2/IH北海道

2024.06.13

100mは小澤斗維が向かい風1.8mで10秒58!北海道栄4継は40秒10 女子100mは山崎心愛が11秒78でV2/IH北海道

◇インターハイ北海道地区大会(6月11~14日/旭川市花咲スポーツ公園陸上競技場)2日目 福岡インターハイを懸けた北海道地区大会の2日目が行われ、男女短距離で好記録が誕生した。 男子100mは小澤斗維(北海道栄3)が向か […]

NEWS 【トレーニング講座】走高跳(2024年7月号)

2024.06.13

【トレーニング講座】走高跳(2024年7月号)

月刊陸上競技で連載している「トレーニング講座」。種目ごとに全国の指導者の方々にご執筆いただいています! 月刊陸上競技2024年7月号の「走高跳」で掲載されている練習動画はこちらをチェック! https://youtu.b […]

NEWS 【トレーニング】400mH(2024年7月号掲載)/吉形政衡

2024.06.13

【トレーニング】400mH(2024年7月号掲載)/吉形政衡

月刊陸上競技で連載している「トレーニング講座」。種目ごとに全国の指導者の方々にご執筆いただいています! 月刊陸上競技2024年7月号の「400mH」で掲載されている練習動画はこちらをチェック! https://youtu […]

NEWS 月刊陸上競技2024年7月号

2024.06.12

月刊陸上競技2024年7月号

Contents パリ五輪への道、最終局面 Route de Paris 2024 サニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ) ~世界一、速い男になるために 栁田大輝(東洋大) ~ 21歳の夏、輝く 岡田久美子(富士通)  […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top