HOME 中学

2022.12.19

稲美が最終区の逆転で劇的連覇 吉川菜緒は史上初の1区連続区間賞/全中駅伝女子
稲美が最終区の逆転で劇的連覇 吉川菜緒は史上初の1区連続区間賞/全中駅伝女子

◇第30回全国中学校駅伝(12月18日/滋賀・希望が丘文化公園、女子5区間12km)

節目の大会にふさわしく、最後まで手に汗握る熱い激戦が繰り広げられた。女子(5区間12㎞)は稲美(兵庫)が43分27秒で2連覇を飾った。これで兵庫勢女子の優勝は4度目となり、初の連覇達成となった。

稲美は、2年連続の1区(3.0㎞)起用となった双子姉妹の姉・吉川菜緒(3年)が1区では史上初となる連続区間賞(10分31秒)の快走で好スタートを切ると、混戦となった2、3区で3位まで順位を落としたものの、4区で再び先頭の桂(京都)から13秒差の2位に浮上。最後はアンカーの双子の妹・吉川陽菜(3年)が、粘る桂を振り切り逆転でフィニッシュテープを切った。

主軸の吉川姉妹に加え、前回4区で区間2位タイと好走していた主将の湊友希(3年)の3人が残り、早くから連覇が期待されていた稲美。この1年間はプレッシャーとの戦いで、夏までは主軸の吉川菜が春先に左足の足首を痛め走れない時期が続くなど逆境を乗り越えてのV2に喜びもひとしお。レースを見守った顧問の石井洋之先生も、「兵庫は県内の競争も激しく、どうなるか不安を抱くこともありましたが、生徒たちが自主的にミーティングを繰り返すなどして一致団結し、チームのモットーでもある“つなげる襷 伝える感謝”を胸に、本番でしっかり力を出し切ってくれました」と健闘を称える。周囲の支えを力に、日々コツコツと積み上げてきた努力の結果が県勢初の連覇の快挙に結びついた。

アンカーを務めた吉川陽は、「支部大会、県大会、近畿大会ではずっと前を走っていましたが、全国では追いかけるレースを想定し、スピード練習を積んできた成果が出せました」と笑顔。序盤の下り坂でつかんだリズムのまま1㎞手前で13秒差をひっくり返し歓喜のVテープを切った。

4年ぶり6度目の頂点を目指した桂は8秒差の2位。2区で先頭に立つなど積極的なレースが光った初出場の神村学園(鹿児島)が3位と健闘。4、5位には、18&19位でタスキを受けたアンカーの長森結愛(1年)、湯田和未(3年)がともに区間賞(10分17秒)の力走で一気に順位を上げた大沢野(富山)、会津若松一(福島)が続いた。長森、湯田の2人は最優秀選手にも選出されている。また、香長(高知)が44分11秒で8位に入り、男女を通じ高知勢初入賞を果たした。
文/花木 雫

次は 上位成績と区間賞獲得者

◇第30回全国中学校駅伝(12月18日/滋賀・希望が丘文化公園、女子5区間12km) 節目の大会にふさわしく、最後まで手に汗握る熱い激戦が繰り広げられた。女子(5区間12㎞)は稲美(兵庫)が43分27秒で2連覇を飾った。これで兵庫勢女子の優勝は4度目となり、初の連覇達成となった。 稲美は、2年連続の1区(3.0㎞)起用となった双子姉妹の姉・吉川菜緒(3年)が1区では史上初となる連続区間賞(10分31秒)の快走で好スタートを切ると、混戦となった2、3区で3位まで順位を落としたものの、4区で再び先頭の桂(京都)から13秒差の2位に浮上。最後はアンカーの双子の妹・吉川陽菜(3年)が、粘る桂を振り切り逆転でフィニッシュテープを切った。 主軸の吉川姉妹に加え、前回4区で区間2位タイと好走していた主将の湊友希(3年)の3人が残り、早くから連覇が期待されていた稲美。この1年間はプレッシャーとの戦いで、夏までは主軸の吉川菜が春先に左足の足首を痛め走れない時期が続くなど逆境を乗り越えてのV2に喜びもひとしお。レースを見守った顧問の石井洋之先生も、「兵庫は県内の競争も激しく、どうなるか不安を抱くこともありましたが、生徒たちが自主的にミーティングを繰り返すなどして一致団結し、チームのモットーでもある“つなげる襷 伝える感謝”を胸に、本番でしっかり力を出し切ってくれました」と健闘を称える。周囲の支えを力に、日々コツコツと積み上げてきた努力の結果が県勢初の連覇の快挙に結びついた。 アンカーを務めた吉川陽は、「支部大会、県大会、近畿大会ではずっと前を走っていましたが、全国では追いかけるレースを想定し、スピード練習を積んできた成果が出せました」と笑顔。序盤の下り坂でつかんだリズムのまま1㎞手前で13秒差をひっくり返し歓喜のVテープを切った。 4年ぶり6度目の頂点を目指した桂は8秒差の2位。2区で先頭に立つなど積極的なレースが光った初出場の神村学園(鹿児島)が3位と健闘。4、5位には、18&19位でタスキを受けたアンカーの長森結愛(1年)、湯田和未(3年)がともに区間賞(10分17秒)の力走で一気に順位を上げた大沢野(富山)、会津若松一(福島)が続いた。長森、湯田の2人は最優秀選手にも選出されている。また、香長(高知)が44分11秒で8位に入り、男女を通じ高知勢初入賞を果たした。 文/花木 雫 次は 上位成績と区間賞獲得者
■第30回全国中学校駅伝 ●女子上位成績 1位 稲美(兵庫)   43.27 2位 桂(京都)    43.35 3位 神村学園(鹿児島)43.44 4位 大沢野(富山)  43.54 5位 会津若松一(福島)44.00 6位 真岡(栃木)   44.01 7位 下小路(岩手)  44.09 8位 香長(高知)   44.11 ●女子区間賞 1区(3km)吉川菜緒(稲美3兵庫)   10.31 2区(2km)伊藤愛波(桂3京都)    7.08 3区(2km)光岡琴奈(東原庠舎中央校2佐賀)7.09 4区(2km)西川綾乃(桂3京都)    7.17 5区(3km)長森結愛(大沢野1富山)  10.17 5区(3km)湯田和未(会津若松一3福島)10.17

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.20

エリヨン・ナイトンの暫定資格停止処分が解除 ドーピング検査陽性反応も「過失なし」で五輪選考会出場へ

6月19日、米国アンチドーピング機構(USADA)は、男子短距離のエリヨン・ナイトン(米国)の暫定資格停止処分を解除することを発表した。 20歳のナイトンは昨年のブダペスト世界選手権200m銀メダリスト。17歳だった21 […]

NEWS 五輪シーズンにキングとクイーンの座に就くのは!?丸山優真、山﨑有紀が連覇に挑む/日本選手権混成

2024.06.19

五輪シーズンにキングとクイーンの座に就くのは!?丸山優真、山﨑有紀が連覇に挑む/日本選手権混成

第108回日本選手権・混成競技が6月22、23日に岐阜メモリアルセンター長良川競技場で行われる。パリ五輪代表選考会を兼ねた一戦の注目選手を見ていく。 男子十種競技の優勝候補は丸山優真(住友電工)。前回は7816点で初優勝 […]

NEWS マイケル・ジョンソン氏主催「グランドスラム・トラック」の詳細が発表! 1年間4試合のリーグ戦 賞金総額20億円のビッグイベント!

2024.06.19

マイケル・ジョンソン氏主催「グランドスラム・トラック」の詳細が発表! 1年間4試合のリーグ戦 賞金総額20億円のビッグイベント!

陸上界のレジェンドとして1990年代から2000年代に活躍したマイケル・ジョンソン氏(米国)の主催する陸上リーグの詳細が6月19日に発表された。「グランドスラム・トラック」と銘打たれ、25年に開始される予定となっている。 […]

NEWS 女子三段跳・森本麻里子が13m37w 右足首のケガから復帰戦は9位/WAコンチネンタルツアー

2024.06.19

女子三段跳・森本麻里子が13m37w 右足首のケガから復帰戦は9位/WAコンチネンタルツアー

6月18日、フィンランド・トゥルクで世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのパーヴォ・ヌルミ・ゲームズが開催され、森本麻里子(オリコ)が13m37(+2.5)で9位に入った。 昨年のブダペスト世界選手権代表の森本 […]

NEWS ジェイコブスが100m9秒92のサードベスト! やり投チョプラ85m97、110mHマクレオド13秒25でV/WAコンチネンタルツアー

2024.06.19

ジェイコブスが100m9秒92のサードベスト! やり投チョプラ85m97、110mHマクレオド13秒25でV/WAコンチネンタルツアー

6月18日、フィンランド・トゥルクで世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのパーヴォ・ヌルミ・ゲームズが開催され、男子100mでは東京五輪金メダルのL.M.ジェイコブス(イタリア)が9秒92(+1.5)で優勝した […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top