HOME 中学

2022.12.19

酒井根が初出場初V! 「子どもたちの努力が報われた」中学時代に優勝経験を持つ監督と選手がつかんだ日本一/全中駅伝男子
酒井根が初出場初V! 「子どもたちの努力が報われた」中学時代に優勝経験を持つ監督と選手がつかんだ日本一/全中駅伝男子

◇第30回全国中学校駅伝(12月18日/滋賀・希望が丘文化公園、男子6区間18km)

6区間18km(各区間3km)で争われた男子は、初出場の酒井根(千葉)が58分37秒で初優勝を飾った。

広告の下にコンテンツが続きます

2年生まではクラブチームでサッカーに取り組み、3年生から本格的に陸上を始めた1区の北村侑也が20位発進。2区・小柳智大(3年)、3区・佐藤雅暁(3年)も大崩れせずにつないだが、前半を終えた時点でトップに立っていた堀金(長野)と34秒差の19位に甘んじていた。

だが、小川健太監督は、「調子の良い選手を4、5、6区に置いていました」と後半勝負を見据えていたという。4区に投入された伊藤悠ノ介(3年)は3000mで8分45秒53の記録を持つチームの大黒柱。「僕のところで先頭に立つというプランだったので、絶対に先頭でタスキを渡すということだけを考えて走りました」と次々に選手をかわすと、残り500m地点の登り坂でトップに立つ。9分20秒で区間賞を獲得した伊藤は18人抜きの快走だった。

続く5区の片岡満(2年)は終盤で国府(山口)に先頭を譲り、「力不足でした」と唇をかんだが、区間3位の力走で大量リードは許さず、3秒差の2位と踏ん張る。

最終区を任された大山滉介(3年)は野球部出身。夏から駅伝特設チームに加入した。タスキをもらって勢いよく飛び出すと、すぐさまトップを奪う。「後ろにつかれましたが、落ち着いて走れていました」と徐々に国府を突き放すと、最後まで躍動感のある走りを見せて、優勝のゴールテープを切った。

広告の下にコンテンツが続きます

赴任4年目で全国の頂点に導いた小川監督は千葉・逆井中学の生徒だった2005年に、この大会に出場。2区を走り、優勝した実績を持つ。その後、柏日体高(現・日体大柏高)、山梨学大で競技を続け、「自分の経験を次世代に伝えたい」と教員になった。

自身の中学時代と同じ喜びを教え子に経験させた指揮官は、「子どもたちの努力が報われて一安心したというのが何よりも強いです」と誇らしげに選手たちを見つめていた。

8秒差の2位にこちらも初出場の湯川(福岡)が入り、連覇を狙った桂(京都)が3位に入った。男子MVPには3区で9分10秒の区間新記録を樹立した山形十の菅野元太(3年)が選ばれている。

文/馬場 遼

広告の下にコンテンツが続きます

次は 上位成績と区間賞獲得者

◇第30回全国中学校駅伝(12月18日/滋賀・希望が丘文化公園、男子6区間18km) 6区間18km(各区間3km)で争われた男子は、初出場の酒井根(千葉)が58分37秒で初優勝を飾った。 2年生まではクラブチームでサッカーに取り組み、3年生から本格的に陸上を始めた1区の北村侑也が20位発進。2区・小柳智大(3年)、3区・佐藤雅暁(3年)も大崩れせずにつないだが、前半を終えた時点でトップに立っていた堀金(長野)と34秒差の19位に甘んじていた。 だが、小川健太監督は、「調子の良い選手を4、5、6区に置いていました」と後半勝負を見据えていたという。4区に投入された伊藤悠ノ介(3年)は3000mで8分45秒53の記録を持つチームの大黒柱。「僕のところで先頭に立つというプランだったので、絶対に先頭でタスキを渡すということだけを考えて走りました」と次々に選手をかわすと、残り500m地点の登り坂でトップに立つ。9分20秒で区間賞を獲得した伊藤は18人抜きの快走だった。 続く5区の片岡満(2年)は終盤で国府(山口)に先頭を譲り、「力不足でした」と唇をかんだが、区間3位の力走で大量リードは許さず、3秒差の2位と踏ん張る。 最終区を任された大山滉介(3年)は野球部出身。夏から駅伝特設チームに加入した。タスキをもらって勢いよく飛び出すと、すぐさまトップを奪う。「後ろにつかれましたが、落ち着いて走れていました」と徐々に国府を突き放すと、最後まで躍動感のある走りを見せて、優勝のゴールテープを切った。 赴任4年目で全国の頂点に導いた小川監督は千葉・逆井中学の生徒だった2005年に、この大会に出場。2区を走り、優勝した実績を持つ。その後、柏日体高(現・日体大柏高)、山梨学大で競技を続け、「自分の経験を次世代に伝えたい」と教員になった。 自身の中学時代と同じ喜びを教え子に経験させた指揮官は、「子どもたちの努力が報われて一安心したというのが何よりも強いです」と誇らしげに選手たちを見つめていた。 8秒差の2位にこちらも初出場の湯川(福岡)が入り、連覇を狙った桂(京都)が3位に入った。男子MVPには3区で9分10秒の区間新記録を樹立した山形十の菅野元太(3年)が選ばれている。 文/馬場 遼 次は 上位成績と区間賞獲得者
■第30回全国中学校駅伝 ●男子上位成績 1位 酒井根(千葉)58.37 2位 湯川(福岡) 58.45 3位 桂(京都)  58.46 4位 国府(山口) 58.49 5位 平岡(兵庫) 58.50 6位 三島(栃木) 59.13 7位 中能登(石川)59.39 8位 向陽(広島) 59.42 ●男子区間賞 1区(3km)新妻遼己(平岡3兵庫)  9.05 2区(3km)百田好希(西諫早2長崎) 9.33 3区(3km)菅野元太(山形十3山形) 9.10=区間新記録 4区(3km)伊藤悠ノ介(酒井根3千葉)9.20 5区(3km)尾﨑 優(国府2山口)  9.40 6区(3km)新妻昂己(平岡3兵庫)  9.20

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.05.19

200mVの鵜澤飛羽はフィニッシュ後に転倒し救急車で搬送/セイコーGGP

◇セイコーゴールデングランプリ(5月19日/東京・国立競技場) 世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのセイコーゴールデングランプリが行われ、男子200mは鵜澤飛羽(筑波大)が20秒40(-0.3)で優勝した。 […]

NEWS 走幅跳・橋岡優輝は「次につながる」7m97で4位 パリ五輪標準突破済み/セイコーGGP

2024.05.19

走幅跳・橋岡優輝は「次につながる」7m97で4位 パリ五輪標準突破済み/セイコーGGP

◇セイコーゴールデングランプリ(5月19日/東京・国立競技場) 世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのセイコーゴールデングランプリが行われ、男子走幅跳は張溟鯤(中国)が8m13(+0.4)をマークして優勝した。 […]

NEWS 男子100m坂井隆一郎 ケイレンで最下位も大事には至らず「まだ身体がついてこなかった」/セイコーGGP

2024.05.19

男子100m坂井隆一郎 ケイレンで最下位も大事には至らず「まだ身体がついてこなかった」/セイコーGGP

◇セイコーゴールデングランプリ(5月19日/東京・国立競技場) 世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのセイコーゴールデングランプリが行われ、男子100mで昨年の日本選手権覇者・坂井隆一郎(大阪ガス)は、スタート […]

NEWS 北口榛花 またラストで逆転Vで昨年から10連勝!!「まだちょっと足りない」3年前涙に暮れた国立で貫禄/セイコーGGP

2024.05.19

北口榛花 またラストで逆転Vで昨年から10連勝!!「まだちょっと足りない」3年前涙に暮れた国立で貫禄/セイコーGGP

◇セイコーゴールデングランプリ(5月19日/東京・国立競技場) 世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのセイコーゴールデングランプリが行われ、女子やり投は北口榛花(JAL)が63m45のシーズンベストを投げて優勝 […]

NEWS 女子100mH田中佑美は12秒90の2位「タイムが出たことは評価したい」/セイコーGGP

2024.05.19

女子100mH田中佑美は12秒90の2位「タイムが出たことは評価したい」/セイコーGGP

◇セイコーゴールデングランプリ(5月19日/東京・国立競技場) 世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのセイコーゴールデングランプリが行われ、女子100mハードルで田中佑美(富士通)が12秒90(-0.6)で2位 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年6月号 (5月14日発売)

2024年6月号 (5月14日発売)

別冊付録学生駅伝ガイド

page top