HOME 海外

2022.12.19

男子は昨年のツアー総合Vクウィゼラが今季3勝目 女子はニョンサバが優勝/WAクロカンツアー
男子は昨年のツアー総合Vクウィゼラが今季3勝目 女子はニョンサバが優勝/WAクロカンツアー

ブルンジのクウィゼラ

12月18日、ベンタ・デ・バーニョス(スペイン)でWA(世界陸連)クロスカントリーツアー・ゴールドの大会が開催され、男子(10575m)はR.クウィゼラ(ブルンジ)が34分06秒で、女子(7975m)はF.ニョンサバ(ブルンジ)が30分44秒で優勝した。

男子優勝のクウィゼラは昨シーズンのWAクロカンツアーの総合優勝者。今季もこれがツアー3勝目となった。女子優勝のニョンサバは16年リオ五輪・17年ロンドン世界選手権800m銀メダリスト。テストステロン値による出場制限で近年ではより長い距離の種目に出場しており東京五輪では10000mに入賞している。

また、17日にはアラブ首長国連邦でアブダビマラソンが開催され、男子はT.キプラガット(ケニア)が2時間05分20秒の自己新で、女子は東京五輪7位のE.チュンバ(バーレン)が2時間20分41秒で優勝した。

18日にコルカタ(インド)で行われたWAエリートラベルの25kmのロードレースでは、男子はL.バーストン(ケニア)が1時間12分49秒で、女子はD.J.モコミン(バーレン)が1時間21分04秒で勝利。いずれもコースレコードを更新した。

12月18日、ベンタ・デ・バーニョス(スペイン)でWA(世界陸連)クロスカントリーツアー・ゴールドの大会が開催され、男子(10575m)はR.クウィゼラ(ブルンジ)が34分06秒で、女子(7975m)はF.ニョンサバ(ブルンジ)が30分44秒で優勝した。 男子優勝のクウィゼラは昨シーズンのWAクロカンツアーの総合優勝者。今季もこれがツアー3勝目となった。女子優勝のニョンサバは16年リオ五輪・17年ロンドン世界選手権800m銀メダリスト。テストステロン値による出場制限で近年ではより長い距離の種目に出場しており東京五輪では10000mに入賞している。 また、17日にはアラブ首長国連邦でアブダビマラソンが開催され、男子はT.キプラガット(ケニア)が2時間05分20秒の自己新で、女子は東京五輪7位のE.チュンバ(バーレン)が2時間20分41秒で優勝した。 18日にコルカタ(インド)で行われたWAエリートラベルの25kmのロードレースでは、男子はL.バーストン(ケニア)が1時間12分49秒で、女子はD.J.モコミン(バーレン)が1時間21分04秒で勝利。いずれもコースレコードを更新した。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.23

立教大が5位で悲願の伊勢路切符!! 髙林祐介監督「設定範囲内でほぼ全員走れました」/全日本大学駅伝関東選考会

◇全日本大学駅伝関東学連推薦校選考会(6月23日/神奈川・相模原ギオンスタジアム) 第56回全日本大学駅伝の関東学連推薦校選考会が行われ、立教大がトータル3時間56分19秒26で5位に入り、初の伊勢路行きを決めた。 各組 […]

NEWS 関大 トップ通過で2大会連続出場決定! 京産大は4年ぶり 大経大、立命大も全日本切符/全日本大学駅伝関西地区選考会

2024.06.23

関大 トップ通過で2大会連続出場決定! 京産大は4年ぶり 大経大、立命大も全日本切符/全日本大学駅伝関西地区選考会

第56回全日本大学駅伝の関西学連出場大学選考競技会が6月23日、大阪・ヤンマーフィールド長居で行われ、関大が4時間09分06秒88の1位で本大会出場を決めた。 関大は主将の坂東壮琉(4年)を故障で欠き大会前は苦戦が予想さ […]

NEWS 十種競技・丸山優真が圧巻の自己新V2!4月に膝負傷も日本代表の貫禄/日本選手権混成

2024.06.23

十種競技・丸山優真が圧巻の自己新V2!4月に膝負傷も日本代表の貫禄/日本選手権混成

◇第108回日本選手権・混成競技(6月22、23日/岐阜メモリアルセンター長良川競技場)2日目 パリ五輪代表選考会を兼ねた日本選手権・混成競技が行われ、男子十種競技は丸山優真(住友電工)が連覇を達成した。7870点は日本 […]

NEWS 東海大が堂々1位通過、2位東洋大、3位早大 立教大が初の伊勢路決める!!/全日本大学駅伝関東選考会

2024.06.23

東海大が堂々1位通過、2位東洋大、3位早大 立教大が初の伊勢路決める!!/全日本大学駅伝関東選考会

◇全日本大学駅伝関東学連推薦校選考会(6月23日/神奈川・相模原ギオンスタジアム) 第56回全日本大学駅伝の関東学連推薦校選考会が行われ、東海大が3時間55分28秒21の総合1位で11大会連続37回目の本戦出場を決めた。 […]

NEWS 高橋諒がU20制す!7445点で「目標達成」U20世界選手権と日本インカレに照準/U20日本選手権混成

2024.06.23

高橋諒がU20制す!7445点で「目標達成」U20世界選手権と日本インカレに照準/U20日本選手権混成

◇U20日本選手権・混成競技(6月22、23日/岐阜メモリアルセンター長良川競技場) 日本選手権と併催で、U20日本選手権の混成競技が行われ、男子十種競技(U20規格)は高橋諒(慶大)が7445点で優勝した。 関東インカ […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top