HOME 駅伝、箱根駅伝

2022.12.10

【箱根駅伝エントリー】55年ぶり出場の立教大 箱根経験者の中山凜斗、予選会チームトップの國安広人、服部凱杏らが登録 4年生はメンバー入りならず
【箱根駅伝エントリー】55年ぶり出場の立教大 箱根経験者の中山凜斗、予選会チームトップの國安広人、服部凱杏らが登録 4年生はメンバー入りならず

上野裕一郎監督のもと初出場を果たした立教大

第99回箱根駅伝(2023年1月2日、3日)のチームエントリー16名が12月10日に発表された。

予選会を6位で通過し、史上最大ブランクとなる55年ぶりの出場を果たした立教大。前々回に関東学生連合の4区を走った中山凜斗(3年)や予選会チームトップの國安広人(1年)ら、主力選手が順当にエントリーされた。

10000mで28分台の記録を持つ関口絢太(3年)、林虎大朗(2年)、山本羅生(2年)もメンバー入り。中学時代から世代トップとして活躍してきた服部凱杏(3年)もメンバー入りしている。

16名中11人が1、2年生と全体的に若い顔ぶれ。予選会と同様に、4年生からメンバー入りはならず、出走とはならなかったが、チーム一丸となって挑むだろう。

予選会では10㎞を3位で通過する積極的なレースを展開。先月の日体大記録会5000mで13分39秒95をマークするなど、「日本一速い監督」と名高い上野裕一郎監督の箱根路初采配にも注目だ。予選会の勢いそのままに目標のシード権を獲得することができるだろうか。

12月29日に区間エントリー10人と補員6人が発表。1月2日の往路、3日の復路スタートの1時間10分前(6時50分)にメンバー変更が認められる。往路、復路合わせて当日変更は6人までで、1日最大4人まで変更できる。
●立教大のエントリー選手は次ページ

第99回箱根駅伝(2023年1月2日、3日)のチームエントリー16名が12月10日に発表された。 予選会を6位で通過し、史上最大ブランクとなる55年ぶりの出場を果たした立教大。前々回に関東学生連合の4区を走った中山凜斗(3年)や予選会チームトップの國安広人(1年)ら、主力選手が順当にエントリーされた。 10000mで28分台の記録を持つ関口絢太(3年)、林虎大朗(2年)、山本羅生(2年)もメンバー入り。中学時代から世代トップとして活躍してきた服部凱杏(3年)もメンバー入りしている。 16名中11人が1、2年生と全体的に若い顔ぶれ。予選会と同様に、4年生からメンバー入りはならず、出走とはならなかったが、チーム一丸となって挑むだろう。 予選会では10㎞を3位で通過する積極的なレースを展開。先月の日体大記録会5000mで13分39秒95をマークするなど、「日本一速い監督」と名高い上野裕一郎監督の箱根路初采配にも注目だ。予選会の勢いそのままに目標のシード権を獲得することができるだろうか。 12月29日に区間エントリー10人と補員6人が発表。1月2日の往路、3日の復路スタートの1時間10分前(6時50分)にメンバー変更が認められる。往路、復路合わせて当日変更は6人までで、1日最大4人まで変更できる。 ●立教大のエントリー選手は次ページ
■立教大のエントリー選手16名(カッコ内は学年、出身校) ◎前回不出場、予選会6位 内田 賢利(3年/駒大高・東京) 岸本健太郎(3年/須磨学園高・兵庫) 関口 絢太(3年/國學院久我山高・東京) 中山 凜斗(3年/九州学院高・熊本) 服部 凱杏(3年/佐久長聖高・長野) 安藤 圭佑(2年/豊川高・愛知) 稲塚 大祐(2年/高岡向陵高・富山) 後藤 謙昌(2年/仙台育英高・宮城) 中田 紫音(2年/鹿児島城西高・鹿児島) 林 虎大朗(2年/大牟田高・福岡) 山口 史朗(2年/四日市工高・三重) 山本 羅生(2年/松浦高・長崎) 相澤 拓摩(1年/専大松戸高・千葉) 國安 広人(1年/須磨学園高・兵庫) 永井  駿(1年/九州学院高・熊本) 馬場 賢人(1年/大牟田高・福岡)

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.07.17

【プレゼント】ハーツ&ハーツクリニックの 「メタリックネックレスⅡ2024 IPバージョン(40㎝)」/2024年8月号

独自の「周波数加工®」…「ハーツ加工®」で体内の周波数を整えるハーツ&ハーツクリニックは、同社製品の基本であり最高峰の「メタリックネックレス」から、新たに「メタリックネックレス Ⅱ 2024」、「メタリックネックレス Ⅱ […]

NEWS 五輪代表・三浦龍司が5000mに出場 13分31秒61で日本人トップ「手応えを得られたのは自信になる」/ホクレンDC深川

2024.07.17

五輪代表・三浦龍司が5000mに出場 13分31秒61で日本人トップ「手応えを得られたのは自信になる」/ホクレンDC深川

ホクレン・ディスタンスチャレンジ2024第4戦の深川大会が7月17日に行われ、パリ五輪3000m障害代表の三浦龍司(SUBARU)が男子5000mA組に出場し、13分31秒61で6位に入った。 今季の三浦は5月以降、海外 […]

NEWS 100mH初五輪の田中佑美「緊張、楽しいを素直に表現できるように」準決勝進出に向けて最大パフォーマンス誓う

2024.07.17

100mH初五輪の田中佑美「緊張、楽しいを素直に表現できるように」準決勝進出に向けて最大パフォーマンス誓う

富士通は7月17日、女子100mハードルでパリ五輪代表に内定した田中佑美のオンライン会見を開いた。 日本選手権で2位となった田中。参加標準記録(12秒77)には届かず、ワールドランキングではターゲットナンバー(出場枠)4 […]

NEWS 女子800mU18世界歴代2位のギルがプーマと契約 英国選手権V パリ五輪代表の17歳

2024.07.17

女子800mU18世界歴代2位のギルがプーマと契約 英国選手権V パリ五輪代表の17歳

女子800mのP.ギル(英国)がプーマとの契約締結を自身のSNSで発表した。 ギルは2007年4月生まれの17歳。800mで今年5月のベルファスト・アイリッシュ・マイラーズ・ミーティング(英国)でU18世界歴代2位、U2 […]

NEWS トワイライトゲームス 泉谷駿介の出場が急遽決定!パリ五輪前ラストレース

2024.07.17

トワイライトゲームス 泉谷駿介の出場が急遽決定!パリ五輪前ラストレース

関東学連が主催する第19回トワイライト・ゲームス(7月21日)のスタートリストが更新され、男子110mハードルに日本記録を持つ泉谷駿介(住友電工)が出場することがわかった。 泉谷は13秒04の日本記録保持者。今年はこれま […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年8月号 (7月12日発売)

2024年8月号 (7月12日発売)

W別冊付録
パリ五輪観戦ガイド&福岡インターハイ完全ガイド

page top