HOME 駅伝

2022.12.09

コモディイイダ田島光が現役引退 今後は「チームをサポート」関東学院大時代に箱根駅伝5区駆け上がる
コモディイイダ田島光が現役引退 今後は「チームをサポート」関東学院大時代に箱根駅伝5区駆け上がる

コモディイイダに所属する田島光が現役引退を発表した。

田島は沖縄出身で、知念高から関東学院大へ進学。3年目には箱根駅伝予選会で136位となり、関東学生連合のメンバー入りを果たした。

本戦では5区を走る予定だった相馬崇史(筑波大)が故障のため、急きょ山を駆け上がることに。1時間17分19秒で芦ノ湖へフィニッシュした。

2019年からコモディイイダに所属。21年にはハーフマラソンで1時間2分43秒をマークするなど、トラック・ロードともに大学時代の自己記録を更新した。

11月の八王子ロングディスタンスがトラックのラストレース、12月4日の奥多摩渓谷駅伝が駅伝のラストランだった。

田島は所属先のブログで「この4年間は自分の思ったような走りをすることがほとんどなく苦しい時期が長かったですが、毎年何かの種目でベストを更新できたのは、サポートしていただいたお陰」(抜粋)と感謝をつづる。

なお、今後は社業に専念しながら「できる範囲でチームのサポート」していくという。

コモディイイダに所属する田島光が現役引退を発表した。 田島は沖縄出身で、知念高から関東学院大へ進学。3年目には箱根駅伝予選会で136位となり、関東学生連合のメンバー入りを果たした。 本戦では5区を走る予定だった相馬崇史(筑波大)が故障のため、急きょ山を駆け上がることに。1時間17分19秒で芦ノ湖へフィニッシュした。 2019年からコモディイイダに所属。21年にはハーフマラソンで1時間2分43秒をマークするなど、トラック・ロードともに大学時代の自己記録を更新した。 11月の八王子ロングディスタンスがトラックのラストレース、12月4日の奥多摩渓谷駅伝が駅伝のラストランだった。 田島は所属先のブログで「この4年間は自分の思ったような走りをすることがほとんどなく苦しい時期が長かったですが、毎年何かの種目でベストを更新できたのは、サポートしていただいたお陰」(抜粋)と感謝をつづる。 なお、今後は社業に専念しながら「できる範囲でチームのサポート」していくという。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.07.18

三浦龍司が五輪前に自信深めるレース「クオリティーの高いものができている。メダルが大きな目標」/ホクレンDC深川

夏の北海道を舞台とする中長距離のレースシリーズ、ホクレン・ディスタンスチャレンジ(DC)の第4戦深川大会が7月17日に開催され、男子3000m障害の日本記録(8分09秒91)保持者でパリ五輪代表の三浦龍司(SUBARU) […]

NEWS 西山雄介が東京マラソン以来のレースで日本人トップ 800m・岡村颯太が1分47秒05/ホクレンDC深川

2024.07.17

西山雄介が東京マラソン以来のレースで日本人トップ 800m・岡村颯太が1分47秒05/ホクレンDC深川

ホクレン・ディスタンスチャレンジ2024第4戦の深川大会が7月17日に行われ、男子10000mA組はオレゴン世界選手権マラソン代表の西山雄介(トヨタ自動車)が28分08秒53で日本人最上位の4位でフィニッシュした。 3月 […]

NEWS 国スポの2027年宮崎県開催が決定! 29年の群馬県開催も内定

2024.07.17

国スポの2027年宮崎県開催が決定! 29年の群馬県開催も内定

日本スポーツ協会は7月17日、都内で理事会を開き、2027年(令和9年)の第81回国民スポーツ大会の開催地を宮崎県とすることを決定した。また、29年(令和11年)の第83回大会の開催地が群馬県に内定した。 今年度より、名 […]

NEWS 【プレゼント】ハーツ&ハーツクリニックの 「メタリックネックレスⅡ2024 IPバージョン(40㎝)」/2024年8月号

2024.07.17

【プレゼント】ハーツ&ハーツクリニックの 「メタリックネックレスⅡ2024 IPバージョン(40㎝)」/2024年8月号

独自の「周波数加工®」…「ハーツ加工®」で体内の周波数を整えるハーツ&ハーツクリニックは、同社製品の基本であり最高峰の「メタリックネックレス」から、新たに「メタリックネックレス Ⅱ 2024」、「メタリックネックレス Ⅱ […]

NEWS 五輪代表・三浦龍司が5000mに出場 13分31秒61で日本人トップ「手応えを得られたのは自信になる」/ホクレンDC深川

2024.07.17

五輪代表・三浦龍司が5000mに出場 13分31秒61で日本人トップ「手応えを得られたのは自信になる」/ホクレンDC深川

ホクレン・ディスタンスチャレンジ2024第4戦の深川大会が7月17日に行われ、パリ五輪3000m障害代表の三浦龍司(SUBARU)が男子5000mA組に出場し、13分31秒61で6位に入った。 今季の三浦は5月以降、海外 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年8月号 (7月12日発売)

2024年8月号 (7月12日発売)

W別冊付録
パリ五輪観戦ガイド&福岡インターハイ完全ガイド

page top