HOME 海外

2022.12.04

24年の世界リレーはナッソーに決定 パリ五輪選考会として実施 23年より1マイルを世界記録認定へ
24年の世界リレーはナッソーに決定 パリ五輪選考会として実施 23年より1マイルを世界記録認定へ

11月30日にイタリア・ローマで世界陸連(WA)のカウンシル会議が行われ、決定事項が発表された。内容は以下の通り。

・2024年世界リレーの開催地がナッソーに決定
日程は未定だが、24年4月から5月に開催される予定。男子・女子の4×100mリレー、4×400mリレーと混合4×400mリレーはパリ五輪の選考会として行われる予定である。バハマ・ナッソーで世界リレーが開催されるのは4回目。

・大会日程等の決定
これまで2年に1回実施されていた世界ロードランニング選手権が毎年開催されることに決まった。毎年開催は25年から開始される。また、WAシリーズの開催日程について、以下の通り承認した。
 世界クロスカントリー選手権大会 クロアチア・メドゥリン/プラ 24年2月10日~11日
 U20選手権大会 ペルー・リマ  24年8月26日~31日
 世界選手権 東京 25年9月13日~21日

・競技規則の変更
23年1月1日より、ロード1マイルを公式の世界記録とする。23年9月1日以前の世界記録の認定には、3分50秒00(男子)/4分19秒00(女子)以内の成績が必要とる。9月1日までにこの基準を満たさない場合は適格の記録のうち最も良い成績が世界記録として認定される。

・DSD(性分化疾患)とトランスジェンダーに関するレギュレーション
正式な会議とは別に、評議会現行のDSD規則とトランスジェンダー規則について議論された。今後関係各所で協議され、3月の審議会で決定される予定。

・ケニア陸連、ロシア陸連について
ドーピングリスクが高いカテゴリーAに指定されているケニア陸連については、今後5年間、年間500万ドルがケニア政府からアンチ・ドーピングプログラムの強化へ提供されることが示され、適切な対応であると合意された。

ドーピング問題で資格停止処分となっているロシア陸連についてはタスクフォース(特別チーム)の報告書が出され、タスクフォース代表のアンデルセン氏は、条件が満たされれば23年3月の次回評議会で復帰についてWAに最終勧告する可能性を示した。ただしWAのコー会長は、ロシアとベラルーシについてはクライナ侵攻が続く限り資格停止は続くとの考えを示している。

11月30日にイタリア・ローマで世界陸連(WA)のカウンシル会議が行われ、決定事項が発表された。内容は以下の通り。 ・2024年世界リレーの開催地がナッソーに決定 日程は未定だが、24年4月から5月に開催される予定。男子・女子の4×100mリレー、4×400mリレーと混合4×400mリレーはパリ五輪の選考会として行われる予定である。バハマ・ナッソーで世界リレーが開催されるのは4回目。 ・大会日程等の決定 これまで2年に1回実施されていた世界ロードランニング選手権が毎年開催されることに決まった。毎年開催は25年から開始される。また、WAシリーズの開催日程について、以下の通り承認した。  世界クロスカントリー選手権大会 クロアチア・メドゥリン/プラ 24年2月10日~11日  U20選手権大会 ペルー・リマ  24年8月26日~31日  世界選手権 東京 25年9月13日~21日 ・競技規則の変更 23年1月1日より、ロード1マイルを公式の世界記録とする。23年9月1日以前の世界記録の認定には、3分50秒00(男子)/4分19秒00(女子)以内の成績が必要とる。9月1日までにこの基準を満たさない場合は適格の記録のうち最も良い成績が世界記録として認定される。 ・DSD(性分化疾患)とトランスジェンダーに関するレギュレーション 正式な会議とは別に、評議会現行のDSD規則とトランスジェンダー規則について議論された。今後関係各所で協議され、3月の審議会で決定される予定。 ・ケニア陸連、ロシア陸連について ドーピングリスクが高いカテゴリーAに指定されているケニア陸連については、今後5年間、年間500万ドルがケニア政府からアンチ・ドーピングプログラムの強化へ提供されることが示され、適切な対応であると合意された。 ドーピング問題で資格停止処分となっているロシア陸連についてはタスクフォース(特別チーム)の報告書が出され、タスクフォース代表のアンデルセン氏は、条件が満たされれば23年3月の次回評議会で復帰についてWAに最終勧告する可能性を示した。ただしWAのコー会長は、ロシアとベラルーシについてはクライナ侵攻が続く限り資格停止は続くとの考えを示している。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.13

インゲブリグトセン大会新で1500mも完勝「今大会の走りに満足」 女子走幅跳ミハンボ7m22 デュプランティス金/欧州選手権

◇欧州選手権(6月7日~12日/イタリア・ローマ) 6月12日、欧州選手権の最終日が行われ、男子1500mでは東京五輪金メダルのヤコブ・インゲブリグトセン(ノルウェー)が3分31秒95で優勝した。 前回大会で自らが作った […]

NEWS 100mは小澤斗維が向かい風1.8mで10秒58!北海道栄4継は40秒10 女子100mは山崎心愛が11秒78でV2/IH北海道

2024.06.13

100mは小澤斗維が向かい風1.8mで10秒58!北海道栄4継は40秒10 女子100mは山崎心愛が11秒78でV2/IH北海道

◇インターハイ北海道地区大会(6月11~14日/旭川市花咲スポーツ公園陸上競技場)2日目 福岡インターハイを懸けた北海道地区大会の2日目が行われ、男女短距離で好記録が誕生した。 男子100mは小澤斗維(北海道栄3)が向か […]

NEWS 【トレーニング講座】走高跳(2024年7月号)

2024.06.13

【トレーニング講座】走高跳(2024年7月号)

月刊陸上競技で連載している「トレーニング講座」。種目ごとに全国の指導者の方々にご執筆いただいています! 月刊陸上競技2024年7月号の「走高跳」で掲載されている練習動画はこちらをチェック! https://youtu.b […]

NEWS 【トレーニング】400mH(2024年7月号掲載)/吉形政衡

2024.06.13

【トレーニング】400mH(2024年7月号掲載)/吉形政衡

月刊陸上競技で連載している「トレーニング講座」。種目ごとに全国の指導者の方々にご執筆いただいています! 月刊陸上競技2024年7月号の「400mH」で掲載されている練習動画はこちらをチェック! https://youtu […]

NEWS 月刊陸上競技2024年7月号

2024.06.12

月刊陸上競技2024年7月号

Contents パリ五輪への道、最終局面 Route de Paris 2024 サニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ) ~世界一、速い男になるために 栁田大輝(東洋大) ~ 21歳の夏、輝く 岡田久美子(富士通)  […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top