HOME 国内

2022.12.04

新装の福岡国際マラソン 日本人トップは“箱根山下りの達人”秋山清仁「今までやってきて良かった」4人がMGC獲得、優勝はテフェリ
新装の福岡国際マラソン 日本人トップは“箱根山下りの達人”秋山清仁「今までやってきて良かった」4人がMGC獲得、優勝はテフェリ

福岡国際マラソンを制した秋山清仁

◇福岡国際マラソン2022(12月4日/平和台陸上競技場発着)

伝統ある福岡国際マラソンの後継大会として新装された「福岡国際マラソン2022」が行われ、マル・テフェリ(イスラエル)が2時間6分43秒で優勝した。

日本陸連のジャパンマラソンチャンピオンシップ(JMC)シリーズの一つで、パリ五輪選考会のマラソングランドチャピオンシップ(MGC)への出場権を懸けた一戦。ペースメーカーが完全に離れる30㎞までに、日本人が徐々に遅れ始める。集団に残ったのは久保和馬(西鉄)のみだった。

その後は海外勢のペースについていけず、日本人トップ争いは激化。落ちた久保に、7月に中大コーチに就任した大石港与(トヨタ自動車)や赤﨑暁(九電工)が加わる。そこに後ろから怒濤の追い上げを見せたのが秋山清仁(愛知製鋼)。一般参加の秋山は40km手前で日本人トップに躍り出た。

秋山は2時間8分43秒の自己新で7位。「走りきって安堵しています」とホッと一息。パリ五輪MGCの出場権を獲得した。「先頭からこぼれてしまい、段々と追い抜いていくレースになってしまった」と振り返る。

「ここまで目立った成績を残せなかった」。順天高(東京)から日体大を卒業して6年目。大学時代、箱根駅伝では2016、17年と6区区間新記録で連続区間賞を獲得。「山下り」で名を馳せた存在感のあるランナーだった。

今年3月の東京では2時間10分58秒をマーク。今回は初サブテンだった。「自己ベストを大きく更新できて自信になります。やってきたことが間違いではなかった。今までやってきてよかったです」。支えてくれた家族や所属先に感謝を述べた秋山は、「愛知製鋼の秋山をアピールできた」と笑顔を見せた。

日本人2番手の8位に赤﨑が2時間9分01秒で入り、大石が7秒差で続く。ここまで2時間10分以内で日本人3位以内という条件を満たしてMGC決定。10位の久保は2時間9分19秒で、ワイルドカード(※2レースの合計)でMGC切符を手にした。

伝統を誇ってきた福岡国際マラソンは経済面などを理由に一度は廃止が決定。それでも関係者の尽力で後継大会として続けられることとなった

■福岡国際マラソン2022上位成績
1位 M.テフェリ(イスラエル)2.06.43
2位 R.ヴィンセント(スズキ)2.07.01
3位 M.ギザエ(スズキ)2.07.28
4位 B.ロビンソン(豪州)2.07.31
5位 A.キルイ(ケニア)2.07.38
6位 J.ルンガル(中央発條)2.08.21
7位 秋山清仁(愛知製鋼)2.08.43
8位 赤﨑 暁(九電工)2.09.01

◇福岡国際マラソン2022(12月4日/平和台陸上競技場発着) 伝統ある福岡国際マラソンの後継大会として新装された「福岡国際マラソン2022」が行われ、マル・テフェリ(イスラエル)が2時間6分43秒で優勝した。 日本陸連のジャパンマラソンチャンピオンシップ(JMC)シリーズの一つで、パリ五輪選考会のマラソングランドチャピオンシップ(MGC)への出場権を懸けた一戦。ペースメーカーが完全に離れる30㎞までに、日本人が徐々に遅れ始める。集団に残ったのは久保和馬(西鉄)のみだった。 その後は海外勢のペースについていけず、日本人トップ争いは激化。落ちた久保に、7月に中大コーチに就任した大石港与(トヨタ自動車)や赤﨑暁(九電工)が加わる。そこに後ろから怒濤の追い上げを見せたのが秋山清仁(愛知製鋼)。一般参加の秋山は40km手前で日本人トップに躍り出た。 秋山は2時間8分43秒の自己新で7位。「走りきって安堵しています」とホッと一息。パリ五輪MGCの出場権を獲得した。「先頭からこぼれてしまい、段々と追い抜いていくレースになってしまった」と振り返る。 「ここまで目立った成績を残せなかった」。順天高(東京)から日体大を卒業して6年目。大学時代、箱根駅伝では2016、17年と6区区間新記録で連続区間賞を獲得。「山下り」で名を馳せた存在感のあるランナーだった。 今年3月の東京では2時間10分58秒をマーク。今回は初サブテンだった。「自己ベストを大きく更新できて自信になります。やってきたことが間違いではなかった。今までやってきてよかったです」。支えてくれた家族や所属先に感謝を述べた秋山は、「愛知製鋼の秋山をアピールできた」と笑顔を見せた。 日本人2番手の8位に赤﨑が2時間9分01秒で入り、大石が7秒差で続く。ここまで2時間10分以内で日本人3位以内という条件を満たしてMGC決定。10位の久保は2時間9分19秒で、ワイルドカード(※2レースの合計)でMGC切符を手にした。 伝統を誇ってきた福岡国際マラソンは経済面などを理由に一度は廃止が決定。それでも関係者の尽力で後継大会として続けられることとなった ■福岡国際マラソン2022上位成績 1位 M.テフェリ(イスラエル)2.06.43 2位 R.ヴィンセント(スズキ)2.07.01 3位 M.ギザエ(スズキ)2.07.28 4位 B.ロビンソン(豪州)2.07.31 5位 A.キルイ(ケニア)2.07.38 6位 J.ルンガル(中央発條)2.08.21 7位 秋山清仁(愛知製鋼)2.08.43 8位 赤﨑 暁(九電工)2.09.01

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.18

女子短距離の山中日菜美が地元・滋賀のマリングレイスとスポンサー契約を締結

女子短距離の山中日菜美(滋賀陸協)と株式会社マリングレイスがスポンサー契約を締結したことを発表した。 山中は滋賀県出身の27歳。立命大を経て、大学卒業1年目の2019年には世界リレー代表にも選出された。2022年に実業団 […]

NEWS サニブラウン主宰「DAWN GAMES」東日本予選にもバドミントンの桃田賢斗がゲスト参加!小学校低学年50mも追加

2024.06.18

サニブラウン主宰「DAWN GAMES」東日本予選にもバドミントンの桃田賢斗がゲスト参加!小学校低学年50mも追加

男子100m2大会連続世界選手権ファイナリストでパリ五輪代表に内定しているサニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ)が主宰する小中高生を対象とした100mの競技会「DAWN GAMES(ドーンゲームス)」の東日本エリア予選 […]

NEWS サニブラウン主宰の「DAWN GAMES」西日本予選が開催!約400人が参加、各カテゴリー4人が決勝大会へ

2024.06.18

サニブラウン主宰の「DAWN GAMES」西日本予選が開催!約400人が参加、各カテゴリー4人が決勝大会へ

男子短距離のサニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ)が企画した100mの競技会「DAWN GAMES」の西日本予選が去る6月9日、大阪・ヤンマースタジアム長居で行われた。 この大会は「陸上人口を増やし、層を厚くしたい」「 […]

NEWS 【プレゼント】ニシ・スポーツの 「ジャカードレーシングTシャツ」&「WGレーシングショートタイツ」/2024年7月号

2024.06.18

【プレゼント】ニシ・スポーツの 「ジャカードレーシングTシャツ」&「WGレーシングショートタイツ」/2024年7月号

ニシ・スポーツから新登場した2024年春夏モデルの「HIGH TECH LINE」シリーズが好評だ。 なかでも、機能性を追求した「ジャカードレーシングTシャツ」は、胸・背・脇に配したエアーダクトホール、吸汗速乾性のある素 […]

NEWS 中島佑気ジョセフがバハマで45秒49 シーズンベストで優勝 日本選手権前に弾み

2024.06.18

中島佑気ジョセフがバハマで45秒49 シーズンベストで優勝 日本選手権前に弾み

WAコンチネンタルツアー・チャレンジャーのNACACニューライフ招待が6月16日にバハマで行われ、男子400mに中島佑気ジョセフ(富士通)が出場。45秒49のシーズンベストで優勝した。 中島は、東洋大4年だった昨年の日本 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top