HOME 駅伝

2022.11.20

駒大・円健介が1時間1分51秒で学生日本人最上位!山梨学大・ムルアが優勝 3年ぶり開催/上尾ハーフ
駒大・円健介が1時間1分51秒で学生日本人最上位!山梨学大・ムルアが優勝 3年ぶり開催/上尾ハーフ

11月20日、第35回2022上尾シティハーフマラソンが3年ぶりに開催され、ボニフェス・ムルア(山梨学大4年)が1時間1分17秒でハーフの部を制した。2位は日本記録保持者の小椋裕介(ヤクルト)で1時間1分48秒。日本人学生最上位の3位には1時間1分51秒で円健介(駒大4年)が入った。

曇り空の中でレースはスタート。序盤はムルア(山梨学大)やルカ・ムセンビ(東京国際大4年)らが先頭集団をけん引し、5kmの通過は14分50秒ほど。レースが動いたのは6km過ぎ。ムルアがスピードを上げると、他の選手はついていけず、そのまま独走で優勝を決めた。

学生2、3番手は駒大勢が占め、全日本大学駅伝で1区4位だった円、今季学生駅伝で出番のない赤星雄斗(3年)がそれぞれ自己新で続いた。

<!–nextpage–>

<h2>■第35回上尾シティハーフマラソン学生上位成績(ハーフの部)</h2>
1位 B.ムルア(山梨学大)1時間1分17秒
2位 円 健介(駒大)1時間1分51秒
3位 赤星雄斗(駒大)1時間2分00秒
4位 松永 伶(法大)1時間2分03秒
5位 内田隼太(法大)1時間2分12秒
6位 浅井皓太(順大)1時間2分13秒
7位 鶴 元太(國學院大)1時間2分15秒
8位 安原太陽(駒大)1時間2分25秒
9位 高山豪起(國學院大)1時間2分27秒
10位 宮岡幸大(法大)1時間2分28秒
11位 助川拓海(中大)1時間2分36秒
12位 坂本健悟(國學院大)1時間2分38秒
13位 田井野悠介(中大)1時間2分39秒
14位 海老澤憲伸(順大)1時間2分43秒
15位 青柿 響(駒大)1時間2分44秒
16位 伊福陽太(早大)1時間2分50秒
17位 赤津勇進(駒大)1時間2分53秒
18位 L.ムセンビ(東京国際大)1時間3分02秒
19位 木村文哉(國學院大)1時間3分04秒
20位 西脇翔太(帝京大)1時間3分05秒

11月20日、第35回2022上尾シティハーフマラソンが3年ぶりに開催され、ボニフェス・ムルア(山梨学大4年)が1時間1分17秒でハーフの部を制した。2位は日本記録保持者の小椋裕介(ヤクルト)で1時間1分48秒。日本人学生最上位の3位には1時間1分51秒で円健介(駒大4年)が入った。 曇り空の中でレースはスタート。序盤はムルア(山梨学大)やルカ・ムセンビ(東京国際大4年)らが先頭集団をけん引し、5kmの通過は14分50秒ほど。レースが動いたのは6km過ぎ。ムルアがスピードを上げると、他の選手はついていけず、そのまま独走で優勝を決めた。 学生2、3番手は駒大勢が占め、全日本大学駅伝で1区4位だった円、今季学生駅伝で出番のない赤星雄斗(3年)がそれぞれ自己新で続いた。 <!--nextpage--> <h2>■第35回上尾シティハーフマラソン学生上位成績(ハーフの部)</h2> 1位 B.ムルア(山梨学大)1時間1分17秒 2位 円 健介(駒大)1時間1分51秒 3位 赤星雄斗(駒大)1時間2分00秒 4位 松永 伶(法大)1時間2分03秒 5位 内田隼太(法大)1時間2分12秒 6位 浅井皓太(順大)1時間2分13秒 7位 鶴 元太(國學院大)1時間2分15秒 8位 安原太陽(駒大)1時間2分25秒 9位 高山豪起(國學院大)1時間2分27秒 10位 宮岡幸大(法大)1時間2分28秒 11位 助川拓海(中大)1時間2分36秒 12位 坂本健悟(國學院大)1時間2分38秒 13位 田井野悠介(中大)1時間2分39秒 14位 海老澤憲伸(順大)1時間2分43秒 15位 青柿 響(駒大)1時間2分44秒 16位 伊福陽太(早大)1時間2分50秒 17位 赤津勇進(駒大)1時間2分53秒 18位 L.ムセンビ(東京国際大)1時間3分02秒 19位 木村文哉(國學院大)1時間3分04秒 20位 西脇翔太(帝京大)1時間3分05秒

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.18

5000m髙石樹がV!四国初の高校13分台に肉薄「弱いところで上げられなかった」男子マイルは四国高校新/IH四国

インターハイ四国地区大会(6月15日~17日/高知・春野総合運動公園陸上競技場)3日目 福岡インターハイを懸けた四国地区大会の3日目が行われ、3つの大会新記録が生まれるなど白熱した戦いが繰り広げられた。 男子5000mで […]

NEWS 千葉安珠スプリント4冠、200mは24秒09の自己新 帝京安積4×400mRで競り勝つ 小野大輝が円盤投46m52でV/IH東北

2024.06.18

千葉安珠スプリント4冠、200mは24秒09の自己新 帝京安積4×400mRで競り勝つ 小野大輝が円盤投46m52でV/IH東北

◇インターハイ東北地区大会(6月14~17日/福島・とうほう・みんなのスタジアム)4日目 福岡インターハイの出場権を懸けた東北地区大会の4日目(最終日)が行われ、女子短距離では千葉安珠(常盤木学園3宮城)がに輝いた。 2 […]

NEWS 伊奈総合が4×100m、4×400mの両リレーでV2! 女子100mH横山涼葉が13秒77 富田凉桜が投てき2冠/IH北関東

2024.06.18

伊奈総合が4×100m、4×400mの両リレーでV2! 女子100mH横山涼葉が13秒77 富田凉桜が投てき2冠/IH北関東

◇インターハイ北関東地区大会(6月14日~17日/東京・駒沢陸上競技場、大井陸上競技場)4日目 福岡インターハイを懸けた北関東地区大会の最終日が行われ、女子4×400mリレーは伊奈総合(埼玉)が3分46秒54で制した。2 […]

NEWS 仮屋愛優が100mHと七種競技を制す「ライバルのお陰」全国も2冠狙う 男子マイルリレーは3分11秒台決着/IH南関東

2024.06.18

仮屋愛優が100mHと七種競技を制す「ライバルのお陰」全国も2冠狙う 男子マイルリレーは3分11秒台決着/IH南関東

◇インターハイ南関東地区大会(6月14日~17日/東京・駒沢陸上競技場、大井陸上競技場)4日目 夏の福岡インターハイ出場を懸けた南関東地区大会の最終日が行われ、仮屋愛優(東京3東京)が女子100mハードルと七種競技の2冠 […]

NEWS 100mH・谷中天架 ライバル対決制して大会新V!! 3000m障害の牟田颯太は独走で8分54秒17 九産大九産が男子両リレー制覇/IH北九州

2024.06.18

100mH・谷中天架 ライバル対決制して大会新V!! 3000m障害の牟田颯太は独走で8分54秒17 九産大九産が男子両リレー制覇/IH北九州

◇インターハイ北九州地区大会(6月14日~17日/長崎・トランスコスモススタジアム長崎)4日目 福岡インターハイを懸けた北九州地区大会の最終日はトラック8種目、フィールド4種目の決勝が行われ、3種目で大会新記録が誕生した […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top