HOME 高校

2022.11.20

埼玉栄20回目の関東制覇!八千代松陰との大会新決戦制す!女子は白鵬女が10年ぶり栄冠/関東高校駅伝

関東高校駅伝は11月19日、茨城県ひたちなか市総合運動公園陸上競技場周回コースで行われ、男子(7区間42.195km)は埼玉栄(埼玉)が激戦を制し、2時間3分36秒の大会新記録で5年ぶり20回目の関東王者に。女子(5区間21.0975km)は白鵬女(神奈川)が10年ぶり3回目の優勝を飾った。

埼玉栄は、ハイレベルなレースの中で安定感が光った。1区(10km)で小山翔也(3年)が29分26秒の区間賞とまず先手を奪う。2区以降は城西(東京)、八千代松陰(千葉)がトップに立つ中でその背中を追う展開。その中で5区(3km)の吉田黎大(3年)が8分33秒で区間賞、6区(5km)の吉田蔵之介(3年)は14分23秒の区間新(区間賞)と相次ぐ快走で首位を奪還した。そして、アンカー・佐藤大介(2年)も14分29秒の区間新記録(区間2位)で走破して逃げ切り、節目の20回目の優勝を飾った。

広告の下にコンテンツが続きます

埼玉栄から5秒差の2位に入った八千代松陰も、2時間3分41秒の大会新をマークした。1区10位スタートから、3区(8.1075km)で国体少年B3000m優勝の1年生・鈴木琉胤が6位から一気にトップに立つ区間賞の快走。4区(8.0875km)の小河原陽琉(2年)も連続区間賞で続き、一時は独走態勢に持ち込む強さを見せた。

3位の城西も2時間4分43秒の好タイム。2時間5分10秒で4位の東農大二(群馬)、2時間6分10秒で5位の水城(茨城)を含め、全国高校駅伝出場を決めたチームが上位を占めた。

白鵬女は、1区2位スタートから2区(4.0975km)の岡本姫渚乃(2年)が13分24秒の区間賞でトップに躍り出ると、3区からその座をキープ。5区(5.0km)のジェシエンタ・ニョカビ(1年)が区間賞の力走で締めくくり、10年ぶりの関東女王に輝いた

2位は成田(千葉)で1時間9分19秒。1区は6位発進だったが、3区・鈴木優菜(3年)の区間タイ(9分26秒)、4区・長島奈南(3年)の区間賞で追い上げ、見せ場を作った。1区・小川陽香(3年)の区間賞で波に乗った順天(東京)が1時間10分09秒で3位に続いた。

広告の下にコンテンツが続きます
関東高校駅伝は11月19日、茨城県ひたちなか市総合運動公園陸上競技場周回コースで行われ、男子(7区間42.195km)は埼玉栄(埼玉)が激戦を制し、2時間3分36秒の大会新記録で5年ぶり20回目の関東王者に。女子(5区間21.0975km)は白鵬女(神奈川)が10年ぶり3回目の優勝を飾った。 埼玉栄は、ハイレベルなレースの中で安定感が光った。1区(10km)で小山翔也(3年)が29分26秒の区間賞とまず先手を奪う。2区以降は城西(東京)、八千代松陰(千葉)がトップに立つ中でその背中を追う展開。その中で5区(3km)の吉田黎大(3年)が8分33秒で区間賞、6区(5km)の吉田蔵之介(3年)は14分23秒の区間新(区間賞)と相次ぐ快走で首位を奪還した。そして、アンカー・佐藤大介(2年)も14分29秒の区間新記録(区間2位)で走破して逃げ切り、節目の20回目の優勝を飾った。 埼玉栄から5秒差の2位に入った八千代松陰も、2時間3分41秒の大会新をマークした。1区10位スタートから、3区(8.1075km)で国体少年B3000m優勝の1年生・鈴木琉胤が6位から一気にトップに立つ区間賞の快走。4区(8.0875km)の小河原陽琉(2年)も連続区間賞で続き、一時は独走態勢に持ち込む強さを見せた。 3位の城西も2時間4分43秒の好タイム。2時間5分10秒で4位の東農大二(群馬)、2時間6分10秒で5位の水城(茨城)を含め、全国高校駅伝出場を決めたチームが上位を占めた。 白鵬女は、1区2位スタートから2区(4.0975km)の岡本姫渚乃(2年)が13分24秒の区間賞でトップに躍り出ると、3区からその座をキープ。5区(5.0km)のジェシエンタ・ニョカビ(1年)が区間賞の力走で締めくくり、10年ぶりの関東女王に輝いた 2位は成田(千葉)で1時間9分19秒。1区は6位発進だったが、3区・鈴木優菜(3年)の区間タイ(9分26秒)、4区・長島奈南(3年)の区間賞で追い上げ、見せ場を作った。1区・小川陽香(3年)の区間賞で波に乗った順天(東京)が1時間10分09秒で3位に続いた。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.02.28

【第100回箱根駅伝】出場全230人の証言~国士大~山本雷我「主将の走りができた」生駒直幸「チームを統率していく」

記念すべき第100回目の箱根駅伝に出場した23チームの、出走全230人にアンケートを実施。出走した選手たちの声を刻みます! 【アンケート項目】 (1)大会を終えての感想、コースの攻略法など (2)今だから話せる裏話 (3 […]

NEWS 【連載】上田誠仁コラム雲外蒼天/第42回「スポーツの世界における“矛と盾”~切磋琢磨の末に生まれる新時代の息吹~」

2024.02.28

【連載】上田誠仁コラム雲外蒼天/第42回「スポーツの世界における“矛と盾”~切磋琢磨の末に生まれる新時代の息吹~」

山梨学大の上田誠仁顧問の月陸Online特別連載コラム。これまでの経験や感じたこと、想いなど、心のままに綴っていただきます! 第42回「スポーツの世界における“矛と盾”~切磋琢磨の末に生まれる新時代の息吹~」 矛盾という […]

NEWS 「愛情たっぷりの宮古島大学駅伝に行って来ました!」”元祖駅伝好きアイドル”西村菜那子の陸上日記特別編

2024.02.28

「愛情たっぷりの宮古島大学駅伝に行って来ました!」”元祖駅伝好きアイドル”西村菜那子の陸上日記特別編

みなさんこんにちは! 西村菜那子です。月陸Onlineさんでは以前連載コラムを担当させていただいました。コラムを書かせていただくのは、なんと2021年の9月ぶり。約2年半ぶりに担当させていただきます! 2月11日に、宮古 […]

NEWS 【高校生FOCUS】男子中距離・落合晃(滋賀学園高)800mで世界を目指す

2024.02.28

【高校生FOCUS】男子中距離・落合晃(滋賀学園高)800mで世界を目指す

FOCUS! 高校生INTERVIEW 落合 晃  Ochiai Ko 滋賀学園高2滋賀 注目高校アスリートをフォーカスして紹介するコーナー!今回は、男子中距離の落合晃選手(滋賀学園高2年滋賀)です。昨年のインターハイ8 […]

NEWS 日本男子長距離界のホープも絶賛! アシックスのレーシングシューズ「METASPEED」がさらに進化

2024.02.28

日本男子長距離界のホープも絶賛! アシックスのレーシングシューズ「METASPEED」がさらに進化

アシックスは、トップアスリート向けの新レーシングシューズ「METASPEED」シリーズの最新作「METASPEED SKY PARIS」、「METASPEED EDGE PARIS」を発表した。 28日、都内で行われたメ […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年1月号 (12月14日発売)

2024年1月号 (12月14日発売)

豪華付録!
箱根駅伝ガイド、高校駅伝展望

page top