HOME 高校

2022.11.20

九州学院2年ぶりV「熊本3位」の悔しさ晴らす!女子は神村学園が逆転で6連覇/全九州高校駅伝

全九州高校駅伝が11月19日、鹿児島県指宿市の同市営陸上競技場を発着点に行われ、男子(7区間42.195km)は九州学院(熊本)が2時間6分52秒で2年ぶりに優勝した。女子(5区間21.0975km)は神村学園(鹿児島)が1時間8分26秒で6連覇を達成した。

男子は、1区はインターハイ1500m5位入賞の大牟田(福岡)・谷本昂士郎(2年)が29分50秒で区間賞を獲得。九州学院(熊本)の永本脩(3年)が4秒差で続き、さらに6秒差で大分東明(大分)の松井一(2年)が3位に続いた。福岡県大会で全国初出場を決めた福岡一の舩津類生(2年)も30分05秒で4位。15秒以内に4校が中継する。

九州学院は2区の岩根正悟(2年)が逆転して首位に立ち、大牟田が2位。さらに北山(沖縄)の湧川辰哉(2年)が6位から3位に押し上げ、小林(宮崎)も同タイムでタスキを渡す接戦となり、2秒差に宮崎日大(宮崎)、さらに3秒差に大分東明と混戦の中継となった。

3区に入ると大牟田の山口翔輝(2年)が再びトップに。4区では大分東明のダニエル・ディリツ(3年)が逆転と、めまぐるしく首位が入れ替わる展開に。

その中で常に2位をキープしていた九州学院が、6区で待望の首位返り咲き。そのまま逃げ切り、熊本県大会3位で19年連続の全国出場を逃した悔しさを晴らした。

10秒差の2時間7分02秒で大分東明が2位。九州学院と同じく都大路出場を逃した大牟田が、2時間7分13秒で3位となった。

女子は、1区は昨年の全国高校駅伝1区4位の北九州市立(福岡)・野田真理耶(3年)を中心に展開。福岡県大会で北九州市立を破って3年ぶりの全国出場を決めた筑紫女学園(福岡)は、エースの松本明莉(3年)を3区に配し、県大会でアンカーを走った福山光(2年)を1区に起用した。昨年全国3位の神村学園(鹿児島)は、県大会と同じく田島愛梨(3年)が1区を担当。区間賞は19分20秒で北九州市立の野田が獲得し、14秒差で筑紫女学園・福山が2位、その4秒後に神村学園・田島が続いた。

2区では、筑紫女学園の金森詩絵菜(1年)が14分10秒で区間賞を獲得してトップへ。神村学園の上野優月(3年)も同タイムで区間賞となり、2位に浮上した。

3、4区も筑紫女学園がトップを守ったが、最終5区で神村学園が底力を発揮。4秒差でスタートしたカリバ・カロライン(2年)が一気に逆転すると、そのまま2位に1分以上の差をつける快走を見せ、節目の10回目の優勝を飾った。

筑紫女学園は1時間9分29秒で2位を確保。北九州市立が1時間11分21秒で3位を占めた。

全九州高校駅伝が11月19日、鹿児島県指宿市の同市営陸上競技場を発着点に行われ、男子(7区間42.195km)は九州学院(熊本)が2時間6分52秒で2年ぶりに優勝した。女子(5区間21.0975km)は神村学園(鹿児島)が1時間8分26秒で6連覇を達成した。 男子は、1区はインターハイ1500m5位入賞の大牟田(福岡)・谷本昂士郎(2年)が29分50秒で区間賞を獲得。九州学院(熊本)の永本脩(3年)が4秒差で続き、さらに6秒差で大分東明(大分)の松井一(2年)が3位に続いた。福岡県大会で全国初出場を決めた福岡一の舩津類生(2年)も30分05秒で4位。15秒以内に4校が中継する。 九州学院は2区の岩根正悟(2年)が逆転して首位に立ち、大牟田が2位。さらに北山(沖縄)の湧川辰哉(2年)が6位から3位に押し上げ、小林(宮崎)も同タイムでタスキを渡す接戦となり、2秒差に宮崎日大(宮崎)、さらに3秒差に大分東明と混戦の中継となった。 3区に入ると大牟田の山口翔輝(2年)が再びトップに。4区では大分東明のダニエル・ディリツ(3年)が逆転と、めまぐるしく首位が入れ替わる展開に。 その中で常に2位をキープしていた九州学院が、6区で待望の首位返り咲き。そのまま逃げ切り、熊本県大会3位で19年連続の全国出場を逃した悔しさを晴らした。 10秒差の2時間7分02秒で大分東明が2位。九州学院と同じく都大路出場を逃した大牟田が、2時間7分13秒で3位となった。 女子は、1区は昨年の全国高校駅伝1区4位の北九州市立(福岡)・野田真理耶(3年)を中心に展開。福岡県大会で北九州市立を破って3年ぶりの全国出場を決めた筑紫女学園(福岡)は、エースの松本明莉(3年)を3区に配し、県大会でアンカーを走った福山光(2年)を1区に起用した。昨年全国3位の神村学園(鹿児島)は、県大会と同じく田島愛梨(3年)が1区を担当。区間賞は19分20秒で北九州市立の野田が獲得し、14秒差で筑紫女学園・福山が2位、その4秒後に神村学園・田島が続いた。 2区では、筑紫女学園の金森詩絵菜(1年)が14分10秒で区間賞を獲得してトップへ。神村学園の上野優月(3年)も同タイムで区間賞となり、2位に浮上した。 3、4区も筑紫女学園がトップを守ったが、最終5区で神村学園が底力を発揮。4秒差でスタートしたカリバ・カロライン(2年)が一気に逆転すると、そのまま2位に1分以上の差をつける快走を見せ、節目の10回目の優勝を飾った。 筑紫女学園は1時間9分29秒で2位を確保。北九州市立が1時間11分21秒で3位を占めた。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.13

円盤投全国トップの田窪一翔 100m10秒5台の畠中とマルティネスの対決 走幅跳全国4位の山崎りりや登場/IH四国

福岡インターハイ(7月28日~8月1日)を懸けた地区大会が6月に各地で行われる。 インターハイ四国地区大会は6月15日から17日までの3日間、高知県の春野総合運動公園陸上競技場で開かれる。 男子の注目種目は円盤投。田窪一 […]

NEWS 五輪目指す栁田大輝が日本選手権前ラストレース やり投・清川と巖の80mスロワー対決、女子は山本亜美山形愛羽が登場/日本学生個人

2024.06.13

五輪目指す栁田大輝が日本選手権前ラストレース やり投・清川と巖の80mスロワー対決、女子は山本亜美山形愛羽が登場/日本学生個人

“学生ナンバーワン”を決める日本学生個人選手権が6月14日(金)から16日(日)までの3日間、神奈川・レモンガススタジアム平塚で行われる。学校対抗のインカレとは違った趣のナンバーワン決定戦。注目の選手たちを見ていこう。 […]

NEWS インゲブリグトセン大会新で1500mも完勝「今大会の走りに満足」 女子走幅跳ミハンボ7m22 デュプランティス金/欧州選手権

2024.06.13

インゲブリグトセン大会新で1500mも完勝「今大会の走りに満足」 女子走幅跳ミハンボ7m22 デュプランティス金/欧州選手権

◇欧州選手権(6月7日~12日/イタリア・ローマ) 6月12日、欧州選手権の最終日が行われ、男子1500mでは東京五輪金メダルのヤコブ・インゲブリグトセン(ノルウェー)が3分31秒95で優勝した。 前回大会で自らが作った […]

NEWS 100mは小澤斗維が向かい風1.8mで10秒58!北海道栄4継は40秒10 女子100mは山崎心愛が11秒78でV2/IH北海道

2024.06.13

100mは小澤斗維が向かい風1.8mで10秒58!北海道栄4継は40秒10 女子100mは山崎心愛が11秒78でV2/IH北海道

◇インターハイ北海道地区大会(6月11~14日/旭川市花咲スポーツ公園陸上競技場)2日目 福岡インターハイを懸けた北海道地区大会の2日目が行われ、男女短距離で好記録が誕生した。 男子100mは小澤斗維(北海道栄3)が向か […]

NEWS 【トレーニング講座】走高跳(2024年7月号)

2024.06.13

【トレーニング講座】走高跳(2024年7月号)

月刊陸上競技で連載している「トレーニング講座」。種目ごとに全国の指導者の方々にご執筆いただいています! 月刊陸上競技2024年7月号の「走高跳」で掲載されている練習動画はこちらをチェック! https://youtu.b […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top