HOME 国内、大学

2022.11.29

グローバルアスリート育成へ!立命館大×アシックス×プログリット「Ritsumeikan-Global Athlete Program」始動!
グローバルアスリート育成へ!立命館大×アシックス×プログリット「Ritsumeikan-Global Athlete Program」始動!

左から立命館大学の仲谷善雄学長、アシックスジャパン社の小林淳二社長、プログリット社の岡田祥吾社長、川元莉々輝、松尾季奈、岩田駿亮(写真/立命館大学提供)

立命館大学は11月29日、アシックスジャパン株式会社、英語コーチング「プログリット(PROGRIT)」を展開している株式会社プログリットと連携し、学生アスリートの英語力向上と世界最高峰のスポーツ教育を体験する「Ritsumeikan-Global Athlete Program」を始動することを発表した。

男女陸上競技部をはじめ重点強化クラブ7部から、指導者の推薦があった応募者から選抜された3名が、第1期生としてプログラムを受講する。

選ばれたのは男子陸上競技部主将で日本インカレ男子十種競技2連覇中の川元莉々輝(3年)、女子陸上競技部前主将の松尾季奈(4年)、ラグビー部学生ストレングス&コンディショニングコーチの岩田駿亮(3年)の3名。

立命館大学の仲谷善雄学長は、「世界で活躍し、将来の日本スポーツ界を担う人材を育成することを目的に始動することになりました」とプログラムの趣旨を説明。3人の選考理由については、「高い意識を持って、世界に挑戦する明確な意志があること。また、そういうレベルの選手である」と説明した。

「多様な学びの機会の創造」を目指す立命館大学は、1983年に総合スポーツ政策を策定するなど、早くから、「スポーツを学びと成長の場」(仲谷学長)と捉えるなど重要な位置づけとしてきた。

その中で、2017年にはアシックスジャパンと包括的交流連携協定を締結。人材育成・交流、社会貢献活動の促進、研究・開発の高度化など、「未来人材を育成するというビジョンが合致し、立命館大学とアシックスだからこそできることを、地域を巻き込んでやってきました」と同社の小林淳二社長は話す。

今回のプログラムは、その取り組みの一環。2021年に学校法人立命館における職員の英語力向上について連携していたプログリット社の協力を得て、実現に至ったという。同社の岡田祥吾社長は、「英語ができないことが一つの原因になって、自身のパフォーマンス、潜在能力を発揮でない選手がいます。世界を常に選択肢に入れて活動するグローバルアスリートが生まれてほしい」と思いを語った。

両社とともにこのプログラムで目指すのは、「世界で活躍し、スポーツ界の未来を切り拓くイノベーション人材の育成」だ。

第1期のプログラム期間は2022年12月から23年3月末までで、最初の段階として目標設定、課題認識など動機づけを目的とした事前研修からスタートする。

次に、海外挑戦の障壁になりがちな英語を身につけるためにプログリットを受講。そして、3月には米国フロリダ州への短期留学を行う。そこでは、プロテニスプレイヤーの錦織圭も学んだIMGアカデミーに1週間滞在し、同校が開発した「アスリート&パーソナル・デベロップメント・プログラム」を体験。また、フロリダ州立大学の見学や、学生との交流も予定されている。

「グローバルアスリート」への第一歩に臨む3人は、それぞれ次のように抱負を述べた。

「海外で活躍するために、試合だけでなく、練習拠点にするということを考えていたので、今回のプログラムのことを聞いて、『ここや!』と思って応募しました。IMGに行くことも楽しみですが、英語を学べることが楽しみ。期間は限られているので、自分からつかみにいくという姿勢で臨みたいです」と川元。来年は日本インカレの3連覇や、ワールドユニバーシティゲームズ出場を目指していく。

「海外でトレーニングをしたいという思いはずっとありましたが、費用面など学生には簡単にできません。その機会を与えていただいたことに感謝しています。海外に行きたいという思いが先にあり、そのためには英語力が必要。新しいことにチャレンジして、いろいろなことを発見し、グルーバルな選手になれるようにがんばります」と松尾。卒業後はフレスコに所属し、個人やリレーで世界を目指していく。

岩田も「同世代の人とアメリカで学べることにワクワクしています。アメリカというスポーツ科学の最先端の現場を肌で感じて、いろいろなことを吸収したい。将来は海外を拠点に活動することも視野に入れているので、基礎汰なる英語力を身につけたいです」と話した。

立命館大学は11月29日、アシックスジャパン株式会社、英語コーチング「プログリット(PROGRIT)」を展開している株式会社プログリットと連携し、学生アスリートの英語力向上と世界最高峰のスポーツ教育を体験する「Ritsumeikan-Global Athlete Program」を始動することを発表した。 男女陸上競技部をはじめ重点強化クラブ7部から、指導者の推薦があった応募者から選抜された3名が、第1期生としてプログラムを受講する。 選ばれたのは男子陸上競技部主将で日本インカレ男子十種競技2連覇中の川元莉々輝(3年)、女子陸上競技部前主将の松尾季奈(4年)、ラグビー部学生ストレングス&コンディショニングコーチの岩田駿亮(3年)の3名。 立命館大学の仲谷善雄学長は、「世界で活躍し、将来の日本スポーツ界を担う人材を育成することを目的に始動することになりました」とプログラムの趣旨を説明。3人の選考理由については、「高い意識を持って、世界に挑戦する明確な意志があること。また、そういうレベルの選手である」と説明した。 「多様な学びの機会の創造」を目指す立命館大学は、1983年に総合スポーツ政策を策定するなど、早くから、「スポーツを学びと成長の場」(仲谷学長)と捉えるなど重要な位置づけとしてきた。 その中で、2017年にはアシックスジャパンと包括的交流連携協定を締結。人材育成・交流、社会貢献活動の促進、研究・開発の高度化など、「未来人材を育成するというビジョンが合致し、立命館大学とアシックスだからこそできることを、地域を巻き込んでやってきました」と同社の小林淳二社長は話す。 今回のプログラムは、その取り組みの一環。2021年に学校法人立命館における職員の英語力向上について連携していたプログリット社の協力を得て、実現に至ったという。同社の岡田祥吾社長は、「英語ができないことが一つの原因になって、自身のパフォーマンス、潜在能力を発揮でない選手がいます。世界を常に選択肢に入れて活動するグローバルアスリートが生まれてほしい」と思いを語った。 両社とともにこのプログラムで目指すのは、「世界で活躍し、スポーツ界の未来を切り拓くイノベーション人材の育成」だ。 第1期のプログラム期間は2022年12月から23年3月末までで、最初の段階として目標設定、課題認識など動機づけを目的とした事前研修からスタートする。 次に、海外挑戦の障壁になりがちな英語を身につけるためにプログリットを受講。そして、3月には米国フロリダ州への短期留学を行う。そこでは、プロテニスプレイヤーの錦織圭も学んだIMGアカデミーに1週間滞在し、同校が開発した「アスリート&パーソナル・デベロップメント・プログラム」を体験。また、フロリダ州立大学の見学や、学生との交流も予定されている。 「グローバルアスリート」への第一歩に臨む3人は、それぞれ次のように抱負を述べた。 「海外で活躍するために、試合だけでなく、練習拠点にするということを考えていたので、今回のプログラムのことを聞いて、『ここや!』と思って応募しました。IMGに行くことも楽しみですが、英語を学べることが楽しみ。期間は限られているので、自分からつかみにいくという姿勢で臨みたいです」と川元。来年は日本インカレの3連覇や、ワールドユニバーシティゲームズ出場を目指していく。 「海外でトレーニングをしたいという思いはずっとありましたが、費用面など学生には簡単にできません。その機会を与えていただいたことに感謝しています。海外に行きたいという思いが先にあり、そのためには英語力が必要。新しいことにチャレンジして、いろいろなことを発見し、グルーバルな選手になれるようにがんばります」と松尾。卒業後はフレスコに所属し、個人やリレーで世界を目指していく。 岩田も「同世代の人とアメリカで学べることにワクワクしています。アメリカというスポーツ科学の最先端の現場を肌で感じて、いろいろなことを吸収したい。将来は海外を拠点に活動することも視野に入れているので、基礎汰なる英語力を身につけたいです」と話した。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.14

【大会結果】日本学生個人選手権(2024年6月14~16日)

【大会結果】日本学生個人選手権(2024年6月14~16日/神奈川・平塚、ハンマー投のみ東海大) ●男子 100m   200m   400m   800m   1500m  東秀太(広島経大3)  3分49秒40 50 […]

NEWS 100mH関東インカレVの髙橋亜珠が“2冠”男子も筑波大・樋口隼人が制す/日本学生個人

2024.06.14

100mH関東インカレVの髙橋亜珠が“2冠”男子も筑波大・樋口隼人が制す/日本学生個人

◇日本学生個人選手権(6月14日~16日/神奈川・レモンガススタジアム平塚)1日目 “学生ナンバーワン”を決める日本学生個人選手権の1日目が行われ、女子100mハードルは髙橋亜珠(筑波大)が13秒35(+0.3)をマーク […]

NEWS パリ五輪出場資格獲得条件の世界ランキングが更新 欧州選手権の結果を受け、1万m葛西潤、100mH寺田明日香らが圏外に

2024.06.14

パリ五輪出場資格獲得条件の世界ランキングが更新 欧州選手権の結果を受け、1万m葛西潤、100mH寺田明日香らが圏外に

今夏のパリ五輪出場資格の獲得条件となる世界陸連(WA)のワールドランキング(Road to Paris)が更新された。6月7日~12日に行われた欧州選手権の結果が反映され、各種目で日本人が順位を落としている。 パリ五輪の […]

NEWS 久保凛1500mで自己新V!4分19秒11で「近畿をしっかりと勝ち切れて良かった」/IH近畿

2024.06.14

久保凛1500mで自己新V!4分19秒11で「近畿をしっかりと勝ち切れて良かった」/IH近畿

◇インターハイ近畿地区大会(6月13~16日/大阪市・ヤンマースタジアム長居、ヤンマーフィールド長居)2日目 福岡インターハイを懸けた近畿地区大会の2日目が行われ、女子1500mは上位3人が4分20秒を切るハイレベルのな […]

NEWS U20日本選手権エントリー発表 8月のU20世界選手権を目指して有力選手集結 若菜敬、川口峻太朗、髙橋亜珠、林美希ら登録

2024.06.14

U20日本選手権エントリー発表 8月のU20世界選手権を目指して有力選手集結 若菜敬、川口峻太朗、髙橋亜珠、林美希ら登録

日本陸連は6月14日、第40回U20日本選手権(6月27日~30日/新潟・デンカビッグスワンスタジアム)エントリーリストの暫定版を発表した。 今回のU20日本選手権はU20世界選手権(8月27日~31日/ペルー・リマ)の […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top