HOME 国内

2022.11.26

羽生拓矢1万m日本歴代4位の27分27秒49 自己ベストを45秒も更新「安定したペースで走ることができた」/八王子LD
羽生拓矢1万m日本歴代4位の27分27秒49 自己ベストを45秒も更新「安定したペースで走ることができた」/八王子LD

◇八王子ロングディスタンス2022(11月26日/東京・町田GIONスタジアム)

男子10000mで羽生拓矢(トヨタ紡織)が総合12位ながら、日本歴代4位の27分27秒49をマーク。10月上旬の中部実業団選手権で出した自己記録(28分12秒68)を一気に45秒と大幅更新した。レースはキプラガット・エマヌエル(三菱重工)が大会新記録の27分07秒59で制した。

羽生の出場した7組は実業団勢の外国籍選手が多数参戦。先頭は1000m2分45秒、3000m8分13秒で通過する。その辺りで外国人選手がペースアップ。羽生らの日本人集団はやや離れてレースを進めた。羽生は5000mを13分49秒で通過すると、6000m16分34秒、7000m19分20秒、8000m22分05秒と2分45~47秒の安定したペースを刻む。終盤もペースは落ちず、9000mまでの1000mを2分44秒、ラスト1000mは2分38秒でカバーした。

自身初の10000m27分台が、いきなり日本歴代上位入りとなった羽生。インタビューで「条件が良いと聞いていたので、記録を出すことへのプレッシャーも少しあったが、安定したペースで走ることができた。ニューイヤー駅伝に向けて一段と力をつけていきたい」と話した。

25歳の羽生は千葉県出身。印西中時代は3年時のジュニア五輪3000mで2位に入った実績を持つ。八千代松陰高でも活躍し、5000mでは高1最高(当時)の14分00秒55をマーク。2年時には13分52秒98と短縮した。全国高校駅伝では1年時に3区を務め区間2位。3年時は1区で2位の成績を収めた。

東海大時代は箱根駅伝に一度も出走することなく、満足する結果を出せなかったものの、実業団に入って復活。20年には10000mで28分20秒10、昨年は5000mで13分28秒82の自己新を出していた。

羽生の記録で、2001年5月から15年11月まで日本記録として残っていた高岡寿成(カネボウ/現・Kao監督)の27分35秒09が歴代11位となった。

■男子10000m日本歴代10傑
27.18.75 相澤  晃(旭化成)    2020.12. 4
27.23.44 田澤  廉(駒大3)    2021.12. 4
27.25.73 伊藤 達彦(Honda)     2020.12. 4
27.27.49 羽生 拓矢(トヨタ紡織)  2022.11.26
27.28.92 田村 和希(住友電工)   2020.12. 4
27.29.69 村山 紘太(旭化成)    2015.11.28
27.29.74 鎧坂 哲哉(旭化成)    2015.11.28
27.31.27 清水 歓太(SUBARU) 2022. 3. 6
27.33.13 太田 智樹(トヨタ自動車) 2021.11.27
27.34.86 河合 代二(トーエネック) 2020.12. 4

◇八王子ロングディスタンス2022(11月26日/東京・町田GIONスタジアム) 男子10000mで羽生拓矢(トヨタ紡織)が総合12位ながら、日本歴代4位の27分27秒49をマーク。10月上旬の中部実業団選手権で出した自己記録(28分12秒68)を一気に45秒と大幅更新した。レースはキプラガット・エマヌエル(三菱重工)が大会新記録の27分07秒59で制した。 羽生の出場した7組は実業団勢の外国籍選手が多数参戦。先頭は1000m2分45秒、3000m8分13秒で通過する。その辺りで外国人選手がペースアップ。羽生らの日本人集団はやや離れてレースを進めた。羽生は5000mを13分49秒で通過すると、6000m16分34秒、7000m19分20秒、8000m22分05秒と2分45~47秒の安定したペースを刻む。終盤もペースは落ちず、9000mまでの1000mを2分44秒、ラスト1000mは2分38秒でカバーした。 自身初の10000m27分台が、いきなり日本歴代上位入りとなった羽生。インタビューで「条件が良いと聞いていたので、記録を出すことへのプレッシャーも少しあったが、安定したペースで走ることができた。ニューイヤー駅伝に向けて一段と力をつけていきたい」と話した。 25歳の羽生は千葉県出身。印西中時代は3年時のジュニア五輪3000mで2位に入った実績を持つ。八千代松陰高でも活躍し、5000mでは高1最高(当時)の14分00秒55をマーク。2年時には13分52秒98と短縮した。全国高校駅伝では1年時に3区を務め区間2位。3年時は1区で2位の成績を収めた。 東海大時代は箱根駅伝に一度も出走することなく、満足する結果を出せなかったものの、実業団に入って復活。20年には10000mで28分20秒10、昨年は5000mで13分28秒82の自己新を出していた。 羽生の記録で、2001年5月から15年11月まで日本記録として残っていた高岡寿成(カネボウ/現・Kao監督)の27分35秒09が歴代11位となった。 ■男子10000m日本歴代10傑 27.18.75 相澤  晃(旭化成)    2020.12. 4 27.23.44 田澤  廉(駒大3)    2021.12. 4 27.25.73 伊藤 達彦(Honda)     2020.12. 4 27.27.49 羽生 拓矢(トヨタ紡織)  2022.11.26 27.28.92 田村 和希(住友電工)   2020.12. 4 27.29.69 村山 紘太(旭化成)    2015.11.28 27.29.74 鎧坂 哲哉(旭化成)    2015.11.28 27.31.27 清水 歓太(SUBARU) 2022. 3. 6 27.33.13 太田 智樹(トヨタ自動車) 2021.11.27 27.34.86 河合 代二(トーエネック) 2020.12. 4

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.05.25

女子やり投・篠田佳奈が自己新V 57m63で堂々3連覇 「60m近くの感触があった」/関西IC

◇第101回関西インカレ(5月22日~25日/京都・たけびしスタジアム京都) 関西インカレのT&Fの部3日目が行われ、女子やり投で4年生の篠田佳奈(京大)が4投目に57m63の自己ベストを投げ大会3連覇を飾った。 昨年は […]

NEWS サニブラウン主催「DAWN GAMES」本格始動!小中高100m大会、6月に東西で予選

2024.05.24

サニブラウン主催「DAWN GAMES」本格始動!小中高100m大会、6月に東西で予選

男子100m2大会連続世界選手権ファイナリストのサニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ)と契約するマネジメント会社UDN SPORTSは、小中高生を対象とした100mの競技会「DAWN GAMES(ドーンゲームス)」を開 […]

NEWS 編集部コラム「音楽と運動」

2024.05.24

編集部コラム「音楽と運動」

毎週金曜日更新!? ★月陸編集部★ 攻め(?)のアンダーハンド リレーコラム🔥 毎週金曜日(できる限り!)、月刊陸上競技の編集部員がコラムをアップ! 陸上界への熱い想い、日頃抱いている独り言、取材の裏話、どーでもいいこと […]

NEWS 【選手名鑑】髙橋 和生

2024.05.24

【選手名鑑】髙橋 和生

髙橋 和生 TAKAHASHI KAZUKI ADワークスグループ 1996年6月17日 水沢中(岩手)→花巻北高(岩手)→早大 20kmW:1.19.01(24年) ■代表歴 オリンピック(24パリ) 【年度別ベスト】 […]

NEWS 【選手名鑑】鈴木 優花

2024.05.24

【選手名鑑】鈴木 優花

鈴木 優花 SUZUKI YUKA SNS: 第一生命グループ 1999年9月14日 中仙中(秋田)→大曲高(秋田)→大東大 自己ベスト 5000m:15.30.14(22年) 10000m:31.37.88(19年) […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年6月号 (5月14日発売)

2024年6月号 (5月14日発売)

別冊付録学生駅伝ガイド

page top