HOME 駅伝、箱根駅伝

2022.11.26

第99回箱根駅伝開催が正式決定!沿道ではマスク着用と距離の確保、声出し応援控えるよう求める 観戦マナーにも注意喚起
第99回箱根駅伝開催が正式決定!沿道ではマスク着用と距離の確保、声出し応援控えるよう求める 観戦マナーにも注意喚起

関東学生陸上競技連盟は11月26日、第99回箱根駅伝を予定通り2023年1月2日~3日に開催することを発表した。

また、過去2大会では沿道での観戦・応援について、加盟大学や関係者には自粛を要請。一般の人やファンには『応援したいから、応援に行かない。』というキャッチフレーズを作って「テレビなどを通しての応援」をお願いしてきた。

今回も引き続き十分な感染症対策を講じたうえで、マスク着用や周囲との距離の確保、声を出しての応援を控えるなど「観戦・応援に関するお願い」を提示した。

出場校には公認応援団の活動以外での大学名の掲出(のぼり、横断幕、小旗など)を控えるよう求める。

また、地域住民や公共交通機関、商業施設等に対する安全と環境を阻害する行為があった場合には、当該チームに相応の罰則が与えられる場合があるという。

■第99回東京箱根間往復大学駅伝競走 沿道での観戦・応援に関するお願い(全文)

謹啓 晩秋の候、各位におかれましては益々ご清祥のこととお慶び申し上げます。
さて、本連盟では 2023 年1 月2 日(月)~3 日(火)に第99 回東京箱根間往復大学駅伝競走
を開催する運びとなりました。
標記大会は、公益財団法人日本陸上競技連盟が策定した「陸上競技活動開催のガイダンス」
「ロードレース開催についてのガイダンス」および別途定められた新型コロナウイルス
感染症感染防止対策等の諸連絡等を基に、十分な感染症対策を行いながらの開催となり
ますので、下記要請事項を遵守していただきますようお願い申し上げます。
なお、今後の感染拡大状況等によっては、大会を中止する場合もございます。
皆様のご理解、ご協力を賜りますよう何卒よろしくお願い申し上げます。
謹白
【沿道での観戦・応援に関するお願い】
・沿道で観戦、応援をする際はマスクを着用し、周囲との距離を確保してください。
また、声を出しての応援は控えてください。
・本連盟が認めた出場校公認応援団の活動以外での大学名の掲出はご遠慮ください。
のぼり、横断幕、小旗、タオルの掲出、法被など統一した衣類などを対象とします。
・地域住民、公共交通機関、商業施設等に対する安全と環境を阻害する行為・迷惑行為
が見受けられた場合には、当該チームに相応の罰則を与える場合がございます。

関東学生陸上競技連盟は11月26日、第99回箱根駅伝を予定通り2023年1月2日~3日に開催することを発表した。 また、過去2大会では沿道での観戦・応援について、加盟大学や関係者には自粛を要請。一般の人やファンには『応援したいから、応援に行かない。』というキャッチフレーズを作って「テレビなどを通しての応援」をお願いしてきた。 今回も引き続き十分な感染症対策を講じたうえで、マスク着用や周囲との距離の確保、声を出しての応援を控えるなど「観戦・応援に関するお願い」を提示した。 出場校には公認応援団の活動以外での大学名の掲出(のぼり、横断幕、小旗など)を控えるよう求める。 また、地域住民や公共交通機関、商業施設等に対する安全と環境を阻害する行為があった場合には、当該チームに相応の罰則が与えられる場合があるという。 ■第99回東京箱根間往復大学駅伝競走 沿道での観戦・応援に関するお願い(全文) 謹啓 晩秋の候、各位におかれましては益々ご清祥のこととお慶び申し上げます。 さて、本連盟では 2023 年1 月2 日(月)~3 日(火)に第99 回東京箱根間往復大学駅伝競走 を開催する運びとなりました。 標記大会は、公益財団法人日本陸上競技連盟が策定した「陸上競技活動開催のガイダンス」 「ロードレース開催についてのガイダンス」および別途定められた新型コロナウイルス 感染症感染防止対策等の諸連絡等を基に、十分な感染症対策を行いながらの開催となり ますので、下記要請事項を遵守していただきますようお願い申し上げます。 なお、今後の感染拡大状況等によっては、大会を中止する場合もございます。 皆様のご理解、ご協力を賜りますよう何卒よろしくお願い申し上げます。 謹白 【沿道での観戦・応援に関するお願い】 ・沿道で観戦、応援をする際はマスクを着用し、周囲との距離を確保してください。 また、声を出しての応援は控えてください。 ・本連盟が認めた出場校公認応援団の活動以外での大学名の掲出はご遠慮ください。 のぼり、横断幕、小旗、タオルの掲出、法被など統一した衣類などを対象とします。 ・地域住民、公共交通機関、商業施設等に対する安全と環境を阻害する行為・迷惑行為 が見受けられた場合には、当該チームに相応の罰則を与える場合がございます。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.14

【大会結果】日本学生個人選手権(2024年6月14~16日)

【大会結果】日本学生個人選手権(2024年6月14~16日/神奈川・平塚、ハンマー投のみ東海大) ●男子 100m   200m   400m   800m   1500m  東秀太(広島経大3)  3分49秒40 50 […]

NEWS 100mH関東インカレVの髙橋亜珠が“2冠”男子も筑波大・樋口隼人が制す/日本学生個人

2024.06.14

100mH関東インカレVの髙橋亜珠が“2冠”男子も筑波大・樋口隼人が制す/日本学生個人

◇日本学生個人選手権(6月14日~16日/神奈川・レモンガススタジアム平塚)1日目 “学生ナンバーワン”を決める日本学生個人選手権の1日目が行われ、女子100mハードルは髙橋亜珠(筑波大)が13秒35(+0.3)をマーク […]

NEWS パリ五輪出場資格獲得条件の世界ランキングが更新 欧州選手権の結果を受け、1万m葛西潤、100mH寺田明日香らが圏外に

2024.06.14

パリ五輪出場資格獲得条件の世界ランキングが更新 欧州選手権の結果を受け、1万m葛西潤、100mH寺田明日香らが圏外に

今夏のパリ五輪出場資格の獲得条件となる世界陸連(WA)のワールドランキング(Road to Paris)が更新された。6月7日~12日に行われた欧州選手権の結果が反映され、各種目で日本人が順位を落としている。 パリ五輪の […]

NEWS 久保凛1500mで自己新V!4分19秒11で「近畿をしっかりと勝ち切れて良かった」/IH近畿

2024.06.14

久保凛1500mで自己新V!4分19秒11で「近畿をしっかりと勝ち切れて良かった」/IH近畿

◇インターハイ近畿地区大会(6月13~16日/大阪市・ヤンマースタジアム長居、ヤンマーフィールド長居)2日目 福岡インターハイを懸けた近畿地区大会の2日目が行われ、女子1500mは上位3人が4分20秒を切るハイレベルのな […]

NEWS U20日本選手権エントリー発表 8月のU20世界選手権を目指して有力選手集結 若菜敬、川口峻太朗、髙橋亜珠、林美希ら登録

2024.06.14

U20日本選手権エントリー発表 8月のU20世界選手権を目指して有力選手集結 若菜敬、川口峻太朗、髙橋亜珠、林美希ら登録

日本陸連は6月14日、第40回U20日本選手権(6月27日~30日/新潟・デンカビッグスワンスタジアム)エントリーリストの暫定版を発表した。 今回のU20日本選手権はU20世界選手権(8月27日~31日/ペルー・リマ)の […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top