HOME 駅伝

2022.11.26

田中希実の実業団駅伝デビューは1区!3区で新谷と廣中が激突!5区は五島、鈴木らが登録/クイーンズ駅伝
田中希実の実業団駅伝デビューは1区!3区で新谷と廣中が激突!5区は五島、鈴木らが登録/クイーンズ駅伝

第42回全日本実業団対抗女子駅伝(クイーンズ駅伝in宮城)は11月27日、宮城県松島町文化観光交流館前スタート、仙台市陸上競技場(弘進ゴムアスリートパーク仙台)フィニッシュの6区間42.195kmで行われ、シード権を得ている前回大会上位8チームと、予選会(プリンセス駅伝in宗像・福津/10月23日)の上位16チームの計24チームが、駅伝女王の座を懸けて争う。

大会前日の11月26日に区間エントリーが行われ、各チームのオーダーが発表。1区、3区、5区を中心に日本を代表するトップランナーが顔をそろえた。

実業団駅伝デビューとなる豊田自動織機の田中希実は1区に登録。今夏のオレゴン世界選手権では800m、1500m、5000mの3種目に挑戦するなど幅広い距離で強さを示してきたが、アップダウンの多い7.6kmのコースでどんな走りを見せるか。

オレゴン世界選手権代表ではマラソン9位のダイハツ・松田瑞生、5000m出場のエディオン・萩谷楓が入り、2019年ドーハ世界選手権代表の資生堂・木村友香、マラソンで進境著しい積水化学・佐藤早也伽、前回区間賞のヤマダホールディングス・岡本春美、JP日本郵政グループのルーキー・和田有菜らを含め、ハイレベルの区間賞争いとなりそうだ。

3区には今年も各チームのエースたちがずらり。注目は10000mの日本記録(30分20秒44)を持つ積水化学・新谷仁美と、10000mで東京五輪7位に入賞したJP日本郵政グループ・廣中璃梨佳の区間賞争い。東京五輪代表組ではマラソンの資生堂・一山麻緒、天満屋・前田穂南、10000mのワコール・安藤友香も入り、9月のベルリン・マラソンで好タイムを出したダイハツ・加世田梨花らも絡んでハイレベルのレースが繰り広げられるだろう。

5区はオレゴン世界選手権10000m代表の資生堂・五島莉乃、東京五輪マラソン代表・鈴木亜由子、10月のロンドン・マラソンで日本歴代8位の2時間21分42秒を出したエディオン・細田あいが区間賞争いの有力候補。ケガなどでブランクのあった17年、19年世界選手権代表の積水化学・鍋島莉奈、15年北京世界選手権マラソン13位のダイハツ・前田彩里らがどんな走りを見せるか。

このほか、東京五輪、オレゴン世界選手権1500m代表の積水化学・卜部蘭は2区、19年ドーハ世界選手権マラソン7位の天満屋・谷本観月は4区、16年リオ五輪10000m代表の資生堂・高島由香はアンカーに入った。

第42回全日本実業団対抗女子駅伝(クイーンズ駅伝in宮城)は11月27日、宮城県松島町文化観光交流館前スタート、仙台市陸上競技場(弘進ゴムアスリートパーク仙台)フィニッシュの6区間42.195kmで行われ、シード権を得ている前回大会上位8チームと、予選会(プリンセス駅伝in宗像・福津/10月23日)の上位16チームの計24チームが、駅伝女王の座を懸けて争う。 大会前日の11月26日に区間エントリーが行われ、各チームのオーダーが発表。1区、3区、5区を中心に日本を代表するトップランナーが顔をそろえた。 実業団駅伝デビューとなる豊田自動織機の田中希実は1区に登録。今夏のオレゴン世界選手権では800m、1500m、5000mの3種目に挑戦するなど幅広い距離で強さを示してきたが、アップダウンの多い7.6kmのコースでどんな走りを見せるか。 オレゴン世界選手権代表ではマラソン9位のダイハツ・松田瑞生、5000m出場のエディオン・萩谷楓が入り、2019年ドーハ世界選手権代表の資生堂・木村友香、マラソンで進境著しい積水化学・佐藤早也伽、前回区間賞のヤマダホールディングス・岡本春美、JP日本郵政グループのルーキー・和田有菜らを含め、ハイレベルの区間賞争いとなりそうだ。 3区には今年も各チームのエースたちがずらり。注目は10000mの日本記録(30分20秒44)を持つ積水化学・新谷仁美と、10000mで東京五輪7位に入賞したJP日本郵政グループ・廣中璃梨佳の区間賞争い。東京五輪代表組ではマラソンの資生堂・一山麻緒、天満屋・前田穂南、10000mのワコール・安藤友香も入り、9月のベルリン・マラソンで好タイムを出したダイハツ・加世田梨花らも絡んでハイレベルのレースが繰り広げられるだろう。 5区はオレゴン世界選手権10000m代表の資生堂・五島莉乃、東京五輪マラソン代表・鈴木亜由子、10月のロンドン・マラソンで日本歴代8位の2時間21分42秒を出したエディオン・細田あいが区間賞争いの有力候補。ケガなどでブランクのあった17年、19年世界選手権代表の積水化学・鍋島莉奈、15年北京世界選手権マラソン13位のダイハツ・前田彩里らがどんな走りを見せるか。 このほか、東京五輪、オレゴン世界選手権1500m代表の積水化学・卜部蘭は2区、19年ドーハ世界選手権マラソン7位の天満屋・谷本観月は4区、16年リオ五輪10000m代表の資生堂・高島由香はアンカーに入った。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.07.15

女子800m衝撃の日本新1分59秒93!久保凛が激走振り返る「タイマーを見たら2分を切れそうだったので、最後は気持ちで走った」

日本の歴史と文化の発祥の地でもある橿原で歴史が動いた。日本女子中距離界の新時代突入を告げる衝撃のレースだった。 7月15日に行われた関西学連第1回長距離強化記録会の女子800mで、久保凛(東大阪大敬愛高2大阪)が快走。同 […]

NEWS 女子400mH・ボルが50秒95!史上2人目の50秒台突入、パリ五輪でのマクローリン・レヴロンとの対決に弾み

2024.07.15

女子400mH・ボルが50秒95!史上2人目の50秒台突入、パリ五輪でのマクローリン・レヴロンとの対決に弾み

7月14日、世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・チャレンジャー大会のレシスプリント国際がラ・ショー・ド・フォン(スイス)で開催され、女子400mハードルではオレゴン世界選手権金メダルのF.ボル(オランダ)が50秒95の […]

NEWS サニブラウンが10秒20!イタリアでチームメイトのジェイコブス、デグラス、謝震業とパリ五輪前調整レースに出場

2024.07.15

サニブラウンが10秒20!イタリアでチームメイトのジェイコブス、デグラス、謝震業とパリ五輪前調整レースに出場

7月14日、イタリア・リエティで行われた競技会の男子100mにサニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ)が出場し、10秒20(+0.9)で4位だった。 同レースには練習拠点とするタンブルウィードTCのチームメイトとともに参 […]

NEWS 清水空跳が衝撃の10秒26!石川県国スポ予選で高1初の10秒2台、高校歴代9位、U18今季世界リスト2位

2024.07.15

清水空跳が衝撃の10秒26!石川県国スポ予選で高1初の10秒2台、高校歴代9位、U18今季世界リスト2位

7月15日に行われた石川県国三スポーツ大会予選会の男子少年B100mで、清水空跳(星稜高1)が10秒26(+1.9)で優勝した。高校1年生としては初の10秒2台に突入する快記録で、高校歴代でも9位にランクインした。 予選 […]

NEWS 久保凛1分59秒93の日本新!!女子800mで日本人初の1分台に突入!

2024.07.15

久保凛1分59秒93の日本新!!女子800mで日本人初の1分台に突入!

7月15日に行われた長距離強化記録会の女子800mで、久保凛(東大阪大敬愛2大阪)が快挙を達成。同種目日本人女子初の2分切りとなる1分59秒93をマークした。 従来の日本記録は杉森美保が2005年の日本選手権で作った2分 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年8月号 (7月12日発売)

2024年8月号 (7月12日発売)

W別冊付録
パリ五輪観戦ガイド&福岡インターハイ完全ガイド

page top