HOME 駅伝

2022.11.26

前回女王・積水化学は1区から佐藤、卜部、新谷の攻撃的布陣!資生堂は5区・五島で16年ぶりVへ!/クイーンズ駅伝
前回女王・積水化学は1区から佐藤、卜部、新谷の攻撃的布陣!資生堂は5区・五島で16年ぶりVへ!/クイーンズ駅伝

第42回全日本実業団対抗女子駅伝(クイーンズ駅伝in宮城)は11月27日、宮城県松島町文化観光交流館前スタート、仙台市陸上競技場(弘進ゴムアスリートパーク仙台)フィニッシュの6区間42.195kmで行われ、シード権を得ている前回大会上位8チームと、予選会(プリンセス駅伝in宗像・福津/10月23日)の上位16チームの計24チームが、駅伝女王の座を懸けて争う。

大会前日の11月26日に区間エントリーが行われ、各チームのオーダーが発表された。

優勝争いと目される「2強」の積水化学は前半重視、資生堂は後半に比重を置いた布陣となった。

連覇を狙う積水化学は、1区・佐藤早也伽、2区・卜部蘭、3区に新谷仁美。同様の布陣だった2年前は2区で首位に立ち、3区で独走態勢を築いている。5区には今年移籍した鍋島莉奈、6区は前回区間賞でVテープを切った佐々木梨七が入り、逃げ切り連覇への備えも万全か。

積水化学と並ぶ「2強」と目される資生堂は、1区に木村友香、3区に東京五輪マラソン8位の一山麻緒、5区にオレゴン世界選手権10000m代表の五島莉乃、6区に高島由香と代表経験者4人をバランス良く配置したが、4区のジュディ・ジェプングティチからの布陣が特に分厚い。前半で積水化学に大差をつけられなければ、創業150周年を飾る逆転Vの可能性は十分にある。

2強に続くと見られるJP日本郵政グループ、ダイハツも前半から上位確保を狙うオーダー。JP日本郵政グループは1区に名城大卒のルーキー・和田有菜、3区にエース・廣中璃梨佳が入り、秋のマラソンで好走した大西ひかり、鈴木亜由子で後半の勝負に備える。

ダイハツは1区にオレゴン世界選手権マラソン9位の松田瑞生を起用。3区に加世田梨花、5区には復活を期す前田彩里が入った。

また、実業団駅伝デビューとして注目を集める豊田自動織機の田中希実は1区に入った。

シードチームのオーダーは以下の通り。

レースは12時15に分スタート。TBS系列で11時50分から生中継される。

■全日本実業団対抗女子駅伝 シードチームオーダー

積水化学
1区 佐藤早也伽
2区 卜部  蘭
3区 新谷 仁美
4区 弟子丸小春
5区 鍋島 莉奈
6区 佐々木梨七

資生堂
1区 木村 友香
2区 佐藤 成葉
3区 一山 麻緒
4区 ジュディ・ジェプングティチ
5区 五島 莉乃
6区 高島 由香

デンソー
1区 池内 彩乃
2区 川北 陽菜
3区 岩出 玲亜
4区 デスタ・ブルカ
5区 小笠原朱里
6区 松本 夢佳

JP日本郵政グループ
1区 和田 有菜
2区 太田 琴菜
3区 廣中璃梨佳
4区 大西ひかり
5区 鈴木亜由子
6区 小坂井智絵

ダイハツ
1区 松田 瑞生
2区 西出 優月
3区 加世田梨花
4区 武田 千捺
5区 前田 彩里
6区 竹本香奈子

ヤマダホールディングス
1区 岡本 春美
2区 清水 真帆
3区 筒井 咲帆
4区 土田 佳奈
5区 加藤詩帆加
6区 荻野 実夕

ユニバーサルエンターテインメント
1区 髙木 結加
2区 白石由佳子
3区 山﨑 夢乃
4区 ナオミ・ムッソーニ
5区 猿見田裕香
6区 中尾有梨沙

ワコール
1区 柴田 来夢
2区 井手 彩乃
3区 安藤 友香
4区 宇都ひなた
5区 柳谷 日菜
6区 坪倉 琴美

第42回全日本実業団対抗女子駅伝(クイーンズ駅伝in宮城)は11月27日、宮城県松島町文化観光交流館前スタート、仙台市陸上競技場(弘進ゴムアスリートパーク仙台)フィニッシュの6区間42.195kmで行われ、シード権を得ている前回大会上位8チームと、予選会(プリンセス駅伝in宗像・福津/10月23日)の上位16チームの計24チームが、駅伝女王の座を懸けて争う。 大会前日の11月26日に区間エントリーが行われ、各チームのオーダーが発表された。 優勝争いと目される「2強」の積水化学は前半重視、資生堂は後半に比重を置いた布陣となった。 連覇を狙う積水化学は、1区・佐藤早也伽、2区・卜部蘭、3区に新谷仁美。同様の布陣だった2年前は2区で首位に立ち、3区で独走態勢を築いている。5区には今年移籍した鍋島莉奈、6区は前回区間賞でVテープを切った佐々木梨七が入り、逃げ切り連覇への備えも万全か。 積水化学と並ぶ「2強」と目される資生堂は、1区に木村友香、3区に東京五輪マラソン8位の一山麻緒、5区にオレゴン世界選手権10000m代表の五島莉乃、6区に高島由香と代表経験者4人をバランス良く配置したが、4区のジュディ・ジェプングティチからの布陣が特に分厚い。前半で積水化学に大差をつけられなければ、創業150周年を飾る逆転Vの可能性は十分にある。 2強に続くと見られるJP日本郵政グループ、ダイハツも前半から上位確保を狙うオーダー。JP日本郵政グループは1区に名城大卒のルーキー・和田有菜、3区にエース・廣中璃梨佳が入り、秋のマラソンで好走した大西ひかり、鈴木亜由子で後半の勝負に備える。 ダイハツは1区にオレゴン世界選手権マラソン9位の松田瑞生を起用。3区に加世田梨花、5区には復活を期す前田彩里が入った。 また、実業団駅伝デビューとして注目を集める豊田自動織機の田中希実は1区に入った。 シードチームのオーダーは以下の通り。 レースは12時15に分スタート。TBS系列で11時50分から生中継される。 ■全日本実業団対抗女子駅伝 シードチームオーダー 積水化学 1区 佐藤早也伽 2区 卜部  蘭 3区 新谷 仁美 4区 弟子丸小春 5区 鍋島 莉奈 6区 佐々木梨七 資生堂 1区 木村 友香 2区 佐藤 成葉 3区 一山 麻緒 4区 ジュディ・ジェプングティチ 5区 五島 莉乃 6区 高島 由香 デンソー 1区 池内 彩乃 2区 川北 陽菜 3区 岩出 玲亜 4区 デスタ・ブルカ 5区 小笠原朱里 6区 松本 夢佳 JP日本郵政グループ 1区 和田 有菜 2区 太田 琴菜 3区 廣中璃梨佳 4区 大西ひかり 5区 鈴木亜由子 6区 小坂井智絵 ダイハツ 1区 松田 瑞生 2区 西出 優月 3区 加世田梨花 4区 武田 千捺 5区 前田 彩里 6区 竹本香奈子 ヤマダホールディングス 1区 岡本 春美 2区 清水 真帆 3区 筒井 咲帆 4区 土田 佳奈 5区 加藤詩帆加 6区 荻野 実夕 ユニバーサルエンターテインメント 1区 髙木 結加 2区 白石由佳子 3区 山﨑 夢乃 4区 ナオミ・ムッソーニ 5区 猿見田裕香 6区 中尾有梨沙 ワコール 1区 柴田 来夢 2区 井手 彩乃 3区 安藤 友香 4区 宇都ひなた 5区 柳谷 日菜 6区 坪倉 琴美

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.18

女子短距離の山中日菜美が地元・滋賀のマリングレイスとスポンサー契約を締結

女子短距離の山中日菜美(滋賀陸協)と株式会社マリングレイスがスポンサー契約を締結したことを発表した。 山中は滋賀県出身の27歳。立命大を経て、大学卒業1年目の2019年には世界リレー代表にも選出された。2022年に実業団 […]

NEWS サニブラウン主宰「DAWN GAMES」東日本予選にもバドミントンの桃田賢斗がゲスト参加!小学校低学年50mも追加

2024.06.18

サニブラウン主宰「DAWN GAMES」東日本予選にもバドミントンの桃田賢斗がゲスト参加!小学校低学年50mも追加

男子100m2大会連続世界選手権ファイナリストでパリ五輪代表に内定しているサニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ)が主宰する小中高生を対象とした100mの競技会「DAWN GAMES(ドーンゲームス)」の東日本エリア予選 […]

NEWS サニブラウン主宰の「DAWN GAMES」西日本予選が開催!約400人が参加、各カテゴリー4人が決勝大会へ

2024.06.18

サニブラウン主宰の「DAWN GAMES」西日本予選が開催!約400人が参加、各カテゴリー4人が決勝大会へ

男子短距離のサニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ)が企画した100mの競技会「DAWN GAMES」の西日本予選が去る6月9日、大阪・ヤンマースタジアム長居で行われた。 この大会は「陸上人口を増やし、層を厚くしたい」「 […]

NEWS 【プレゼント】ニシ・スポーツの 「ジャカードレーシングTシャツ」&「WGレーシングショートタイツ」/2024年7月号

2024.06.18

【プレゼント】ニシ・スポーツの 「ジャカードレーシングTシャツ」&「WGレーシングショートタイツ」/2024年7月号

ニシ・スポーツから新登場した2024年春夏モデルの「HIGH TECH LINE」シリーズが好評だ。 なかでも、機能性を追求した「ジャカードレーシングTシャツ」は、胸・背・脇に配したエアーダクトホール、吸汗速乾性のある素 […]

NEWS 中島佑気ジョセフがバハマで45秒49 シーズンベストで優勝 日本選手権前に弾み

2024.06.18

中島佑気ジョセフがバハマで45秒49 シーズンベストで優勝 日本選手権前に弾み

WAコンチネンタルツアー・チャレンジャーのNACACニューライフ招待が6月16日にバハマで行われ、男子400mに中島佑気ジョセフ(富士通)が出場。45秒49のシーズンベストで優勝した。 中島は、東洋大4年だった昨年の日本 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top