HOME お役立ち情報

2022.11.14

【パパママ応援団】大木暢子さん「間食は栄養を考えてシリアル食品にしています」
【パパママ応援団】大木暢子さん「間食は栄養を考えてシリアル食品にしています」

「子供のがんばりを応援しよう!」「でも、どんなふうにサポートすればいいんだろう……」。

そんな悩みを持つみなさんのために、中学生の子を持つ先輩パパママが陸上選手の親ならではの苦労や悩み、テクニックやノウハウを共有していきます。未来の陸上パパママにバトンをつないでいきましょう!

第5回目は、今年1月にサッカー部から陸上に転身した大木朔君とご家族にご登場いただきました。一体どのようにお子様の活動をサポートしているのでしょうか?

第5回 大木暢子さん/朔君(中3)「間食は栄養を考えてシリアル食品にしています」

家族メモ
母は吹奏楽部出身でスポーツ経験なし。朔君は幼稚園から中2までサッカーに取り組み、今年1月から本格的に陸上の道へ。陸上以外には週3で学習塾に通う。

Q.子供が陸上を始めて良かったと思うこと

自分で決めて始めたことなので、自発的に練習をしている点です。

Q.お子様の食事でのこだわりや気をつけていることは?

血清フェリチン値(貯蔵鉄)が低いので、意識して鉄分を摂取しています。好き嫌いは少なく、よく食べるので作る側としてはありがたいです。試合当日の朝はご飯食にしています。日々の間食は栄養バランスがいいからと、自発的にシリアル食品(写真)に変えました。

Q.洗濯でのこだわり、気をつけていること

汗をたくさんかくので、帰ってきたらすぐに練習着を水につけ、下洗いをしてから洗濯機にかけています。

Q.陸上ならではの大変なこと、悩みは?

スパイク、レーシング用、ジョグ用と、シューズが複数必要なことです。それぞれ消耗するのが早いので、どうしても出費がかさみます……。

Q.陸上の知識はどのようにして学んでいますか。

子供がいろいろな大会の映像を見ているので、一緒に見ることがあります。でも、まだまだ初心者です。

Q.お子様の進路先はどんな風に決めていく予定ですか?

本人が目標をしっかり持っており、陸上主体になりそうです。親としては高校だけでなく、さらにその先(大学)も考えてしまうので、最低限の勉強もがんばってほしいです。

Q.陸上のシューズやウェアはどこで購入していますか。

足の幅が広いので、シューズは必ず店舗で履いてから買うようにしています。以前、ジョグ用のシューズをインターネットショップで買ったのですが、やはり幅が小さかったのか、横から穴が空いたことがありました。

Q.お子様の競技についてアドバイスすることはありますか?その時に気をつけていることは?

競技面についてアドバイスできることはないので、その都度「がんばったね」などと声をかけたり、本人からその日の感想を聞いたりしています。その際に気をつけていることは、なるべく肯定的に受け止めるようにしていることです。

Q.陸上初心者パパママへのアドバイスをお願いします!

中学生にもなると、子供は自分で決めて取り組んでいくようになります。その道が本人にとって良いものになるようにサポートし、見守ってあげましょう!

大木朔 君(KMC陸上クラブ)

種目&自己記録
800m 2分06秒66
1500m 4分15秒85

Q.陸上を始めたきっかけ
走ることが好きだったからです。

Q.陸上に取り組んで良かったと思うこと
走ることが、より好きになったことです。

Q.好きな選手、あこがれの選手は?
三浦龍司選手(順大)

Q.今後の目標
800mで1分台を出すことと、都大路(全国高校駅伝)に出場することです。

※情報は2022年11月14日時点

「子供のがんばりを応援しよう!」「でも、どんなふうにサポートすればいいんだろう……」。 そんな悩みを持つみなさんのために、中学生の子を持つ先輩パパママが陸上選手の親ならではの苦労や悩み、テクニックやノウハウを共有していきます。未来の陸上パパママにバトンをつないでいきましょう! 第5回目は、今年1月にサッカー部から陸上に転身した大木朔君とご家族にご登場いただきました。一体どのようにお子様の活動をサポートしているのでしょうか?

第5回 大木暢子さん/朔君(中3)「間食は栄養を考えてシリアル食品にしています」

家族メモ 母は吹奏楽部出身でスポーツ経験なし。朔君は幼稚園から中2までサッカーに取り組み、今年1月から本格的に陸上の道へ。陸上以外には週3で学習塾に通う。
Q.子供が陸上を始めて良かったと思うこと 自分で決めて始めたことなので、自発的に練習をしている点です。 Q.お子様の食事でのこだわりや気をつけていることは? 血清フェリチン値(貯蔵鉄)が低いので、意識して鉄分を摂取しています。好き嫌いは少なく、よく食べるので作る側としてはありがたいです。試合当日の朝はご飯食にしています。日々の間食は栄養バランスがいいからと、自発的にシリアル食品(写真)に変えました。 Q.洗濯でのこだわり、気をつけていること 汗をたくさんかくので、帰ってきたらすぐに練習着を水につけ、下洗いをしてから洗濯機にかけています。 Q.陸上ならではの大変なこと、悩みは? スパイク、レーシング用、ジョグ用と、シューズが複数必要なことです。それぞれ消耗するのが早いので、どうしても出費がかさみます……。 Q.陸上の知識はどのようにして学んでいますか。 子供がいろいろな大会の映像を見ているので、一緒に見ることがあります。でも、まだまだ初心者です。 Q.お子様の進路先はどんな風に決めていく予定ですか? 本人が目標をしっかり持っており、陸上主体になりそうです。親としては高校だけでなく、さらにその先(大学)も考えてしまうので、最低限の勉強もがんばってほしいです。 Q.陸上のシューズやウェアはどこで購入していますか。 足の幅が広いので、シューズは必ず店舗で履いてから買うようにしています。以前、ジョグ用のシューズをインターネットショップで買ったのですが、やはり幅が小さかったのか、横から穴が空いたことがありました。 Q.お子様の競技についてアドバイスすることはありますか?その時に気をつけていることは? 競技面についてアドバイスできることはないので、その都度「がんばったね」などと声をかけたり、本人からその日の感想を聞いたりしています。その際に気をつけていることは、なるべく肯定的に受け止めるようにしていることです。 Q.陸上初心者パパママへのアドバイスをお願いします! 中学生にもなると、子供は自分で決めて取り組んでいくようになります。その道が本人にとって良いものになるようにサポートし、見守ってあげましょう! 大木朔 君(KMC陸上クラブ) 種目&自己記録 800m 2分06秒66 1500m 4分15秒85 Q.陸上を始めたきっかけ 走ることが好きだったからです。 Q.陸上に取り組んで良かったと思うこと 走ることが、より好きになったことです。 Q.好きな選手、あこがれの選手は? 三浦龍司選手(順大) Q.今後の目標 800mで1分台を出すことと、都大路(全国高校駅伝)に出場することです。 ※情報は2022年11月14日時点

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.21

七種競技・山﨑有紀「自己ベストで優勝」大玉華鈴「6000点目指したい」/日本選手権混成

◇第108回日本選手権・混成競技(6月22、23日/岐阜メモリアルセンター長良川競技場) パリ五輪代表選考会を兼ねた日本選手権・混成競技を前日に控える6月21日、岐阜市内で出場選手が前日会見に登壇した。 女子七種競技の日 […]

NEWS 世界陸上代表・丸山優真「最大限やってきた」田上駿「優勝を第一目標に」/日本選手権混成

2024.06.21

世界陸上代表・丸山優真「最大限やってきた」田上駿「優勝を第一目標に」/日本選手権混成

◇第108回日本選手権・混成競技(6月22、23日/岐阜メモリアルセンター長良川競技場) パリ五輪代表選考会を兼ねた日本選手権・混成競技を前日に控える6月21日、岐阜市内で出場選手が前日会見に登壇した。 男子十種競技で前 […]

NEWS 20km競歩リオ、東京五輪代表・髙橋英輝が現役引退 「どのレースも自分にとっては忘れられない思い出」1万m競歩では世界最高記録も保持

2024.06.21

20km競歩リオ、東京五輪代表・髙橋英輝が現役引退 「どのレースも自分にとっては忘れられない思い出」1万m競歩では世界最高記録も保持

6月20日、富士通は所属する競歩の髙橋英輝が同日付で引退することを発表した。 髙橋は岩手県花巻市出身の31歳。小学校ではサッカー、中学校ではソフトテニス部だったが、陸上の大会前になると特設された陸上部に所属し、長距離ラン […]

NEWS ゴールドコーストマラソンに川内優輝、小山裕太、川内理江ら日本人選手多数招待! 7月7日開催

2024.06.21

ゴールドコーストマラソンに川内優輝、小山裕太、川内理江ら日本人選手多数招待! 7月7日開催

7月7日に行われる第44回ゴールドコーストマラソンに先立ち、大会事務局は6月20日、21日に男女の招待選手を発表した。 日本からは男女17人の選手が招待。男子ではパリ五輪マラソンの補欠に選ばれている川内優輝(あいおいニッ […]

NEWS 棒高跳アジア記録保持者・オビエナ シーズンベストの5m97! 砲丸投・ファブリは大会新V/WAコンチネンタルツアー

2024.06.21

棒高跳アジア記録保持者・オビエナ シーズンベストの5m97! 砲丸投・ファブリは大会新V/WAコンチネンタルツアー

6月20日、ポーランド・ビドゴシュチでWAコンチネンタルツアー・ゴールドのイレーナ・シェビンスカ記念が開催され、男子棒高跳ではオレゴン世界選手権銀メダルのE.J.オビエナ(フィリピン)が5m97で優勝した。 6m00のア […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top