HOME 国内

2022.11.07

武石この実が現役引退 19年世界リレー代表「大満足の競技人生だった」
武石この実が現役引退 19年世界リレー代表「大満足の競技人生だった」

22年日本選手権リレー、青木りんと武石この実のバトンパス

400mやリレーを中心に活躍した女子短距離の武石この実(東邦銀行)が、今シーズン限りで現役を引退すると発表している。

武石は1991年生まれの31歳。福島県出身で、会津学鳳高から福島大を経て2014年から東邦銀行所属。中学時代から200mで全国大会に出場し、高校から400mにも挑戦してインターハイ4位など実績を残した。

福島大では名指導者・川本和久氏(故人)のもとで力をつけ、日本インカレ2位など活躍。実業団になってからさらに成長し、15年に53秒台に突入した。17年には日本選手権で2位に入った。17年に自己ベストとなる53秒47をマーク。19年には4×400mリレー代表としてアジア選手権と世界リレーに出場した。

個人タイトルにはなかなか届かなかったが、日本選手権など主要大会の決勝に必ずといっていいほど残る安定感と粘り強さで存在感を見せていた武石。所属先のHPで「小学校の時に『日の丸をつけて走る選手になりたい』と夢見てから、小学校、中学校、高校、大学、社会人と全力で駆け抜けてくることができました」と綴る。

競技生活を振り返り、「夢を叶えるまでには、思った以上に長い時間がかかりましたが、その間に、たくさんの指導者と仲間、応援してくださる方々に恵まれ、私一人では絶対に叶えることができなかった夢を、叶えることもできました。福島で生まれ、大好きな福島の方々に育てていただきながらここまで走ることができ、本当に大満足の競技人生だったなぁと思います」と思いを寄せている。

10月29日、地元・福島での第10回ふくしまリレーズの後に引退セレモニーが執り行われた。今後は東邦銀行に残り社業に専念するという。川本氏の元で掲げられてきた「福島から世界へ」と体現したスプリンターだった。

400mやリレーを中心に活躍した女子短距離の武石この実(東邦銀行)が、今シーズン限りで現役を引退すると発表している。 武石は1991年生まれの31歳。福島県出身で、会津学鳳高から福島大を経て2014年から東邦銀行所属。中学時代から200mで全国大会に出場し、高校から400mにも挑戦してインターハイ4位など実績を残した。 福島大では名指導者・川本和久氏(故人)のもとで力をつけ、日本インカレ2位など活躍。実業団になってからさらに成長し、15年に53秒台に突入した。17年には日本選手権で2位に入った。17年に自己ベストとなる53秒47をマーク。19年には4×400mリレー代表としてアジア選手権と世界リレーに出場した。 個人タイトルにはなかなか届かなかったが、日本選手権など主要大会の決勝に必ずといっていいほど残る安定感と粘り強さで存在感を見せていた武石。所属先のHPで「小学校の時に『日の丸をつけて走る選手になりたい』と夢見てから、小学校、中学校、高校、大学、社会人と全力で駆け抜けてくることができました」と綴る。 競技生活を振り返り、「夢を叶えるまでには、思った以上に長い時間がかかりましたが、その間に、たくさんの指導者と仲間、応援してくださる方々に恵まれ、私一人では絶対に叶えることができなかった夢を、叶えることもできました。福島で生まれ、大好きな福島の方々に育てていただきながらここまで走ることができ、本当に大満足の競技人生だったなぁと思います」と思いを寄せている。 10月29日、地元・福島での第10回ふくしまリレーズの後に引退セレモニーが執り行われた。今後は東邦銀行に残り社業に専念するという。川本氏の元で掲げられてきた「福島から世界へ」と体現したスプリンターだった。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.07.13

東大阪大敬愛高が4×800mRで日本新!日本選手権Vの久保凛 2分01秒台の激走に「自信になります」

7月13日、東大阪市第2回OV30陸上競技記録会が東大阪市のトライスタジアム(花園中央公園多目的競技場)で行われ、女子4×800mリレーに東大阪大敬愛高(大阪)の2チームが出場。北村凜(3年)、朝野流南(2年)、田村実彩 […]

NEWS 五輪代表・樺沢和佳奈 3000m8分53秒99の自己新! 後藤夢も8分台 男子3000mは中野翔太がトップ/ホクレンDC士別

2024.07.13

五輪代表・樺沢和佳奈 3000m8分53秒99の自己新! 後藤夢も8分台 男子3000mは中野翔太がトップ/ホクレンDC士別

ホクレン・ディスタンスチャレンジ2024第3戦の士別大会が7月13日に行われ、女子3000mAではパリ五輪5000m代表の樺沢和佳奈(三井住友海上)が8分53秒99の自己新をマークした。 6月末の日本選手権以来のレースと […]

NEWS 男子走高跳のバルシム「パリが最後の五輪」と表明 東京五輪金メダリスト

2024.07.13

男子走高跳のバルシム「パリが最後の五輪」と表明 東京五輪金メダリスト

7月12日、男子走高跳のM.E.バルシム(カタール)が自身のSNSを更新し、「パリ五輪が自身最後の五輪になる」と発表した。 6月に33歳となったバルシムは男子走高跳を長く牽引してきたジャンパー。2010年の世界ジュニア選 […]

NEWS 男子走幅跳・城山正太郎がシーズンベストでV 100mHオープン参加の寺田明日香13秒14/北海道選手権

2024.07.13

男子走幅跳・城山正太郎がシーズンベストでV 100mHオープン参加の寺田明日香13秒14/北海道選手権

7月13日、第97回北海道選手権の初日が網走市運動公園市営陸上競技場で行われ、男子走幅跳に日本記録保持者の城山正太郎(ゼンリン)が出場し、シーズンベストの7m86(+1.7)で優勝した。 昨年の世界選手権代表の城山。今季 […]

NEWS 【男子200m】井手友郎(済美高1) 21秒28=高1歴代8位

2024.07.13

【男子200m】井手友郎(済美高1) 21秒28=高1歴代8位

7月13日、第79回愛媛県選手権の2日目が行われ、男子200mで高校1年生の井手友郎(済美高1愛媛)が21秒28(+1.5)の大会新記録で優勝した。この記録は高1歴代8位の好記録となる。 井手は桑原中時代に全中200m5 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年8月号 (7月12日発売)

2024年8月号 (7月12日発売)

W別冊付録
パリ五輪観戦ガイド&福岡インターハイ完全ガイド

page top