HOME 国内

2022.11.07

走幅跳・橋岡優輝が渡米!「強くなった自信つけたい」サニブラウンと同クラブで2ヵ月トレ
走幅跳・橋岡優輝が渡米!「強くなった自信つけたい」サニブラウンと同クラブで2ヵ月トレ

男子走幅跳の橋岡優輝(富士通)が本場・米国でトレーニングするため、11月7日に離日。成田空港で会見を行った。

『世界』への欲求で満ちあふれている。19年ドーハ世界選手権(8位)と21年東京五輪(6位)で入賞している橋岡。だが、今季はケガの影響が長引いたこともあってオレゴン世界選手権では決勝進出するも10位にとどまった。

世界大会を終えるたびに語っていた世界との差が「経験」。その差を埋めるために渡米することを決めた。「レベルアップするために、自分の中で刺激を求めました」。これまで短期では海外遠征を行ったことはあるが、今回の2ヵ月は最長となる。

拠点とするのは米国フロリダ州のジャクソンビルにある「タンブルウィードTC」。男子100mでオレゴン世界選手権ファイナルに進んだサニブラウン・アブデル・ハキームも練習している。以前から海外遠征は頭の中に思い描いていたが、オレゴン後に具体的に動き、高校時代から交流のあるサニブラウンや代理人などを通じて交渉し、実現に至った。

同クラブにはトレイヴォン・ブロメルやマーヴィン・ブレイシーといった世界トップアスリートがいる。「普段の練習からどんなメンタルかなど聞いてみたいです」と橋岡。サニブラウンと同じラナ・レイダー・コーチに指導を仰ぐ予定だという。

実際にはどんな練習をするのは「行ってみないとわかりません」。サニブラウンに聞いても「詳しく教えてくれないので、その面では少し不安もあります」と笑う。クラブに跳躍の選手は不在だが、「元々、冬は跳躍練習をほとんどしません。助走スピードを高めるため、まずはスプリントが大事」と磨いていく構え。冗談交じりに「9秒台を目指します」と言うが、さらに大きなジャンプをするためには走力の向上は不可欠だと捉えている。

今季は「苦しみ抜いた」と橋岡。来年のブダペスト世界選手権は「パリ五輪に向けた大事な通過点」と位置づけている。年末に一度帰国予定だが、その後は再度渡米の可能性も残し、「室内シーズンから(海外)転戦できれば」と思い描く。

「頭を使ってがむしゃらに食らいつきたい。チャレンジが必要。自力を上げて、強くなったという自信をつけて戻ってきたいです。この2ヵ月があったからブダペストで結果を残せたと言えるようにしたい」

橋岡はこれまでも、悔しさをバネに成長してきた。米国は世界選手権を8回制している走幅跳王国。日本陸上界の至宝が陸上競技の『本場』で磨きをかければ、来年はいよいよ世界のトップで勝負するステージに上がる。

男子走幅跳の橋岡優輝(富士通)が本場・米国でトレーニングするため、11月7日に離日。成田空港で会見を行った。 『世界』への欲求で満ちあふれている。19年ドーハ世界選手権(8位)と21年東京五輪(6位)で入賞している橋岡。だが、今季はケガの影響が長引いたこともあってオレゴン世界選手権では決勝進出するも10位にとどまった。 世界大会を終えるたびに語っていた世界との差が「経験」。その差を埋めるために渡米することを決めた。「レベルアップするために、自分の中で刺激を求めました」。これまで短期では海外遠征を行ったことはあるが、今回の2ヵ月は最長となる。 拠点とするのは米国フロリダ州のジャクソンビルにある「タンブルウィードTC」。男子100mでオレゴン世界選手権ファイナルに進んだサニブラウン・アブデル・ハキームも練習している。以前から海外遠征は頭の中に思い描いていたが、オレゴン後に具体的に動き、高校時代から交流のあるサニブラウンや代理人などを通じて交渉し、実現に至った。 同クラブにはトレイヴォン・ブロメルやマーヴィン・ブレイシーといった世界トップアスリートがいる。「普段の練習からどんなメンタルかなど聞いてみたいです」と橋岡。サニブラウンと同じラナ・レイダー・コーチに指導を仰ぐ予定だという。 実際にはどんな練習をするのは「行ってみないとわかりません」。サニブラウンに聞いても「詳しく教えてくれないので、その面では少し不安もあります」と笑う。クラブに跳躍の選手は不在だが、「元々、冬は跳躍練習をほとんどしません。助走スピードを高めるため、まずはスプリントが大事」と磨いていく構え。冗談交じりに「9秒台を目指します」と言うが、さらに大きなジャンプをするためには走力の向上は不可欠だと捉えている。 今季は「苦しみ抜いた」と橋岡。来年のブダペスト世界選手権は「パリ五輪に向けた大事な通過点」と位置づけている。年末に一度帰国予定だが、その後は再度渡米の可能性も残し、「室内シーズンから(海外)転戦できれば」と思い描く。 「頭を使ってがむしゃらに食らいつきたい。チャレンジが必要。自力を上げて、強くなったという自信をつけて戻ってきたいです。この2ヵ月があったからブダペストで結果を残せたと言えるようにしたい」 橋岡はこれまでも、悔しさをバネに成長してきた。米国は世界選手権を8回制している走幅跳王国。日本陸上界の至宝が陸上競技の『本場』で磨きをかければ、来年はいよいよ世界のトップで勝負するステージに上がる。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.18

女子短距離の山中日菜美が地元・滋賀のマリングレイスとスポンサー契約を締結

女子短距離の山中日菜美(滋賀陸協)と株式会社マリングレイスがスポンサー契約を締結したことを発表した。 山中は滋賀県出身の27歳。立命大を経て、大学卒業1年目の2019年には世界リレー代表にも選出された。2022年に実業団 […]

NEWS サニブラウン主宰「DAWN GAMES」東日本予選にもバドミントンの桃田賢斗がゲスト参加!小学校低学年50mも追加

2024.06.18

サニブラウン主宰「DAWN GAMES」東日本予選にもバドミントンの桃田賢斗がゲスト参加!小学校低学年50mも追加

男子100m2大会連続世界選手権ファイナリストでパリ五輪代表に内定しているサニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ)が主宰する小中高生を対象とした100mの競技会「DAWN GAMES(ドーンゲームス)」の東日本エリア予選 […]

NEWS サニブラウン主宰の「DAWN GAMES」西日本予選が開催!約400人が参加、各カテゴリー4人が決勝大会へ

2024.06.18

サニブラウン主宰の「DAWN GAMES」西日本予選が開催!約400人が参加、各カテゴリー4人が決勝大会へ

男子短距離のサニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ)が企画した100mの競技会「DAWN GAMES」の西日本予選が去る6月9日、大阪・ヤンマースタジアム長居で行われた。 この大会は「陸上人口を増やし、層を厚くしたい」「 […]

NEWS 【プレゼント】ニシ・スポーツの 「ジャカードレーシングTシャツ」&「WGレーシングショートタイツ」/2024年7月号

2024.06.18

【プレゼント】ニシ・スポーツの 「ジャカードレーシングTシャツ」&「WGレーシングショートタイツ」/2024年7月号

ニシ・スポーツから新登場した2024年春夏モデルの「HIGH TECH LINE」シリーズが好評だ。 なかでも、機能性を追求した「ジャカードレーシングTシャツ」は、胸・背・脇に配したエアーダクトホール、吸汗速乾性のある素 […]

NEWS 中島佑気ジョセフがバハマで45秒49 シーズンベストで優勝 日本選手権前に弾み

2024.06.18

中島佑気ジョセフがバハマで45秒49 シーズンベストで優勝 日本選手権前に弾み

WAコンチネンタルツアー・チャレンジャーのNACACニューライフ招待が6月16日にバハマで行われ、男子400mに中島佑気ジョセフ(富士通)が出場。45秒49のシーズンベストで優勝した。 中島は、東洋大4年だった昨年の日本 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top