HOME 駅伝

2022.11.07

國學院大ルーキー青木瑠郁が5区区間賞「『おいしい思いをしてこい』と言われていました」/全日本大学駅伝
國學院大ルーキー青木瑠郁が5区区間賞「『おいしい思いをしてこい』と言われていました」/全日本大学駅伝

◇第54回全日本大学駅伝(11月6日/愛知・熱田神宮~三重・伊勢神宮:8区間106.8km)

全日本大学駅伝で國學院大は過去最高の2位と奮闘した。レースは、4年連続で1区を任された島﨑慎愛(4年)がまさかの17位スタートといきなり躓いたが、2区以降レースを立て直し、徐々に順位を上げていった。

「たぶん、どの大学も、4区、5区、6区の中に1区間、スペシャルを作ってきていると思うんです。青学さんは(4区に)岸本(大紀)君がいますし。うちも、つなぎでワンクッション、面白い選手を置きます」

レース前日に、前田康弘監督はこんなことを話した。そして、その隠し球として5区に登場したのが1年生の青木瑠郁だった。

「区間賞、区間新を取りに行けよ」

前田監督は、そんな言葉で青木を送り出していた。

青木は群馬・健大高崎高出身で、大学女子駅伝界を席巻する不破聖衣来(拓大)の1年後輩に当たる。高校時代は5000m14分12秒27がベストだが、今年6月のU20日本選手権では5000mで13分59秒34をマークし2位に入っている。さらに、7月には13分48秒61まで記録を伸ばした。

「前田さんの指導を受けて、しっかり練習を積んで、上半期に5000mで結果を出せたことが大きかった。こんなに記録が出るんだ! と自信になりました」

國學院大に入学してメキメキと力を付けた青木は、駅伝シーズンでレギュラーを勝ち取った。

そして、大学駅伝開幕戦の出雲駅伝では1区の重責を担った。先頭と26秒差の区間7位と、スターターとして十分な役割を果たしたようにも思えるが、青木の思いは違った。

「やっぱり悔しかったっていうのが一番大きいです。(入りの1㎞)2分37秒は、1500mのレースでしか経験したことのないラップ。こういうところで勝負できるスピード、スピード持久力がまだまだ足りないのを実感しました」と、大学のレベルの高さを痛感した。

全日本でも1区のプランもあったという。だが、「単独走のテストをしたかった」という前田監督は、出雲の前から青木に「全日本は5区で勝負してみようか」と提案していたという。そして、青木もその期待に応えようと、出雲のあとは単独走の練習に取り組み、全日本の5区には自信を持って臨んだ。

青木がタスキを受けたのは4位。1区終了時からは13も順位が上がっていたとはいえ、「先頭に近い位置でくる想定だった」と、青木が想像していたよりも悪い順位だった。

「自分のところで、2位に押し上げて、もう1回立て直そうと思いました」

先頭をひた走る駒大の背中は遠かったが、47秒前の早大、38秒前の順大は、みるみる大きくなっていった。

「レースする前に前田さんからは『おいしい思いをしてこい』と言われていたので、前を抜いたら、(メディアに)取り上げられるだろうな、と思って走りました(笑)」

青木はその2校をかわし、単独で2位に浮上。逆に、30秒以上の大差を付けた。

後方では、駅伝で数々の実績を挙げている岸本、嶋津雄大(創価大)が走っていたが、それぞれの大学のエース級の選手に対しても、臆することはなかった。

「錚々たるメンバーが追ってきていたんですけど、自信を持ってペースを刻むことができた」

青木は、岸本、嶋津らを全く寄せつけることなく、12.4㎞を走り切った。区間新記録には惜しくも3秒届かなかったものの、実績のある選手たちを抑えて、区間賞を獲得。レースを折り返す5区で、見事な仕切り直しをしてみせた。青木の奮闘もあって、後半区間でも選手たちは粘り、チームは出雲駅伝に続き、2位でレースを終えた。

端から見れば、会心の走りのようでも、青木にとっては、もちろん反省点もあった。

「区間新に届く! って思いながらも、後半、思うようにペースが上がらなかった。ラップが落ちていくなかで、最低限、粘れたかなとは思うんですけど、箱根駅伝はあと8㎞もありますから…。12㎞の距離でラップが落ちていく一方だと、20㎞になった時に、さらにペースダウンしてしまいます。今のままでは駅伝で全く歯が立たないと思っています。残りの2カ月弱を、こういうところから意識していきたいと思います」

初めての箱根駅伝に向けても、気を抜かずに、さらなるレベルアップを図るつもりだ。

今年の國學院大のルーキーには、青木の他にも、沖縄の高校生として初めて5000m13分台をマークした上原琉翔、10000m28分台の嘉数純平と、有力な選手がそろう。今回の全日本2位、そして、青木の区間賞は、國學院大が黄金期を迎える兆しなのかもしれない。

文/和田悟志

◇第54回全日本大学駅伝(11月6日/愛知・熱田神宮~三重・伊勢神宮:8区間106.8km) 全日本大学駅伝で國學院大は過去最高の2位と奮闘した。レースは、4年連続で1区を任された島﨑慎愛(4年)がまさかの17位スタートといきなり躓いたが、2区以降レースを立て直し、徐々に順位を上げていった。 「たぶん、どの大学も、4区、5区、6区の中に1区間、スペシャルを作ってきていると思うんです。青学さんは(4区に)岸本(大紀)君がいますし。うちも、つなぎでワンクッション、面白い選手を置きます」 レース前日に、前田康弘監督はこんなことを話した。そして、その隠し球として5区に登場したのが1年生の青木瑠郁だった。 「区間賞、区間新を取りに行けよ」 前田監督は、そんな言葉で青木を送り出していた。 青木は群馬・健大高崎高出身で、大学女子駅伝界を席巻する不破聖衣来(拓大)の1年後輩に当たる。高校時代は5000m14分12秒27がベストだが、今年6月のU20日本選手権では5000mで13分59秒34をマークし2位に入っている。さらに、7月には13分48秒61まで記録を伸ばした。 「前田さんの指導を受けて、しっかり練習を積んで、上半期に5000mで結果を出せたことが大きかった。こんなに記録が出るんだ! と自信になりました」 國學院大に入学してメキメキと力を付けた青木は、駅伝シーズンでレギュラーを勝ち取った。 そして、大学駅伝開幕戦の出雲駅伝では1区の重責を担った。先頭と26秒差の区間7位と、スターターとして十分な役割を果たしたようにも思えるが、青木の思いは違った。 「やっぱり悔しかったっていうのが一番大きいです。(入りの1㎞)2分37秒は、1500mのレースでしか経験したことのないラップ。こういうところで勝負できるスピード、スピード持久力がまだまだ足りないのを実感しました」と、大学のレベルの高さを痛感した。 全日本でも1区のプランもあったという。だが、「単独走のテストをしたかった」という前田監督は、出雲の前から青木に「全日本は5区で勝負してみようか」と提案していたという。そして、青木もその期待に応えようと、出雲のあとは単独走の練習に取り組み、全日本の5区には自信を持って臨んだ。 青木がタスキを受けたのは4位。1区終了時からは13も順位が上がっていたとはいえ、「先頭に近い位置でくる想定だった」と、青木が想像していたよりも悪い順位だった。 「自分のところで、2位に押し上げて、もう1回立て直そうと思いました」 先頭をひた走る駒大の背中は遠かったが、47秒前の早大、38秒前の順大は、みるみる大きくなっていった。 「レースする前に前田さんからは『おいしい思いをしてこい』と言われていたので、前を抜いたら、(メディアに)取り上げられるだろうな、と思って走りました(笑)」 青木はその2校をかわし、単独で2位に浮上。逆に、30秒以上の大差を付けた。 後方では、駅伝で数々の実績を挙げている岸本、嶋津雄大(創価大)が走っていたが、それぞれの大学のエース級の選手に対しても、臆することはなかった。 「錚々たるメンバーが追ってきていたんですけど、自信を持ってペースを刻むことができた」 青木は、岸本、嶋津らを全く寄せつけることなく、12.4㎞を走り切った。区間新記録には惜しくも3秒届かなかったものの、実績のある選手たちを抑えて、区間賞を獲得。レースを折り返す5区で、見事な仕切り直しをしてみせた。青木の奮闘もあって、後半区間でも選手たちは粘り、チームは出雲駅伝に続き、2位でレースを終えた。 端から見れば、会心の走りのようでも、青木にとっては、もちろん反省点もあった。 「区間新に届く! って思いながらも、後半、思うようにペースが上がらなかった。ラップが落ちていくなかで、最低限、粘れたかなとは思うんですけど、箱根駅伝はあと8㎞もありますから…。12㎞の距離でラップが落ちていく一方だと、20㎞になった時に、さらにペースダウンしてしまいます。今のままでは駅伝で全く歯が立たないと思っています。残りの2カ月弱を、こういうところから意識していきたいと思います」 初めての箱根駅伝に向けても、気を抜かずに、さらなるレベルアップを図るつもりだ。 今年の國學院大のルーキーには、青木の他にも、沖縄の高校生として初めて5000m13分台をマークした上原琉翔、10000m28分台の嘉数純平と、有力な選手がそろう。今回の全日本2位、そして、青木の区間賞は、國學院大が黄金期を迎える兆しなのかもしれない。 文/和田悟志

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.13

円盤投全国トップの田窪一翔 100m10秒5台の畠中とマルティネスの対決 走幅跳全国4位の山崎りりや登場/IH四国

福岡インターハイ(7月28日~8月1日)を懸けた地区大会が6月に各地で行われる。 インターハイ四国地区大会は6月15日から17日までの3日間、高知県の春野総合運動公園陸上競技場で開かれる。 男子の注目種目は円盤投。田窪一 […]

NEWS 五輪目指す栁田大輝が日本選手権前ラストレース やり投・清川と巖の80mスロワー対決、女子は山本亜美山形愛羽が登場/日本学生個人

2024.06.13

五輪目指す栁田大輝が日本選手権前ラストレース やり投・清川と巖の80mスロワー対決、女子は山本亜美山形愛羽が登場/日本学生個人

“学生ナンバーワン”を決める日本学生個人選手権が6月14日(金)から16日(日)までの3日間、神奈川・レモンガススタジアム平塚で行われる。学校対抗のインカレとは違った趣のナンバーワン決定戦。注目の選手たちを見ていこう。 […]

NEWS インゲブリグトセン大会新で1500mも完勝「今大会の走りに満足」 女子走幅跳ミハンボ7m22 デュプランティス金/欧州選手権

2024.06.13

インゲブリグトセン大会新で1500mも完勝「今大会の走りに満足」 女子走幅跳ミハンボ7m22 デュプランティス金/欧州選手権

◇欧州選手権(6月7日~12日/イタリア・ローマ) 6月12日、欧州選手権の最終日が行われ、男子1500mでは東京五輪金メダルのヤコブ・インゲブリグトセン(ノルウェー)が3分31秒95で優勝した。 前回大会で自らが作った […]

NEWS 100mは小澤斗維が向かい風1.8mで10秒58!北海道栄4継は40秒10 女子100mは山崎心愛が11秒78でV2/IH北海道

2024.06.13

100mは小澤斗維が向かい風1.8mで10秒58!北海道栄4継は40秒10 女子100mは山崎心愛が11秒78でV2/IH北海道

◇インターハイ北海道地区大会(6月11~14日/旭川市花咲スポーツ公園陸上競技場)2日目 福岡インターハイを懸けた北海道地区大会の2日目が行われ、男女短距離で好記録が誕生した。 男子100mは小澤斗維(北海道栄3)が向か […]

NEWS 【トレーニング講座】走高跳(2024年7月号)

2024.06.13

【トレーニング講座】走高跳(2024年7月号)

月刊陸上競技で連載している「トレーニング講座」。種目ごとに全国の指導者の方々にご執筆いただいています! 月刊陸上競技2024年7月号の「走高跳」で掲載されている練習動画はこちらをチェック! https://youtu.b […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top