HOME 駅伝

2022.11.06

これが駒大のエース田澤廉!4年連続区間賞を圧巻区間新締め「焦らずに自分のペース」/全日本大学駅伝
これが駒大のエース田澤廉!4年連続区間賞を圧巻区間新締め「焦らずに自分のペース」/全日本大学駅伝

◇第54回全日本大学駅伝(11月6日/愛知・熱田神宮~三重・伊勢神宮:8区間106.8km)

大学駅伝日本一を決める全日本大学駅伝が行われ、7区(17.6km)は駒大の田澤廉(4年)が49分38秒で区間賞を獲得した。2018年にパトリック・ムイバ・ワンブイ(日大)が作った区間記録(50分21秒)を43秒も更新。これで4年連続区間賞となった。日本人の4年連続区間賞は、駒大の先輩である油布郁人以来2人目となる。

田澤は安原太陽(3年)からタスキを受けると「最初は抑えて入った」。3km通過は8分21秒、5km通過は13分57秒。それ以上に青学大の近藤幸太郎(4年)が13分49秒で通過するなどリードする。

ただ、「走る前の状態が良かったので自分の中で49分台を目標に走りました」と徐々にペースを上げ、「焦らずに自分のペースで刻んで49分台を確実なものに」と冷静に走りきった。解説陣から将来のマラソン挑戦を聞かれると「やります」と力強く答えた。

田澤は10000mで日本歴代2位の27分23秒44(日本人学生最高)を持ち、今夏のオレゴン世界選手権にも出場した。

近藤も青学大のエースらしい走りで区間2位。こちらも50分を切る49分52秒をマークした。さらに区間4位に平林清澄(國學院大2)が50分58秒で入り、日本人での51秒切りは上記2人次いで3人目。歴代ランキングでも4位に入る。

■7区(17.6km)区間上位成績
49分38秒=区間新 田澤廉(駒大4)
49分52秒=区間新 近藤幸太郎(青学大4年)
50分37秒 フィリップ・ムルワ(創価大4)
50分58秒 平林清澄(國學院大2)
51分18秒 伊藤大志(早大2)

田澤廉の全日本大学駅伝全成績
1年時7区区間賞 52分09秒
2年時8区区間賞 57分34秒
3年時7区区間賞 50分36秒
4年時7区区間賞 49分38秒=区間新

◇第54回全日本大学駅伝(11月6日/愛知・熱田神宮~三重・伊勢神宮:8区間106.8km) 大学駅伝日本一を決める全日本大学駅伝が行われ、7区(17.6km)は駒大の田澤廉(4年)が49分38秒で区間賞を獲得した。2018年にパトリック・ムイバ・ワンブイ(日大)が作った区間記録(50分21秒)を43秒も更新。これで4年連続区間賞となった。日本人の4年連続区間賞は、駒大の先輩である油布郁人以来2人目となる。 田澤は安原太陽(3年)からタスキを受けると「最初は抑えて入った」。3km通過は8分21秒、5km通過は13分57秒。それ以上に青学大の近藤幸太郎(4年)が13分49秒で通過するなどリードする。 ただ、「走る前の状態が良かったので自分の中で49分台を目標に走りました」と徐々にペースを上げ、「焦らずに自分のペースで刻んで49分台を確実なものに」と冷静に走りきった。解説陣から将来のマラソン挑戦を聞かれると「やります」と力強く答えた。 田澤は10000mで日本歴代2位の27分23秒44(日本人学生最高)を持ち、今夏のオレゴン世界選手権にも出場した。 近藤も青学大のエースらしい走りで区間2位。こちらも50分を切る49分52秒をマークした。さらに区間4位に平林清澄(國學院大2)が50分58秒で入り、日本人での51秒切りは上記2人次いで3人目。歴代ランキングでも4位に入る。 ■7区(17.6km)区間上位成績 49分38秒=区間新 田澤廉(駒大4) 49分52秒=区間新 近藤幸太郎(青学大4年) 50分37秒 フィリップ・ムルワ(創価大4) 50分58秒 平林清澄(國學院大2) 51分18秒 伊藤大志(早大2) 田澤廉の全日本大学駅伝全成績 1年時7区区間賞 52分09秒 2年時8区区間賞 57分34秒 3年時7区区間賞 50分36秒 4年時7区区間賞 49分38秒=区間新

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.24

東京マラソン2025の概要発表!来年3月2日、38000人規模で開催 8月16日から一般エントリー開始予定

東京マラソン財団は6月24日、定時理事会を開き、東京マラソン2025の大会要項を発表した。 東京マラソン2025は来年3月2日に開催。定員は38000人でフルマラソンは37500人。応募スケジュールの予定も発表され、6月 […]

NEWS 注目の100mはライルズ自己新V!男子棒高跳ケンドリクスが大会新5m92で3大会連続五輪代表に/全米五輪選考会

2024.06.24

注目の100mはライルズ自己新V!男子棒高跳ケンドリクスが大会新5m92で3大会連続五輪代表に/全米五輪選考会

◇全米五輪選考会(6/21~30、米国オレゴン州ユージン・ヘイワードフィールド)3日目 全米五輪選考会の3日目が行われ、男子100m(+0.4)ではN.ライルズが9秒83の自己タイで優勝した。ライルズは200mで世界選手 […]

NEWS 女子棒高跳コードリーが世界歴代7位の4m92成功!世界室内女王が大ジャンプ 男子砲丸投トロが21m80のアジア新/WAコンチネンタルツアー

2024.06.24

女子棒高跳コードリーが世界歴代7位の4m92成功!世界室内女王が大ジャンプ 男子砲丸投トロが21m80のアジア新/WAコンチネンタルツアー

6月21日、世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ブロンズのトゥールーズ キャピトル・ペルシュがフランスで行われ、女子棒高跳ではM.コードリー(英国)が世界歴代7位、今季世界最高の4m92で優勝した。 コードリーは3月の […]

NEWS 十種競技・ドイツの22歳ステインフォースが200点以上自己新の8287点でV/WA混成ツアー

2024.06.24

十種競技・ドイツの22歳ステインフォースが200点以上自己新の8287点でV/WA混成ツアー

世界陸連(WA)混成ツアー・ゴールドのシュタットベルケ・ラーティンゲン混成大会が6月22、23日、ドイツ・ラーティンゲンで行われた。 男子十種競技はT.ステインフォース(ドイツ)が8287点(100m10秒41、走幅跳7 […]

NEWS 2028年ロサンゼルス五輪の陸上は第一週開催の「歴史的変更」!水泳と日程入れ替えで注目アップ狙う マラソンは最終週の伝統維持

2024.06.24

2028年ロサンゼルス五輪の陸上は第一週開催の「歴史的変更」!水泳と日程入れ替えで注目アップ狙う マラソンは最終週の伝統維持

世界陸連(WA)は6月22日、2028年に開催されるロサンゼルス五輪について、陸上を第一週に実施することを発表した。マラソンとメダル授与については最終週に行う伝統を維持するとしている。 これまで第一週に水泳、第二週に陸上 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top