HOME 高校

2022.11.06

日本一目指す薫英女学院が1区途中から独走して快勝 清風も連続出場決める/大阪府高校駅伝
日本一目指す薫英女学院が1区途中から独走して快勝 清風も連続出場決める/大阪府高校駅伝


大阪府高校駅伝は11月5日、ヤンマーフィールド長居・長居公園周回道路コースで行われ、女子は昨年の全国大会2位の薫英女学院が1時間10分19秒で17連覇を達成。男子は3区でトップに立った清風がそのまま逃げ切り、2時間06分51秒の大会新記録で2年連続36回目の全国切符を手にした。

午前中に行われた女子は、昨年に引き続き1区を担った薫英女学院のエース・水本佳菜(3年)が中間点過ぎてから一気にペースを上げて、後半は独走。前回マークした19分01秒の区間記録には及ばなかったものの19分17秒で2年連続で区間賞を獲得した。後半の3㎞を9分15秒前後にまとめるなど強さが光った。

昨年の都大路で1区を務めた主将の西澤茉鈴(3年)が故障明けで大事を取って控えに回ったこともあり、次期エースの呼び声高い1年生の塚本夕藍を2区に起用。前半から積極的な走りで、13分34秒と好走。後続との差をさらに広げ独走態勢を築いた。

3、4区は2年連続で薮谷奈瑠(3年)、向井友希(2年)が担当。いずれも故障明けということもあり、前回よりややタイムは落としたものの危なげない走りで勝利を確実なものとした。

厳しい日差しに加え20度を超える気温、後半にやや風が強く吹いたことも影響し、フィニッシュタイムは大会記録をマークした前回と比べ2分近く落としたものの、「まだ多くの選手が故障あがりでコンディションが万全ではありませんでした。でもみんな順調に回復しているので、近畿、全国前の記録会などでタイムを出して自信を持って都大路に臨みたいです」と副主将でエースの水本は話す。昨年の都大路で準優勝を飾ったメンバー4人が残り、成長株の1年生も実践経験を積むなど本番に向け徐々に準備も整いつつある。チーム再建を誓い、3度目の全国タイトルに向け3年計画をスタートし、今年で、集大成の3年目を迎える。ここから全国大会に向け急ピッチで上昇カーブを描くつもりでいる。

男子の清風は3区でエース鳥井健太(3年)が好走した。先頭を行く関大北陽から29秒差の3位でスタートすると、23分51秒の好タイムをマークして逆転。その後も危なげないレース運びで、追いすがる大阪に1分02秒差をつけて連覇を達成した。木村友泰監督は、「1区の林(祐正・3年)が粘りの走りで流れを作ってくれたことが大きいです。ずっと体調を崩していた4区の松田(煌希・2年)も大会前に復活して、万全のオーダーを組むことができ、予想した展開通りのレースを選手がやってくれました」と選手の健闘を称えた。昨年の都大路では32位にに甘んじたが、連続出場の今回は29年ぶりの入賞が大目標となる。

全国大会は12月25日、京都市のたけびしスタジアム京都を発着点に行われる。

文/花木雫

大阪府高校駅伝は11月5日、ヤンマーフィールド長居・長居公園周回道路コースで行われ、女子は昨年の全国大会2位の薫英女学院が1時間10分19秒で17連覇を達成。男子は3区でトップに立った清風がそのまま逃げ切り、2時間06分51秒の大会新記録で2年連続36回目の全国切符を手にした。 午前中に行われた女子は、昨年に引き続き1区を担った薫英女学院のエース・水本佳菜(3年)が中間点過ぎてから一気にペースを上げて、後半は独走。前回マークした19分01秒の区間記録には及ばなかったものの19分17秒で2年連続で区間賞を獲得した。後半の3㎞を9分15秒前後にまとめるなど強さが光った。 昨年の都大路で1区を務めた主将の西澤茉鈴(3年)が故障明けで大事を取って控えに回ったこともあり、次期エースの呼び声高い1年生の塚本夕藍を2区に起用。前半から積極的な走りで、13分34秒と好走。後続との差をさらに広げ独走態勢を築いた。 3、4区は2年連続で薮谷奈瑠(3年)、向井友希(2年)が担当。いずれも故障明けということもあり、前回よりややタイムは落としたものの危なげない走りで勝利を確実なものとした。 厳しい日差しに加え20度を超える気温、後半にやや風が強く吹いたことも影響し、フィニッシュタイムは大会記録をマークした前回と比べ2分近く落としたものの、「まだ多くの選手が故障あがりでコンディションが万全ではありませんでした。でもみんな順調に回復しているので、近畿、全国前の記録会などでタイムを出して自信を持って都大路に臨みたいです」と副主将でエースの水本は話す。昨年の都大路で準優勝を飾ったメンバー4人が残り、成長株の1年生も実践経験を積むなど本番に向け徐々に準備も整いつつある。チーム再建を誓い、3度目の全国タイトルに向け3年計画をスタートし、今年で、集大成の3年目を迎える。ここから全国大会に向け急ピッチで上昇カーブを描くつもりでいる。 男子の清風は3区でエース鳥井健太(3年)が好走した。先頭を行く関大北陽から29秒差の3位でスタートすると、23分51秒の好タイムをマークして逆転。その後も危なげないレース運びで、追いすがる大阪に1分02秒差をつけて連覇を達成した。木村友泰監督は、「1区の林(祐正・3年)が粘りの走りで流れを作ってくれたことが大きいです。ずっと体調を崩していた4区の松田(煌希・2年)も大会前に復活して、万全のオーダーを組むことができ、予想した展開通りのレースを選手がやってくれました」と選手の健闘を称えた。昨年の都大路では32位にに甘んじたが、連続出場の今回は29年ぶりの入賞が大目標となる。 全国大会は12月25日、京都市のたけびしスタジアム京都を発着点に行われる。 文/花木雫

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.07.17

五輪代表・三浦龍司が5000mに出場 13分31秒61で日本人トップ「手応えを得られたのは自信になる」/ホクレンDC深川

ホクレン・ディスタンスチャレンジ2024第4戦の深川大会が7月17日に行われ、パリ五輪3000m障害代表の三浦龍司(SUBARU)が男子5000mA組に出場し、13分31秒61で6位に入った。 今季の三浦は5月以降、海外 […]

NEWS 100mH初五輪の田中佑美「緊張、楽しいを素直に表現できるように」準決勝進出に向けて最大パフォーマンス誓う

2024.07.17

100mH初五輪の田中佑美「緊張、楽しいを素直に表現できるように」準決勝進出に向けて最大パフォーマンス誓う

富士通は7月17日、女子100mハードルでパリ五輪代表に内定した田中佑美のオンライン会見を開いた。 日本選手権で2位となった田中。参加標準記録(12秒77)には届かず、ワールドランキングではターゲットナンバー(出場枠)4 […]

NEWS 女子800mU18世界歴代2位のギルがプーマと契約 英国選手権V パリ五輪代表の17歳

2024.07.17

女子800mU18世界歴代2位のギルがプーマと契約 英国選手権V パリ五輪代表の17歳

女子800mのP.ギル(英国)がプーマとの契約締結を自身のSNSで発表した。 ギルは2007年4月生まれの17歳。800mで今年5月のベルファスト・アイリッシュ・マイラーズ・ミーティング(英国)でU18世界歴代2位、U2 […]

NEWS トワイライトゲームス 泉谷駿介の出場が急遽決定!パリ五輪前ラストレース

2024.07.17

トワイライトゲームス 泉谷駿介の出場が急遽決定!パリ五輪前ラストレース

関東学連が主催する第19回トワイライト・ゲームス(7月21日)のスタートリストが更新され、男子110mハードルに日本記録を持つ泉谷駿介(住友電工)が出場することがわかった。 泉谷は13秒04の日本記録保持者。今年はこれま […]

NEWS 「とにかくよく跳ねて、楽にスピードを出せるシューズ」、発売初日に入荷した半分以上が売れた大人気のOn『Cloudboom Strike』を横田真人氏が絶賛

2024.07.16

「とにかくよく跳ねて、楽にスピードを出せるシューズ」、発売初日に入荷した半分以上が売れた大人気のOn『Cloudboom Strike』を横田真人氏が絶賛

スイスのスポーツブランド「On(オン)」およびオン・ジャパンは、レーシングシューズやスパイクシューズを含むランニングシューズコレクションの最高峰「Prism Capsule(プリズム カプセル)」4品番を7月11日から発 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年8月号 (7月12日発売)

2024年8月号 (7月12日発売)

W別冊付録
パリ五輪観戦ガイド&福岡インターハイ完全ガイド

page top