HOME 高校

2022.11.06

日本一目指す薫英女学院が1区途中から独走して快勝 清風も連続出場決める/大阪府高校駅伝
日本一目指す薫英女学院が1区途中から独走して快勝 清風も連続出場決める/大阪府高校駅伝


大阪府高校駅伝は11月5日、ヤンマーフィールド長居・長居公園周回道路コースで行われ、女子は昨年の全国大会2位の薫英女学院が1時間10分19秒で17連覇を達成。男子は3区でトップに立った清風がそのまま逃げ切り、2時間06分51秒の大会新記録で2年連続36回目の全国切符を手にした。

午前中に行われた女子は、昨年に引き続き1区を担った薫英女学院のエース・水本佳菜(3年)が中間点過ぎてから一気にペースを上げて、後半は独走。前回マークした19分01秒の区間記録には及ばなかったものの19分17秒で2年連続で区間賞を獲得した。後半の3㎞を9分15秒前後にまとめるなど強さが光った。

広告の下にコンテンツが続きます

昨年の都大路で1区を務めた主将の西澤茉鈴(3年)が故障明けで大事を取って控えに回ったこともあり、次期エースの呼び声高い1年生の塚本夕藍を2区に起用。前半から積極的な走りで、13分34秒と好走。後続との差をさらに広げ独走態勢を築いた。

3、4区は2年連続で薮谷奈瑠(3年)、向井友希(2年)が担当。いずれも故障明けということもあり、前回よりややタイムは落としたものの危なげない走りで勝利を確実なものとした。

厳しい日差しに加え20度を超える気温、後半にやや風が強く吹いたことも影響し、フィニッシュタイムは大会記録をマークした前回と比べ2分近く落としたものの、「まだ多くの選手が故障あがりでコンディションが万全ではありませんでした。でもみんな順調に回復しているので、近畿、全国前の記録会などでタイムを出して自信を持って都大路に臨みたいです」と副主将でエースの水本は話す。昨年の都大路で準優勝を飾ったメンバー4人が残り、成長株の1年生も実践経験を積むなど本番に向け徐々に準備も整いつつある。チーム再建を誓い、3度目の全国タイトルに向け3年計画をスタートし、今年で、集大成の3年目を迎える。ここから全国大会に向け急ピッチで上昇カーブを描くつもりでいる。

男子の清風は3区でエース鳥井健太(3年)が好走した。先頭を行く関大北陽から29秒差の3位でスタートすると、23分51秒の好タイムをマークして逆転。その後も危なげないレース運びで、追いすがる大阪に1分02秒差をつけて連覇を達成した。木村友泰監督は、「1区の林(祐正・3年)が粘りの走りで流れを作ってくれたことが大きいです。ずっと体調を崩していた4区の松田(煌希・2年)も大会前に復活して、万全のオーダーを組むことができ、予想した展開通りのレースを選手がやってくれました」と選手の健闘を称えた。昨年の都大路では32位にに甘んじたが、連続出場の今回は29年ぶりの入賞が大目標となる。

広告の下にコンテンツが続きます

全国大会は12月25日、京都市のたけびしスタジアム京都を発着点に行われる。

文/花木雫

大阪府高校駅伝は11月5日、ヤンマーフィールド長居・長居公園周回道路コースで行われ、女子は昨年の全国大会2位の薫英女学院が1時間10分19秒で17連覇を達成。男子は3区でトップに立った清風がそのまま逃げ切り、2時間06分51秒の大会新記録で2年連続36回目の全国切符を手にした。 午前中に行われた女子は、昨年に引き続き1区を担った薫英女学院のエース・水本佳菜(3年)が中間点過ぎてから一気にペースを上げて、後半は独走。前回マークした19分01秒の区間記録には及ばなかったものの19分17秒で2年連続で区間賞を獲得した。後半の3㎞を9分15秒前後にまとめるなど強さが光った。 昨年の都大路で1区を務めた主将の西澤茉鈴(3年)が故障明けで大事を取って控えに回ったこともあり、次期エースの呼び声高い1年生の塚本夕藍を2区に起用。前半から積極的な走りで、13分34秒と好走。後続との差をさらに広げ独走態勢を築いた。 3、4区は2年連続で薮谷奈瑠(3年)、向井友希(2年)が担当。いずれも故障明けということもあり、前回よりややタイムは落としたものの危なげない走りで勝利を確実なものとした。 厳しい日差しに加え20度を超える気温、後半にやや風が強く吹いたことも影響し、フィニッシュタイムは大会記録をマークした前回と比べ2分近く落としたものの、「まだ多くの選手が故障あがりでコンディションが万全ではありませんでした。でもみんな順調に回復しているので、近畿、全国前の記録会などでタイムを出して自信を持って都大路に臨みたいです」と副主将でエースの水本は話す。昨年の都大路で準優勝を飾ったメンバー4人が残り、成長株の1年生も実践経験を積むなど本番に向け徐々に準備も整いつつある。チーム再建を誓い、3度目の全国タイトルに向け3年計画をスタートし、今年で、集大成の3年目を迎える。ここから全国大会に向け急ピッチで上昇カーブを描くつもりでいる。 男子の清風は3区でエース鳥井健太(3年)が好走した。先頭を行く関大北陽から29秒差の3位でスタートすると、23分51秒の好タイムをマークして逆転。その後も危なげないレース運びで、追いすがる大阪に1分02秒差をつけて連覇を達成した。木村友泰監督は、「1区の林(祐正・3年)が粘りの走りで流れを作ってくれたことが大きいです。ずっと体調を崩していた4区の松田(煌希・2年)も大会前に復活して、万全のオーダーを組むことができ、予想した展開通りのレースを選手がやってくれました」と選手の健闘を称えた。昨年の都大路では32位にに甘んじたが、連続出場の今回は29年ぶりの入賞が大目標となる。 全国大会は12月25日、京都市のたけびしスタジアム京都を発着点に行われる。 文/花木雫

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2023.12.01

女子やり投の北口榛花が2023年最も輝きを放ったCrystalAthleteに決定!選手、ファン、メディア投票で決定の「GetsurikuAwards」

月陸Onlineが2022年に創設した「Getsuriku Awards」。選手やファン、メディアからの投票によって、そのシーズンで『最も輝きを放った選手=Crystal Athlete』として表彰する。 広告の下にコン […]

NEWS 島原学生駅伝のオーダー発表! 全日本出場の鹿児島大は九州インカレ1万mVの茅野智裕を3区に起用 女子は福岡大・宮原なな佳が最長4区に登録

2023.12.01

島原学生駅伝のオーダー発表! 全日本出場の鹿児島大は九州インカレ1万mVの茅野智裕を3区に起用 女子は福岡大・宮原なな佳が最長4区に登録

12月1日、九州学連は2日に行われる島原学生駅伝(男子/第41回九州学生駅伝、女子/第23回九州学生女子駅伝)の区間オーダーを発表した。 男子は7区間57.75kmのコースで実施。今年11月の全日本大学駅伝に39大会ぶり […]

NEWS 資生堂の木之下沙椰が競技引退「応援本当にありがとうございました」 神村学園高では全国高校駅伝優勝に貢献

2023.12.01

資生堂の木之下沙椰が競技引退「応援本当にありがとうございました」 神村学園高では全国高校駅伝優勝に貢献

12月1日、資生堂は木之下沙椰が11月30日をもって現役引退したことを発表した。 木之下は鹿児島県出身。小学生からクラブチームで陸上を始め、伊集院北中で本格的に長距離に挑戦。中学時代は3年次の九州大会800m出場の実績を […]

NEWS 鹿児島・大崎での室内競技会がパリ五輪イヤーの24年も開催!来年2月25日、国内唯一の室内100m公認レース

2023.12.01

鹿児島・大崎での室内競技会がパリ五輪イヤーの24年も開催!来年2月25日、国内唯一の室内100m公認レース

大崎町陸上競技の聖地創り実行委員会事務局は12月1日、毎年開催しているJapan Athlete Games in Osakiの2024年大会要項を発表した。 この大会は2020年開催予定だった鹿児島国体がコロナ禍で中止 […]

NEWS 【Playback箱根駅伝】第4回/早大が2年連続V!往路2位から6区で逆転して制す 東農大が3位と健闘

2023.12.01

【Playback箱根駅伝】第4回/早大が2年連続V!往路2位から6区で逆転して制す 東農大が3位と健闘

2024年に箱根駅伝は第100回大会を迎える。記念すべき100回に向けて、これまでの歴史を改めて振り返る『Playback箱根駅伝』を企画。第1回大会から第99回大会まで、大会の様子を刻んでいく。(所属などは当時のもの) […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2023年12月号 (11月14日発売)

2023年12月号 (11月14日発売)

全日本大学駅伝
MGC
北口榛花、田中希実インタビュー

page top