HOME 高校

2022.11.06

大激戦の男子は熊本工2時間4分55秒で25年ぶり優勝!女子はルーテル学院が5年ぶり都大路切符/熊本県高校駅伝
大激戦の男子は熊本工2時間4分55秒で25年ぶり優勝!女子はルーテル学院が5年ぶり都大路切符/熊本県高校駅伝

熊本県高校駅伝は11月5日、3年ぶりに従来のコースである、えがお健康スタジアム付設スタート・フィニッシュ高体連駅伝コースで行われ、男子(7区間42.195km)は熊本工が2時間4分55秒で25年ぶりのV。女子(5区間21.0975km)は、ルーテル学院が1時間8分54秒で5年ぶりの優勝を果たした。

感染症対策のため、至近2年はトラックや競技場周辺の周回コースを利用して無観客で実施されていたが、今年は多くの観客が沿道に詰めかけ、拍手で声援を送った。

11時50分にスタートした男子は、強い日差しを浴びながらのレースに。1区には国体で13分55秒88の好タイムを出した慶誠の楠岡由浩(3年)、日本海駅伝の1区10kmで29分04秒を叩き出した九州学院の永本脩(3年)、5000m14分10秒89の開新・荒牧琢登ら、全国クラスのエースたちが集結。この3人に熊本工・田川寛大(3年)を加えた4人が先頭集団を形成した。7kmで田川が一度離れたが、8kmまでに粘って追いつき、ラスト勝負で抜けた楠岡が29分36秒の区間新。荒牧が7秒遅れで続き、永本がトップと13秒、田川が24秒差で続いた。

2区で九州学院がトップに立ったが、3区では開新、続いて熊本工が九州学院を逆転。ここで上位2校が約20秒のリードを奪い、4区からは開新と熊本工の一騎討ちになる。そして、決着は5区。熊本工の正岡優翔(2年)が区間賞の力走で13秒のリードを奪うと、6区、7区も連続区間賞で開新を突き放し、好記録で四半世紀ぶりの県代表の座をつかんだ。

就任7年目、同校OBでもある疋田徳監督は「1区で九州学院に30秒差がついたら厳しいと思っていたので、11秒差と粘ってくれたのが大きかったですね。後半勝負になると予想して、5~7区に力のある選手をそろえていました。かつては古豪と言われていましたので、強豪と言われるようなチームに育てていきたい」と話し、全国高校駅伝に向けてさらなる飛躍を誓った。

男子に先立って9時50分にスタートした女子は、晴天に恵まれて絶好のコンディション。1区はルーテル学院の溝上加菜(3年)と千原台の西村美月(3年)が序盤から抜け出し、1kmを3分04秒で通過。2kmまで並走したが、溝上が下りを利用して差を広げると、中継所では24秒の差をつけた。溝上は、インターハイ3000m日本人3位の勝負強さを発揮し、18分38秒の区間新。あこがれの選手である先輩の矢田みくに(現・エディオン)の19分41秒を超えた。

エースの快走に背中を押されたルーテル学院は、2区の平田優月も2年連続の区間賞。3、4区の1年生コンビ、古木愛莉と吉田あゆも粘り、最終5区は3年生の中村日菜多が16分52秒の区間賞で締めた。

吉田謙監督は「初出場から5年。改めて2回目の出場を決めることの難しさを実感しました。全員が都大路未経験なので、新しい気持ちで挑戦したい」と初心に返りつつも、前回(16位)果たせなかった入賞を目指す。

文・写真/田端慶子

熊本県高校駅伝は11月5日、3年ぶりに従来のコースである、えがお健康スタジアム付設スタート・フィニッシュ高体連駅伝コースで行われ、男子(7区間42.195km)は熊本工が2時間4分55秒で25年ぶりのV。女子(5区間21.0975km)は、ルーテル学院が1時間8分54秒で5年ぶりの優勝を果たした。 感染症対策のため、至近2年はトラックや競技場周辺の周回コースを利用して無観客で実施されていたが、今年は多くの観客が沿道に詰めかけ、拍手で声援を送った。 11時50分にスタートした男子は、強い日差しを浴びながらのレースに。1区には国体で13分55秒88の好タイムを出した慶誠の楠岡由浩(3年)、日本海駅伝の1区10kmで29分04秒を叩き出した九州学院の永本脩(3年)、5000m14分10秒89の開新・荒牧琢登ら、全国クラスのエースたちが集結。この3人に熊本工・田川寛大(3年)を加えた4人が先頭集団を形成した。7kmで田川が一度離れたが、8kmまでに粘って追いつき、ラスト勝負で抜けた楠岡が29分36秒の区間新。荒牧が7秒遅れで続き、永本がトップと13秒、田川が24秒差で続いた。 2区で九州学院がトップに立ったが、3区では開新、続いて熊本工が九州学院を逆転。ここで上位2校が約20秒のリードを奪い、4区からは開新と熊本工の一騎討ちになる。そして、決着は5区。熊本工の正岡優翔(2年)が区間賞の力走で13秒のリードを奪うと、6区、7区も連続区間賞で開新を突き放し、好記録で四半世紀ぶりの県代表の座をつかんだ。 就任7年目、同校OBでもある疋田徳監督は「1区で九州学院に30秒差がついたら厳しいと思っていたので、11秒差と粘ってくれたのが大きかったですね。後半勝負になると予想して、5~7区に力のある選手をそろえていました。かつては古豪と言われていましたので、強豪と言われるようなチームに育てていきたい」と話し、全国高校駅伝に向けてさらなる飛躍を誓った。 男子に先立って9時50分にスタートした女子は、晴天に恵まれて絶好のコンディション。1区はルーテル学院の溝上加菜(3年)と千原台の西村美月(3年)が序盤から抜け出し、1kmを3分04秒で通過。2kmまで並走したが、溝上が下りを利用して差を広げると、中継所では24秒の差をつけた。溝上は、インターハイ3000m日本人3位の勝負強さを発揮し、18分38秒の区間新。あこがれの選手である先輩の矢田みくに(現・エディオン)の19分41秒を超えた。 エースの快走に背中を押されたルーテル学院は、2区の平田優月も2年連続の区間賞。3、4区の1年生コンビ、古木愛莉と吉田あゆも粘り、最終5区は3年生の中村日菜多が16分52秒の区間賞で締めた。 吉田謙監督は「初出場から5年。改めて2回目の出場を決めることの難しさを実感しました。全員が都大路未経験なので、新しい気持ちで挑戦したい」と初心に返りつつも、前回(16位)果たせなかった入賞を目指す。 文・写真/田端慶子

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.14

男子100mブロメルが全米選手権欠場 3大会連続の五輪代表ならず マクローリン・レブロンは400mHに専念

男子短距離のT.ブロメルが6月21日から開催される全米選手権を欠場することがわかった。 ブロメルは100mで15年北京・22年オレゴン世界選手権で銅メダルを獲得している28歳。今大会には100mにエントリーしていたが、5 […]

NEWS AIUがブダペスト世界陸上5000m銀・カティルを告訴 ドーピング違反に加え不正行為の疑い

2024.06.14

AIUがブダペスト世界陸上5000m銀・カティルを告訴 ドーピング違反に加え不正行為の疑い

6月12日、アスリート・インテグリティー・ユニット(AIU、世界陸連の独立不正監査機関)はブダぺスト世界選手権男子5000m銀メダルのM.カティル(スペイン)を不正行為で告訴することを発表した。 カティルはドーピングの居 […]

NEWS 棒高跳・諸田実咲が海外転戦で好成績 パリ五輪ランキングも浮上

2024.06.14

棒高跳・諸田実咲が海外転戦で好成績 パリ五輪ランキングも浮上

女子棒高跳の日本記録保持者(4m48)諸田実咲(アットホーム)が世界陸連(WA)コンチネンタルツアーの海外転戦で好成績を残している。 6月4日のロイヤルシティ・フェスティバル(カナダ・グエルフ)ではセカンドベスト、パフォ […]

NEWS 400mH畠山このみが初60秒切りの大会新V2!男子5000mサミュエルと吉田が好記録/IH北海道

2024.06.14

400mH畠山このみが初60秒切りの大会新V2!男子5000mサミュエルと吉田が好記録/IH北海道

◇インターハイ北海道地区大会(6月11~14日/旭川市花咲スポーツ公園陸上競技場)3日目 福岡インターハイを懸けた北海道地区大会の2日目が行われ、女子400mハードルで大会新記録が誕生した。昨年の鹿児島国体300mハード […]

NEWS ハンマー投は岡村聡真が「攻めの投げ」で2連覇 走幅跳は近藤孝太がV 棒高跳は小林ひよりが制す/IH北信越

2024.06.14

ハンマー投は岡村聡真が「攻めの投げ」で2連覇 走幅跳は近藤孝太がV 棒高跳は小林ひよりが制す/IH北信越

◇インターハイ北信越地区大会(6月13日~16日/新潟・デンカビッグスワンスタジアム)初日 福岡インターハイを懸けた北信越大会が開幕。男女フィールド4種目の決勝が行われ、男子ハンマー投は岡村聡真(穂高商3長野)が5投目に […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top