HOME 高校

2022.11.04

薫英女学院、九州学院、世羅、洛南、立命館宇治、西脇工など強豪が次々登場 週末は18大会開催/高校駅伝
薫英女学院、九州学院、世羅、洛南、立命館宇治、西脇工など強豪が次々登場 週末は18大会開催/高校駅伝


明日11月5日とあさって6日の両日、全国高校駅伝(12月25日/京都)代表校を決める府県大会が各地で開催される。この2日間で18大会が予定されている。

5日は5府県で行われる。大阪では、2014年、16年と2度全国優勝を果たしている薫英女学院が登場。インターハイ1500m3位、3000m4位といずれも日本人トップだった水本佳菜(3年)を軸にどのようなレースを展開するか。この日は熊本も県大会が行われ、男子は10月9日の日本海駅伝を制した九州学院がV候補だろう。ただ、他校も強力なエースを擁し、接戦となるかもしれない。

6日は13府県で開催される。広島は男子が全国2連覇中の世羅が登場。男女ともに指導者が交代するなか、名門のレースに注目だ。なお、3年ぶりにタスキをつなぐ形式で行われる。また、岡山では男子は倉敷、女子は興譲館を軸に展開するだろう。全国大会へそのタイムも目が離せない。京都は男子が昨年の全国2位の洛南、女子は10月9日のくらよし女子駅伝を1時間8分台で優勝した立命館宇治が中心となる。

この他、兵庫の男子は西脇工を中心に須磨学園、報徳学園が争う構図。インターハイ5000mで日本人トップの4位に入った前田和摩(報徳学園3年)と、同2番手の6位だった長嶋幸宝(西脇工3年)は都大路への思いを懸けて再び同一区間で対決するか。この他、愛知も激戦の可能性がある。

<高校駅伝日程・11月5日~6日>
5日→富山、岐阜、大阪、和歌山、熊本
6日→石川、福井、静岡、愛知、滋賀、京都、兵庫、岡山、広島、山口、香川、愛媛、高知

■高校駅伝特集ページ
全国高校駅伝出場チーム
高校駅伝2022日程

明日11月5日とあさって6日の両日、全国高校駅伝(12月25日/京都)代表校を決める府県大会が各地で開催される。この2日間で18大会が予定されている。 5日は5府県で行われる。大阪では、2014年、16年と2度全国優勝を果たしている薫英女学院が登場。インターハイ1500m3位、3000m4位といずれも日本人トップだった水本佳菜(3年)を軸にどのようなレースを展開するか。この日は熊本も県大会が行われ、男子は10月9日の日本海駅伝を制した九州学院がV候補だろう。ただ、他校も強力なエースを擁し、接戦となるかもしれない。 6日は13府県で開催される。広島は男子が全国2連覇中の世羅が登場。男女ともに指導者が交代するなか、名門のレースに注目だ。なお、3年ぶりにタスキをつなぐ形式で行われる。また、岡山では男子は倉敷、女子は興譲館を軸に展開するだろう。全国大会へそのタイムも目が離せない。京都は男子が昨年の全国2位の洛南、女子は10月9日のくらよし女子駅伝を1時間8分台で優勝した立命館宇治が中心となる。 この他、兵庫の男子は西脇工を中心に須磨学園、報徳学園が争う構図。インターハイ5000mで日本人トップの4位に入った前田和摩(報徳学園3年)と、同2番手の6位だった長嶋幸宝(西脇工3年)は都大路への思いを懸けて再び同一区間で対決するか。この他、愛知も激戦の可能性がある。 <高校駅伝日程・11月5日~6日> 5日→富山、岐阜、大阪、和歌山、熊本 6日→石川、福井、静岡、愛知、滋賀、京都、兵庫、岡山、広島、山口、香川、愛媛、高知 ■高校駅伝特集ページ 全国高校駅伝出場チーム 高校駅伝2022日程

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.13

100mは小澤斗維が向かい風1.8mで10秒58!北海道栄4継は40秒10 女子100mは山崎心愛が11秒78でV2/IH北海道

◇インターハイ北海道地区大会(6月11~14日/旭川市花咲スポーツ公園陸上競技場)2日目 福岡インターハイを懸けた北海道地区大会の2日目が行われ、男女短距離で好記録が誕生した。 男子100mは小澤斗維(北海道栄3)が向か […]

NEWS 【トレーニング講座】走高跳(2024年7月号)

2024.06.13

【トレーニング講座】走高跳(2024年7月号)

月刊陸上競技で連載している「トレーニング講座」。種目ごとに全国の指導者の方々にご執筆いただいています! 月刊陸上競技2024年7月号の「走高跳」で掲載されている練習動画はこちらをチェック! https://youtu.b […]

NEWS 【トレーニング】400mH(2024年7月号掲載)/吉形政衡

2024.06.13

【トレーニング】400mH(2024年7月号掲載)/吉形政衡

月刊陸上競技で連載している「トレーニング講座」。種目ごとに全国の指導者の方々にご執筆いただいています! 月刊陸上競技2024年7月号の「400mH」で掲載されている練習動画はこちらをチェック! https://youtu […]

NEWS 月刊陸上競技2024年7月号

2024.06.12

月刊陸上競技2024年7月号

Contents パリ五輪への道、最終局面 Route de Paris 2024 サニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ) ~世界一、速い男になるために 栁田大輝(東洋大) ~ 21歳の夏、輝く 岡田久美子(富士通)  […]

NEWS 男子中長距離は佐久長聖勢が充実 200mは佐藤克樹、砲丸投は田村凪に注目 女子スプリントは秋澤理沙、100mHは神園弥優が軸/IH北信越

2024.06.12

男子中長距離は佐久長聖勢が充実 200mは佐藤克樹、砲丸投は田村凪に注目 女子スプリントは秋澤理沙、100mHは神園弥優が軸/IH北信越

福岡インターハイ(7月28日~8月1日)を懸けた地区大会が6月に各地で行われる。 インターハイ北信越地区大会(新潟、長野、富山、石川、福井)は6月13日から16日までの4日間、新潟市の新潟スタジアム(デンカビッグスワンス […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top