HOME 駅伝

2022.11.04

MARCH対抗戦が今年も開催!賞金30万円かけ激突 全5校が箱根駅伝に
MARCH対抗戦が今年も開催!賞金30万円かけ激突 全5校が箱根駅伝に

明治大学(M)、青山学院大学(A)、立教大学(R)、中央大学(C)、法政大学(H)の私学5大学が参加する「MARCH対抗戦」が、今年も11月25日(金)に町田GIONスタジアム(町田市立陸上競技場)で開催されることが発表された。

主催は、青山学院大の原晋監督が代表理事を務める一般社団法人アスリートキャリアセンターで、「箱根駅伝に負けないような熱く、エンターテインメント性の高い大会を作りたい」「選手たちが活躍できる環境を増やしたい」というコンセプトのもと、昨年からスタートした。

種目は10000mのみで、レースは全5組で実施。各大学上位10人の合計タイムで順位を競う。GMOインターネットグループがメインスポンサーを務め、優勝チームには30万円が贈られるなど、成績に応じて各大学、個人に奨学金が授与される。

大会ホームページから事前に登録すると競技場内限定200人、スタンド限定5000人が無料で観戦できるほか、レースの模様は、前半(午後3時〜5時予定)をアスリートキャリアセンター公式YouTubeチャンネルで、後半(午後5時〜7時予定)はABEMAの「SPORTS LIVEチャンネル」でライブ配信される。

箱根駅伝でシード権を持つ青学大、中大、法大に加え、10月15日の予選会を明大と立大が突破。原監督は大会ホームページを通して「箱根駅伝連覇を目指す上で、他大に負けられない前哨戦ともなります」とコメントしており、昨年以上の熱い戦いが繰り広げられそうだ。

■MARCH対抗戦 出場校指揮官コメント(全文ママ)
明大
山本佑樹 駅伝監督
「今年もMARCH対抗戦が開催されることを本当に嬉しく思います。開催にご尽力いただいた皆様に感謝致します。立教大学が箱根駅伝に帰ってきました。このMARCH対抗戦の成果が早くも出たのだと思います!明治大学は、箱根駅伝でシード権を取ることが目標です。他大学の選手に勝負を挑み、切磋琢磨して力をつけたいと思っています。みんなで良いレースにしましょう!」

青学大
原 晋 長距離監督
「12月10日箱根駅伝16人エントリーに向け大変重要なMARCH対抗戦2022となる。また箱根駅伝連覇を目指す上で、他大に負けられない前哨戦ともなります。四年生エース近藤、岸本さらにはニュースター選手誕生もあります。昨年以上のパワフルな走りをご期待ください!」

立教大
上野裕一郎 男子駅伝監督
「55年ぶりとなる箱根駅伝出場を果たしました。先に、関係者各位に多大なるご支援を賜り厚く感謝申し上げます。箱根駅伝にRの文字を見なくなり55年が経ちますが、来年2023年1月2日、3日に復活いたします。MARCHの名前が揃います。本当にここまでよく頑張ってきた学生たちを褒めてあげて下さい。MARCH対抗戦ではチームで1つでも上の順位を目指し、1人1人がチームの為、個人の競技力向上の為に頑張ります。応援宜しくお願いします」

中大
藤原正和 駅伝監督
「今年もMARCH対抗戦に参加できる事を大変嬉しく思います。箱根駅伝前哨戦として早くも定着してきた今大会、各大学がしのぎを削る中、我々もプライドを魅せられるようチーム一丸となって頑張りたいと思います。今年のチームは″勝つ事への執念″を1年かけて醸成してきました。手が届きそうな今だからこそ、勝つ事の喜びを今大会で覚え、箱根本番に繋げていきたい考えです。昨年チャンピオンの青山学院さんへ、挑戦するのは我々だ!」

法大
坪田智夫 駅伝監督
「昨年に引き続き、このような対抗戦を企画していただきありがとうございます。法政大学は多くの方々のご支援・ご声援をいただき、例年以上に充実した夏合宿を行うことができました。その成果として特に上位層のレベルアップが実感でき、実績豊富な4年生を中心としてチーム全員で箱根駅伝本戦に繋がるような走りをしたいと思います。箱根駅伝での目標達成のために、より層に厚みのあるチームを目指していきます」

明治大学(M)、青山学院大学(A)、立教大学(R)、中央大学(C)、法政大学(H)の私学5大学が参加する「MARCH対抗戦」が、今年も11月25日(金)に町田GIONスタジアム(町田市立陸上競技場)で開催されることが発表された。 主催は、青山学院大の原晋監督が代表理事を務める一般社団法人アスリートキャリアセンターで、「箱根駅伝に負けないような熱く、エンターテインメント性の高い大会を作りたい」「選手たちが活躍できる環境を増やしたい」というコンセプトのもと、昨年からスタートした。 種目は10000mのみで、レースは全5組で実施。各大学上位10人の合計タイムで順位を競う。GMOインターネットグループがメインスポンサーを務め、優勝チームには30万円が贈られるなど、成績に応じて各大学、個人に奨学金が授与される。 大会ホームページから事前に登録すると競技場内限定200人、スタンド限定5000人が無料で観戦できるほか、レースの模様は、前半(午後3時〜5時予定)をアスリートキャリアセンター公式YouTubeチャンネルで、後半(午後5時〜7時予定)はABEMAの「SPORTS LIVEチャンネル」でライブ配信される。 箱根駅伝でシード権を持つ青学大、中大、法大に加え、10月15日の予選会を明大と立大が突破。原監督は大会ホームページを通して「箱根駅伝連覇を目指す上で、他大に負けられない前哨戦ともなります」とコメントしており、昨年以上の熱い戦いが繰り広げられそうだ。 ■MARCH対抗戦 出場校指揮官コメント(全文ママ) 明大 山本佑樹 駅伝監督 「今年もMARCH対抗戦が開催されることを本当に嬉しく思います。開催にご尽力いただいた皆様に感謝致します。立教大学が箱根駅伝に帰ってきました。このMARCH対抗戦の成果が早くも出たのだと思います!明治大学は、箱根駅伝でシード権を取ることが目標です。他大学の選手に勝負を挑み、切磋琢磨して力をつけたいと思っています。みんなで良いレースにしましょう!」 青学大 原 晋 長距離監督 「12月10日箱根駅伝16人エントリーに向け大変重要なMARCH対抗戦2022となる。また箱根駅伝連覇を目指す上で、他大に負けられない前哨戦ともなります。四年生エース近藤、岸本さらにはニュースター選手誕生もあります。昨年以上のパワフルな走りをご期待ください!」 立教大 上野裕一郎 男子駅伝監督 「55年ぶりとなる箱根駅伝出場を果たしました。先に、関係者各位に多大なるご支援を賜り厚く感謝申し上げます。箱根駅伝にRの文字を見なくなり55年が経ちますが、来年2023年1月2日、3日に復活いたします。MARCHの名前が揃います。本当にここまでよく頑張ってきた学生たちを褒めてあげて下さい。MARCH対抗戦ではチームで1つでも上の順位を目指し、1人1人がチームの為、個人の競技力向上の為に頑張ります。応援宜しくお願いします」 中大 藤原正和 駅伝監督 「今年もMARCH対抗戦に参加できる事を大変嬉しく思います。箱根駅伝前哨戦として早くも定着してきた今大会、各大学がしのぎを削る中、我々もプライドを魅せられるようチーム一丸となって頑張りたいと思います。今年のチームは″勝つ事への執念″を1年かけて醸成してきました。手が届きそうな今だからこそ、勝つ事の喜びを今大会で覚え、箱根本番に繋げていきたい考えです。昨年チャンピオンの青山学院さんへ、挑戦するのは我々だ!」 法大 坪田智夫 駅伝監督 「昨年に引き続き、このような対抗戦を企画していただきありがとうございます。法政大学は多くの方々のご支援・ご声援をいただき、例年以上に充実した夏合宿を行うことができました。その成果として特に上位層のレベルアップが実感でき、実績豊富な4年生を中心としてチーム全員で箱根駅伝本戦に繋がるような走りをしたいと思います。箱根駅伝での目標達成のために、より層に厚みのあるチームを目指していきます」

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.13

円盤投全国トップの田窪一翔 100m10秒5台の畠中とマルティネスの対決 走幅跳全国4位の山崎りりや登場/IH四国

福岡インターハイ(7月28日~8月1日)を懸けた地区大会が6月に各地で行われる。 インターハイ四国地区大会は6月15日から17日までの3日間、高知県の春野総合運動公園陸上競技場で開かれる。 男子の注目種目は円盤投。田窪一 […]

NEWS 五輪目指す栁田大輝が日本選手権前ラストレース やり投・清川と巖の80mスロワー対決、女子は山本亜美山形愛羽が登場/日本学生個人

2024.06.13

五輪目指す栁田大輝が日本選手権前ラストレース やり投・清川と巖の80mスロワー対決、女子は山本亜美山形愛羽が登場/日本学生個人

“学生ナンバーワン”を決める日本学生個人選手権が6月14日(金)から16日(日)までの3日間、神奈川・レモンガススタジアム平塚で行われる。学校対抗のインカレとは違った趣のナンバーワン決定戦。注目の選手たちを見ていこう。 […]

NEWS インゲブリグトセン大会新で1500mも完勝「今大会の走りに満足」 女子走幅跳ミハンボ7m22 デュプランティス金/欧州選手権

2024.06.13

インゲブリグトセン大会新で1500mも完勝「今大会の走りに満足」 女子走幅跳ミハンボ7m22 デュプランティス金/欧州選手権

◇欧州選手権(6月7日~12日/イタリア・ローマ) 6月12日、欧州選手権の最終日が行われ、男子1500mでは東京五輪金メダルのヤコブ・インゲブリグトセン(ノルウェー)が3分31秒95で優勝した。 前回大会で自らが作った […]

NEWS 100mは小澤斗維が向かい風1.8mで10秒58!北海道栄4継は40秒10 女子100mは山崎心愛が11秒78でV2/IH北海道

2024.06.13

100mは小澤斗維が向かい風1.8mで10秒58!北海道栄4継は40秒10 女子100mは山崎心愛が11秒78でV2/IH北海道

◇インターハイ北海道地区大会(6月11~14日/旭川市花咲スポーツ公園陸上競技場)2日目 福岡インターハイを懸けた北海道地区大会の2日目が行われ、男女短距離で好記録が誕生した。 男子100mは小澤斗維(北海道栄3)が向か […]

NEWS 【トレーニング講座】走高跳(2024年7月号)

2024.06.13

【トレーニング講座】走高跳(2024年7月号)

月刊陸上競技で連載している「トレーニング講座」。種目ごとに全国の指導者の方々にご執筆いただいています! 月刊陸上競技2024年7月号の「走高跳」で掲載されている練習動画はこちらをチェック! https://youtu.b […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top