HOME 駅伝、箱根駅伝

2022.10.15

大東大・真名子監督「レース中はハラハラドキドキでした」/箱根駅伝予選会 通過校指揮官コメント
大東大・真名子監督「レース中はハラハラドキドキでした」/箱根駅伝予選会 通過校指揮官コメント

◇第99回箱根駅伝予選会(10月15日/東京・陸上自衛隊立川駐屯地スタート、昭和記念公園フィニッシュ:21.0975km)

本戦返り咲きを狙った大東大、城西大が上位通過を決め、6位の立大が55年ぶりの箱根路復帰など大いに盛り上がった第99回箱根駅伝予選会。前回の本戦出場校では神奈川大と中央学大、駿河台大が敗退を喫するなど波乱もあったが、それ以外は連続出場を伸ばしたかたちとなった。

以下、レース後における予選通過校の指揮官コメントを紹介する。

1位 大東大 真名子圭監督
「(4年ぶりの通過に)歯がゆい気持ちをしてきたので、監督としても、OBとしても大変うれしく思います。学生たちがあきらめずにやってきた成果なので、若い力はすごいなと思いました。練習を見ていてある程度の手ごたえはありましたが、レース中はハラハラドキドキでした。母校の指導に携われるのは光栄なこと。来年は大学の創立100周年なので、いいタイミングで突破できました。本戦だからといって特別なことはしません。今までやってきたことをしっかりやって、まずはシード権を目指していきます」

2位 明大 山本佑樹駅伝監督
「富田峻平と児玉真輝は春から安定して上位で走れるようになってきました。ウチのエースとしてやってくれているなと感じています。厚みは出てきましたが、全体的にみると富田と児玉以外はイマイチでしたね。往路を終えてシード圏内にいないと巻き返せないので、前半重視で行きたい。前回の箱根駅伝から少しずつ変えていっているので、本番で集大成となる結果が残せればと思います」

3位 城西大 櫛部静二監督
「ホッとしています。昨年は序盤から出遅れてしまったので、今回は本戦を見据えてある程度前の位置で速いペースで入り、後半は耐えるプランでした。5km、10km、15kmと常に速報順位で上位にいたので、選手はよくやってくれました。特に日本人トップだった1年生の齋藤将也。本戦はシード権獲得を目指していきたい」

4位 早大 花田勝彦駅伝監督
「夏場も苦手な走り込みもやれていたので、ここに向けてはいいかたちで上がっていた。あまり不安はありませんでしたが、スローペースになって怖さはありました。通って良かったと思います。早稲田は予選会を目指しているチームではなく、選手たちは箱根駅伝の優勝を目指しています。そのために何が必要なのかを考えて、本戦まで過ごしていきたいと思います」

5位 日体大 玉城良二駅伝監督
「こんなに本戦経験者が外れた大学はないのではないでしょうか。1、2年生6人が新しい力として融合したことが大きい。普段の練習から、競争ではなく、こぼれずにやり切ることを徹底して集団走の準備をしていました。2人転倒があったので、その影響はありました。本戦はとにかく往路の組み立てに注力したい」

6位 立大 上野裕一郎駅伝監督
「すなおにうれしいです。55年ぶりですが、そこに至るまでの関係者の方々の思いを感じ、選手時代より段違いにうれしいです。なぜなら、監督は1人ではできることではないからです。本戦に向けてですが、シードを狙うにはまだ力不足。今日だけは喜んでいいと思いますが、明日からは監督含め、選手ともども気を引き締めてやっていきたいです」

7位 山梨学大 飯島理彰駅伝監督
「夏に新型コロナウイルス罹患者が出て、10日間活動停止。活動再開したあとも1週間ジョグだったので、間に合わせる感じになってしまいました。この危機を乗り越えられたのは選手たちの精神力がすばらしかった。本戦の目標はシード権。ここから一段二段と強化したい」

8位 専大 長谷川淳監督
「少し不安もありましたが、順位としては少しずつ上がっていったので、このくらいだろうと思っていました。(日本人トップの)木村暁仁は2日前の調整で過去最高のタイムを出したので、これはひょっとするかなと思っていました。本戦ではシード権を目指してやっていきます」

9位 東海大 両角速駅伝監督
「集団走は比較的うまくいきましたが、足並みがそろっていない部分がありました。石原(翔太郎)は元々シンスプリントの不安を抱えていましたが、失速の原因は脱水症状かもしれません。箱根では前回5区区間2位の吉田響はいますし、石原は2区か3区に起用できそう。チーム力をそろえて上を目指します」

10位 国士大 小川博之駅伝監督
「シーズン当初から今年はギリギリだぞと伝えていた。その通りになりましたが、通って安心しています。最初の5kmは悪かったですが、上がっていったので、ほぼほぼイメージ通りです。テレビの速報順位で12位に落ちた時はダメかなと思いましたが……。留学生と日本人の総合力でシードを取りたい」

◇第99回箱根駅伝予選会(10月15日/東京・陸上自衛隊立川駐屯地スタート、昭和記念公園フィニッシュ:21.0975km) 本戦返り咲きを狙った大東大、城西大が上位通過を決め、6位の立大が55年ぶりの箱根路復帰など大いに盛り上がった第99回箱根駅伝予選会。前回の本戦出場校では神奈川大と中央学大、駿河台大が敗退を喫するなど波乱もあったが、それ以外は連続出場を伸ばしたかたちとなった。 以下、レース後における予選通過校の指揮官コメントを紹介する。 1位 大東大 真名子圭監督 「(4年ぶりの通過に)歯がゆい気持ちをしてきたので、監督としても、OBとしても大変うれしく思います。学生たちがあきらめずにやってきた成果なので、若い力はすごいなと思いました。練習を見ていてある程度の手ごたえはありましたが、レース中はハラハラドキドキでした。母校の指導に携われるのは光栄なこと。来年は大学の創立100周年なので、いいタイミングで突破できました。本戦だからといって特別なことはしません。今までやってきたことをしっかりやって、まずはシード権を目指していきます」 2位 明大 山本佑樹駅伝監督 「富田峻平と児玉真輝は春から安定して上位で走れるようになってきました。ウチのエースとしてやってくれているなと感じています。厚みは出てきましたが、全体的にみると富田と児玉以外はイマイチでしたね。往路を終えてシード圏内にいないと巻き返せないので、前半重視で行きたい。前回の箱根駅伝から少しずつ変えていっているので、本番で集大成となる結果が残せればと思います」 3位 城西大 櫛部静二監督 「ホッとしています。昨年は序盤から出遅れてしまったので、今回は本戦を見据えてある程度前の位置で速いペースで入り、後半は耐えるプランでした。5km、10km、15kmと常に速報順位で上位にいたので、選手はよくやってくれました。特に日本人トップだった1年生の齋藤将也。本戦はシード権獲得を目指していきたい」 4位 早大 花田勝彦駅伝監督 「夏場も苦手な走り込みもやれていたので、ここに向けてはいいかたちで上がっていた。あまり不安はありませんでしたが、スローペースになって怖さはありました。通って良かったと思います。早稲田は予選会を目指しているチームではなく、選手たちは箱根駅伝の優勝を目指しています。そのために何が必要なのかを考えて、本戦まで過ごしていきたいと思います」 5位 日体大 玉城良二駅伝監督 「こんなに本戦経験者が外れた大学はないのではないでしょうか。1、2年生6人が新しい力として融合したことが大きい。普段の練習から、競争ではなく、こぼれずにやり切ることを徹底して集団走の準備をしていました。2人転倒があったので、その影響はありました。本戦はとにかく往路の組み立てに注力したい」 6位 立大 上野裕一郎駅伝監督 「すなおにうれしいです。55年ぶりですが、そこに至るまでの関係者の方々の思いを感じ、選手時代より段違いにうれしいです。なぜなら、監督は1人ではできることではないからです。本戦に向けてですが、シードを狙うにはまだ力不足。今日だけは喜んでいいと思いますが、明日からは監督含め、選手ともども気を引き締めてやっていきたいです」 7位 山梨学大 飯島理彰駅伝監督 「夏に新型コロナウイルス罹患者が出て、10日間活動停止。活動再開したあとも1週間ジョグだったので、間に合わせる感じになってしまいました。この危機を乗り越えられたのは選手たちの精神力がすばらしかった。本戦の目標はシード権。ここから一段二段と強化したい」 8位 専大 長谷川淳監督 「少し不安もありましたが、順位としては少しずつ上がっていったので、このくらいだろうと思っていました。(日本人トップの)木村暁仁は2日前の調整で過去最高のタイムを出したので、これはひょっとするかなと思っていました。本戦ではシード権を目指してやっていきます」 9位 東海大 両角速駅伝監督 「集団走は比較的うまくいきましたが、足並みがそろっていない部分がありました。石原(翔太郎)は元々シンスプリントの不安を抱えていましたが、失速の原因は脱水症状かもしれません。箱根では前回5区区間2位の吉田響はいますし、石原は2区か3区に起用できそう。チーム力をそろえて上を目指します」 10位 国士大 小川博之駅伝監督 「シーズン当初から今年はギリギリだぞと伝えていた。その通りになりましたが、通って安心しています。最初の5kmは悪かったですが、上がっていったので、ほぼほぼイメージ通りです。テレビの速報順位で12位に落ちた時はダメかなと思いましたが……。留学生と日本人の総合力でシードを取りたい」

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.07.13

東大阪大敬愛高が4×800mRで日本新!日本選手権Vの久保凛 2分01秒台の激走に「自信になります」

7月13日、東大阪市第2回OV30陸上競技記録会が東大阪市のトライスタジアム(花園中央公園多目的競技場)で行われ、女子4×800mリレーに東大阪大敬愛高(大阪)の2チームが出場。北村凜(3年)、朝野流南(2年)、田村実彩 […]

NEWS 五輪代表・樺沢和佳奈 3000m8分53秒99の自己新! 後藤夢も8分台 男子3000mは中野翔太がトップ/ホクレンDC士別

2024.07.13

五輪代表・樺沢和佳奈 3000m8分53秒99の自己新! 後藤夢も8分台 男子3000mは中野翔太がトップ/ホクレンDC士別

ホクレン・ディスタンスチャレンジ2024第3戦の士別大会が7月13日に行われ、女子3000mAではパリ五輪5000m代表の樺沢和佳奈(三井住友海上)が8分53秒99の自己新をマークした。 6月末の日本選手権以来のレースと […]

NEWS 男子走高跳のバルシム「パリが最後の五輪」と表明 東京五輪金メダリスト

2024.07.13

男子走高跳のバルシム「パリが最後の五輪」と表明 東京五輪金メダリスト

7月12日、男子走高跳のM.E.バルシム(カタール)が自身のSNSを更新し、「パリ五輪が自身最後の五輪になる」と発表した。 6月に33歳となったバルシムは男子走高跳を長く牽引してきたジャンパー。2010年の世界ジュニア選 […]

NEWS 男子走幅跳・城山正太郎がシーズンベストでV 100mHオープン参加の寺田明日香13秒14/北海道選手権

2024.07.13

男子走幅跳・城山正太郎がシーズンベストでV 100mHオープン参加の寺田明日香13秒14/北海道選手権

7月13日、第97回北海道選手権の初日が網走市運動公園市営陸上競技場で行われ、男子走幅跳に日本記録保持者の城山正太郎(ゼンリン)が出場し、シーズンベストの7m86(+1.7)で優勝した。 昨年の世界選手権代表の城山。今季 […]

NEWS 【男子200m】井手友郎(済美高1) 21秒28=高1歴代8位

2024.07.13

【男子200m】井手友郎(済美高1) 21秒28=高1歴代8位

7月13日、第79回愛媛県選手権の2日目が行われ、男子200mで高校1年生の井手友郎(済美高1愛媛)が21秒28(+1.5)の大会新記録で優勝した。この記録は高1歴代8位の好記録となる。 井手は桑原中時代に全中200m5 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年8月号 (7月12日発売)

2024年8月号 (7月12日発売)

W別冊付録
パリ五輪観戦ガイド&福岡インターハイ完全ガイド

page top