HOME 特集

2020.03.10

逆襲のスプリンター②「1日1日を大切に」高橋萌木子がたどり着いた境地
逆襲のスプリンター②「1日1日を大切に」高橋萌木子がたどり着いた境地

【Web特別記事】

逆襲のスプリンター②
「1日1日を大切に」高橋萌木子がたどり着いた境地


 東京五輪を控え、俄然注目を集める陸上短距離。期待を一身に集めながら、苦しみ、悩み、それでも突き進むスプリンターたちにスポットを当てていく企画。2回目は高橋萌木子(ワールドウィング)を紹介する。日本女子短距離界を引っ張る存在になることを誰もが信じて疑わなかった逸材が、第一線から消え、そしてたどり着いた境地とは。

女子スプリント“黄金世代”の筆頭

 昨年9月の全日本実業団対抗の女子100m決勝。高橋萌木子はその舞台に立っていた。

「久しぶりの(選手権での)決勝。空気感を楽しみながら、シーズンベストは出したいなという思いでした」

 5月に出していた11秒84のシーズンベストは更新できなかったが、結果は3位。「最初の5歩までうまくいかなかった」と残念がったが、レース後はすがすがしい表情だった。

 レースを制したのは、埼玉栄高の後輩でもある土井杏南(JAL)。「大先輩と一緒に走れてうれしいですし、自分も頑張ろうって思えました」と、土井は中学時代に戻ったようなキラキラしたまなざしを先輩に向けた。

 それだけ、多くの選手にとってあこがれの的で、目標とされる存在だった。

 全国中学校選手権女子200mを優勝すると、2004年から06年までインターハイ100m3連覇。これはインターハイ史上初めてのことで、その後も誰も成し遂げていない快挙だ。

 3年時の大阪インターハイは、高橋が100m3連覇、200mで中村宝子がU20日本新、100mハードルでは1学年下の寺田明日香(現パソナグループ)が2連覇と、女子スプリント旋風が吹き荒れた。その時、100m2位、200m3位と高橋の隣に並んだのが福島千里(現セイコー)だった。

 この世代は他にも、2年連続中長距離2冠の小林祐梨子、走幅跳優勝の木村文子(現エディオン)と「当たり年」。この世代は、その後の陸上界を支えていく存在へと成長していく。

 平成国際大に進学した1年目には日本選手権で優勝し、大阪世界選手権にも出場。09年には100m、200mで日本学生記録も更新するなど、日本女子短距離界を担う貴重な存在だった。4×100mリレーでも福島らとバトンとつなぎ、3度日本記録も更新。明るい未来が待っているはずだった。

ケガから7年ぶりの11秒台

昨年の国体100m予選では高橋(右端)と福島(左端)が同組で走った

 だが、11年頃から好調時に届かず、12年ロンドン五輪の4継メンバーから外れると、その後はケガが相次ぎ、不振に陥る。思うような走りができず、普通に歩くことさえ困難な時期もあったという。

 特に、両脚のアキレス腱痛は深刻だった。

「心が死んでいた時期もありました。何度も陸上を辞めようと思った。心と身体が全然一致しなくて」

 それでも高橋は走り続けた。

「いつになっても、ちー(福島)の存在は私のモチベーションの一つ。ずっと連絡は取り合っていますが、他愛もない話です。それもずっと変わりません」

 17年の秋から、拠点を鳥取に移した。「ワールドウィング」のジムで業務をしながらトレーニングを積んだ。

「負荷をかけつつ、動かせるように。違った方向からのパフォーマンス発揮ができるようになりました」

 次第に痛みは消え、弾力のある筋力に変わっていくのがわかった。

 そして19年5月。11秒84をマークした。実に7年ぶりの11秒台。8月にも11秒89で走ると、全日本実業団対抗で「全国の決勝」に戻ってきた。

「決勝ではやりたいことができなかった。悔しさしかないですよ。でも、やっと悔しいという気持ちを持てるところまで戻ってこられました。心と身体の向かうところが一緒になってきたんです」

 今は、大きな記録を狙うことはない。簡単に「世界」「オリンピック」とは言えない。その難しさを十分に理解しているからだ。

「日々、進化すること。1日、1日を進み続ければいい。1回戻っても、また前進。それが今の目標です。まずは自分がどう成長するか。楽しくできるか。やっぱり、楽しくないと続きません」

 全日本実業団から2週間後。茨城での国体100mに出場した。予選3組。高橋と福島が同じ組に並んだ。

「なかなか一緒に走る機会がなかったんですが……。これは狙っているんですかね?」

 そう笑った。

 長きに渡って牽引してきた福島もまた、東京五輪を前にケガで苦しい日々を過ごしている。先駆者にしかわからない思い、ともに戦った同志でしか共有できない思いがある。

 あの頃のように2人で――。まだ、時計の針は止まっていない。

文/向永拓史

【Web特別記事】

逆襲のスプリンター② 「1日1日を大切に」高橋萌木子がたどり着いた境地

 東京五輪を控え、俄然注目を集める陸上短距離。期待を一身に集めながら、苦しみ、悩み、それでも突き進むスプリンターたちにスポットを当てていく企画。2回目は高橋萌木子(ワールドウィング)を紹介する。日本女子短距離界を引っ張る存在になることを誰もが信じて疑わなかった逸材が、第一線から消え、そしてたどり着いた境地とは。

女子スプリント“黄金世代”の筆頭

 昨年9月の全日本実業団対抗の女子100m決勝。高橋萌木子はその舞台に立っていた。 「久しぶりの(選手権での)決勝。空気感を楽しみながら、シーズンベストは出したいなという思いでした」  5月に出していた11秒84のシーズンベストは更新できなかったが、結果は3位。「最初の5歩までうまくいかなかった」と残念がったが、レース後はすがすがしい表情だった。  レースを制したのは、埼玉栄高の後輩でもある土井杏南(JAL)。「大先輩と一緒に走れてうれしいですし、自分も頑張ろうって思えました」と、土井は中学時代に戻ったようなキラキラしたまなざしを先輩に向けた。  それだけ、多くの選手にとってあこがれの的で、目標とされる存在だった。  全国中学校選手権女子200mを優勝すると、2004年から06年までインターハイ100m3連覇。これはインターハイ史上初めてのことで、その後も誰も成し遂げていない快挙だ。  3年時の大阪インターハイは、高橋が100m3連覇、200mで中村宝子がU20日本新、100mハードルでは1学年下の寺田明日香(現パソナグループ)が2連覇と、女子スプリント旋風が吹き荒れた。その時、100m2位、200m3位と高橋の隣に並んだのが福島千里(現セイコー)だった。  この世代は他にも、2年連続中長距離2冠の小林祐梨子、走幅跳優勝の木村文子(現エディオン)と「当たり年」。この世代は、その後の陸上界を支えていく存在へと成長していく。  平成国際大に進学した1年目には日本選手権で優勝し、大阪世界選手権にも出場。09年には100m、200mで日本学生記録も更新するなど、日本女子短距離界を担う貴重な存在だった。4×100mリレーでも福島らとバトンとつなぎ、3度日本記録も更新。明るい未来が待っているはずだった。

ケガから7年ぶりの11秒台

昨年の国体100m予選では高橋(右端)と福島(左端)が同組で走った  だが、11年頃から好調時に届かず、12年ロンドン五輪の4継メンバーから外れると、その後はケガが相次ぎ、不振に陥る。思うような走りができず、普通に歩くことさえ困難な時期もあったという。  特に、両脚のアキレス腱痛は深刻だった。 「心が死んでいた時期もありました。何度も陸上を辞めようと思った。心と身体が全然一致しなくて」  それでも高橋は走り続けた。 「いつになっても、ちー(福島)の存在は私のモチベーションの一つ。ずっと連絡は取り合っていますが、他愛もない話です。それもずっと変わりません」  17年の秋から、拠点を鳥取に移した。「ワールドウィング」のジムで業務をしながらトレーニングを積んだ。 「負荷をかけつつ、動かせるように。違った方向からのパフォーマンス発揮ができるようになりました」  次第に痛みは消え、弾力のある筋力に変わっていくのがわかった。  そして19年5月。11秒84をマークした。実に7年ぶりの11秒台。8月にも11秒89で走ると、全日本実業団対抗で「全国の決勝」に戻ってきた。 「決勝ではやりたいことができなかった。悔しさしかないですよ。でも、やっと悔しいという気持ちを持てるところまで戻ってこられました。心と身体の向かうところが一緒になってきたんです」  今は、大きな記録を狙うことはない。簡単に「世界」「オリンピック」とは言えない。その難しさを十分に理解しているからだ。 「日々、進化すること。1日、1日を進み続ければいい。1回戻っても、また前進。それが今の目標です。まずは自分がどう成長するか。楽しくできるか。やっぱり、楽しくないと続きません」  全日本実業団から2週間後。茨城での国体100mに出場した。予選3組。高橋と福島が同じ組に並んだ。 「なかなか一緒に走る機会がなかったんですが……。これは狙っているんですかね?」  そう笑った。  長きに渡って牽引してきた福島もまた、東京五輪を前にケガで苦しい日々を過ごしている。先駆者にしかわからない思い、ともに戦った同志でしか共有できない思いがある。  あの頃のように2人で――。まだ、時計の針は止まっていない。 文/向永拓史

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.05.30

2024年インターハイ地区大会情報

各地区で行われるインターハイ地区大会。全11地区分の大会関連ページ、結果ページです! インターハイ出場への道 ・各地区大会上位6位までがインターハイ出場 ※男女競歩は5位、女子棒高跳、女子三段跳、女子ハンマー投は4位まで […]

NEWS アディダスから新作ランニングシューズ「ADIZERO SL 2」が登場!日本の女子長距離界を牽引する新谷仁美も絶賛

2024.05.30

アディダスから新作ランニングシューズ「ADIZERO SL 2」が登場!日本の女子長距離界を牽引する新谷仁美も絶賛

アディダス ジャパンは30日、東京・世田谷区の駒沢オリンピック公園総合運動場でランニングシリーズ「ADIZERO(アディゼロ)」の最新作シューズ「ADIZERO SL 2(アディゼロ エスエル ツー)」の商品プレゼンテー […]

NEWS 【連載】上田誠仁コラム雲外蒼天/第45回「インカレの舞台に立つ難しさ~走ることを楽しみ、意義を見出して~」

2024.05.30

【連載】上田誠仁コラム雲外蒼天/第45回「インカレの舞台に立つ難しさ~走ることを楽しみ、意義を見出して~」

山梨学大の上田誠仁顧問の月陸Online特別連載コラム。これまでの経験や感じたこと、想いなど、心のままに綴っていただきます! 第45回「インカレの舞台に立つ難しさ~走ることを楽しみ、意義を見出して~」 5月のコラムは関東 […]

NEWS 【高校生FOCUS】男子棒高跳・谷口海斗(中京大中京高)今年は全国4冠と父の現役ベスト越えに挑戦

2024.05.30

【高校生FOCUS】男子棒高跳・谷口海斗(中京大中京高)今年は全国4冠と父の現役ベスト越えに挑戦

FOCUS! 高校生INTERVIEW 谷口 海斗 Taniguchi kaito 中京大中京高3愛知 注目の高校アスリートをフォーカスして紹介するコーナー!今回は男子棒高跳の谷口海斗選手(中京大中京高3愛知)です。昨年 […]

NEWS 新谷仁美 マラソン日本新への思い変わらず「ごまかしながらでなく再構築」東京世界陸上はトラックでの可能性示唆

2024.05.30

新谷仁美 マラソン日本新への思い変わらず「ごまかしながらでなく再構築」東京世界陸上はトラックでの可能性示唆

女子10000m日本記録保持者でマラソン日本歴代3位の記録を持つ新谷仁美(積水化学)が、5月30日に都内で行われた契約するアディダスのシューズイベントに出席した。 今年3月の東京マラソンで2時間21分50秒をマークして日 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年6月号 (5月14日発売)

2024年6月号 (5月14日発売)

別冊付録学生駅伝ガイド

page top