月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

男子4×100mRはカナダが世界歴代5位37秒48で12大会ぶり金!!4走デグラスが地元米国との大熱戦制す/世界陸上


◇オレゴン世界陸上(7月15日~24日/米国・オレゴン州ユージン)9日目

オレゴン世界陸上9日目のイブニングセッションに行われた男子4×100mリレー決勝は、カナダが国別世界歴代5位の37秒48で1997年アテネ大会以来12大会ぶりの金メダルに輝いた。

昨年の東京五輪で銀メダル(上位チームの失格で銅メダルから繰り上がり)を獲得した時とまったく同じオーダー。1走からアーロン・ブラウン、ジェローム・ブレイク、ブレンドン・ロドニーと堅実につないだカナダは、アンカーの東京五輪200m王者アンドレ・デグラスにトップでバトンを渡した。

そのデグラスは、すぐ後ろから追う米国にトップの座を譲らない。米国のアンカーであるマーヴィン・ブレイシーは日本のサニブラウン・アブデル・ハキームも所属するタンブルウィードTCのチームメイトだ。デグラス自身、大会前に新型コロナウイルスに感染した影響でコンディションが整わず、今大会は100mで準決勝どまり、200mは欠場している。

しかし、最後の1本で意地の爆走。男子スプリント全種目制覇と、直前のレースを制した女子との男女優勝という米国の夢を打ち砕き、両手を広げてトップでフィニッシュラインを駆け抜けた。米国は0.07秒及ばず銀メダル、3位は37秒83で英国だった。

デグラスが本調子だったとしても、個人の走力では200m金メダルのノア・ライルズを中心とした米国に到底およばない。30歳のブラウンは100m8位・200m7位と実力を見せたが、ブレイクは100m予選敗退、200m準決勝どまり、ロドニーは個人種目に出場すらしていない。

それでも、世界の頂点に立てるのが4継だ。それを証明したカナダの4人は、国旗を掲げ、誇らしげに胸を張った。

■男子4×100mR上位成績
1位 カナダ   37秒48
2位 米国    37秒55
3位 英国    37秒83
4位 ジャマイカ 38秒06
5位 ガーナ   38秒07=自国新
6位 南アフリカ 38秒10
7位 ブラジル  38秒25
失格 フランス 

■男子4×100mR国別世界歴代10傑
36.84 ジャマイカ 2012. 8.11
(カーター,フレイター,ブレイク,ボルト)
37.10 米 国 2019.10. 5
(コールマン,ガトリン,ロジャース,ライルズ)
37.36 英 国 2019.10. 5
(ジェミリ,ヒューズ,キルティー,ミッチェル・ブレイク)
37.43 日 本 2019.10. 5
(多田修平,白石黄良々,桐生祥秀,サニブラウン・A・ハキーム)
37.64 カナダ 2022. 7.23 NEW
(ブラウン,ブレイク,ロドニー,デグラス)
37.50 イタリア 2021. 8. 6
(パッタ、ジェイコブス、デサル、トルトゥ)
37.62 トリニダードトバゴ 2009. 8.22
(ブラウン,バーンズ,キャレンダー,トンプソン)
37.65 南アフリカ 2019.10. 4
(ドロドロ,マガクウェ,ムニャイ,シンビネ)
37.72 ブラジル 2019.10. 5
(ド・ナシメント、ドス・サントス、シルヴァ、デ・オリヴェイラ)
37.79 フランス 1990. 9. 1
(モリニエール,サングーマ,トルアバル,マリローズ)

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com