月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

やり投・ディーン元気は9位!3投目の80m69で一時7位浮上も入賞にあと一歩/世界陸上


◇オレゴン世界陸上(7月15日~24日/米国・オレゴン州ユージン)9日目

オレゴン世界陸上9日目のイブニングセッションに行われた男子やり投決勝。ディーン元気(ミズノ)は3投目に80m69をマークして一旦は7位に上がったが、その後2人に抜かれて9位とあと一歩で入賞を逃した。

早大3年で挑み10位に入った2012年ロンドン五輪以来の世界大会で、そのロンドンに続く決勝進出を果たした30歳のディーン。10年ぶりのファイナルの舞台は、1投目77m81でスタートしたが、2投目が75m前後にとどまって自らファウルに。2投目終了時点で8位と24cm差の9位だった。

3投目に80m69と80mオーバーを果たして7位に浮上した。しかし、続く選手が立て続けに82mを超えて9位に転落。8位には1m55及ばず、トップエイト進出は果たせなかった。

今季は日本選手権優勝をはじめコンスタントに80mを超える安定感を見せ、ワールドランキングで初の世界陸上に出場。予選も3投目に今季ベストの82m34をマークし、全体7位で決勝に進んでいた。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com