月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

男子5000mの遠藤日向は実力不足を実感「世界で勝負するために一つひとつ力をつけたい」とリベンジ誓う/世界陸上


◇オレゴン世界陸上(7月15日~24日/米国・オレゴン州ユージン)7日目

オレゴン世界陸上7日目のイブニングセッションに行われた男子5000m予選。遠藤日向(住友電工)が2組13着(13分47秒07)に終わり、決勝に進むことはできなかった。

5月のゴールデンゲームズinのべおかで日本歴代2位の13分10秒69をマーク。6月の日本選手権も含めて終盤に圧倒的なスパートを見せていたが、その力を出し切ることなく、レースを終えた。

「自信を持ってスタートラインに立てましたが、ポジショニングなども含めて実力不足」と遠藤。先頭が1000mを2分43秒65、2000mを5分28秒95で通過したが、この時は遠藤も集団の中にレースを進めた。前をうかがえる位置にいたようにも見えたが、「先頭のほうで走りたいと思っていて、譲らないようにしていましたが判断力が足りないですね」。2000m過ぎで後方の選手と接触し、転倒には至らなかったがバランスを崩す。その間に先頭集団はペースを上げ、どんどん遠くなっていった。

福島・郡山四中時代に全中3000mを、学法石川高ではインターハイ1500mをそれぞれ優勝。高校男子の長距離選手の多くは卒業後、大学に進むが、遠藤は実業団入りを選択した。「国際舞台で活躍する」という目標があったから。渡米して世界的な中長距離選手が集まるバウワーマン・トラッククラブでもトレーニングを積んだ。昨年の東京五輪は出場を逃したが、今季は春から好調を維持。シニア初の日本代表に選出された。

悔しい初舞台となったが8月5日で24歳。まだまだリベンジする機会はある。「来年の世界陸上、(24年)五輪、(25年)東京の世界陸上と、そこで勝負するために一つひとつ力をつけたい」と前を向いた。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com