HOME 国内、世界陸上、日本代表
男子5000mの遠藤日向は実力不足を実感「世界で勝負するために一つひとつ力をつけたい」とリベンジ誓う/世界陸上
男子5000mの遠藤日向は実力不足を実感「世界で勝負するために一つひとつ力をつけたい」とリベンジ誓う/世界陸上


◇オレゴン世界陸上(7月15日~24日/米国・オレゴン州ユージン)7日目

オレゴン世界陸上7日目のイブニングセッションに行われた男子5000m予選。遠藤日向(住友電工)が2組13着(13分47秒07)に終わり、決勝に進むことはできなかった。

広告の下にコンテンツが続きます

5月のゴールデンゲームズinのべおかで日本歴代2位の13分10秒69をマーク。6月の日本選手権も含めて終盤に圧倒的なスパートを見せていたが、その力を出し切ることなく、レースを終えた。

「自信を持ってスタートラインに立てましたが、ポジショニングなども含めて実力不足」と遠藤。先頭が1000mを2分43秒65、2000mを5分28秒95で通過したが、この時は遠藤も集団の中にレースを進めた。前をうかがえる位置にいたようにも見えたが、「先頭のほうで走りたいと思っていて、譲らないようにしていましたが判断力が足りないですね」。2000m過ぎで後方の選手と接触し、転倒には至らなかったがバランスを崩す。その間に先頭集団はペースを上げ、どんどん遠くなっていった。

福島・郡山四中時代に全中3000mを、学法石川高ではインターハイ1500mをそれぞれ優勝。高校男子の長距離選手の多くは卒業後、大学に進むが、遠藤は実業団入りを選択した。「国際舞台で活躍する」という目標があったから。渡米して世界的な中長距離選手が集まるバウワーマン・トラッククラブでもトレーニングを積んだ。昨年の東京五輪は出場を逃したが、今季は春から好調を維持。シニア初の日本代表に選出された。

悔しい初舞台となったが8月5日で24歳。まだまだリベンジする機会はある。「来年の世界陸上、(24年)五輪、(25年)東京の世界陸上と、そこで勝負するために一つひとつ力をつけたい」と前を向いた。

広告の下にコンテンツが続きます
◇オレゴン世界陸上(7月15日~24日/米国・オレゴン州ユージン)7日目 オレゴン世界陸上7日目のイブニングセッションに行われた男子5000m予選。遠藤日向(住友電工)が2組13着(13分47秒07)に終わり、決勝に進むことはできなかった。 5月のゴールデンゲームズinのべおかで日本歴代2位の13分10秒69をマーク。6月の日本選手権も含めて終盤に圧倒的なスパートを見せていたが、その力を出し切ることなく、レースを終えた。 「自信を持ってスタートラインに立てましたが、ポジショニングなども含めて実力不足」と遠藤。先頭が1000mを2分43秒65、2000mを5分28秒95で通過したが、この時は遠藤も集団の中にレースを進めた。前をうかがえる位置にいたようにも見えたが、「先頭のほうで走りたいと思っていて、譲らないようにしていましたが判断力が足りないですね」。2000m過ぎで後方の選手と接触し、転倒には至らなかったがバランスを崩す。その間に先頭集団はペースを上げ、どんどん遠くなっていった。 福島・郡山四中時代に全中3000mを、学法石川高ではインターハイ1500mをそれぞれ優勝。高校男子の長距離選手の多くは卒業後、大学に進むが、遠藤は実業団入りを選択した。「国際舞台で活躍する」という目標があったから。渡米して世界的な中長距離選手が集まるバウワーマン・トラッククラブでもトレーニングを積んだ。昨年の東京五輪は出場を逃したが、今季は春から好調を維持。シニア初の日本代表に選出された。 悔しい初舞台となったが8月5日で24歳。まだまだリベンジする機会はある。「来年の世界陸上、(24年)五輪、(25年)東京の世界陸上と、そこで勝負するために一つひとつ力をつけたい」と前を向いた。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.02.29

【学生長距離Close-upインタビュー】マラソンで花開いた早大・伊福陽太「早稲田の歴史に名前を残せてうれしい」

学生長距離Close-upインタビュー 伊福陽太 Ifuku Yota 早稲田大学3年 「月陸Online」限定で大学長距離選手のインタビューをお届けする「学生長距離Close-upインタビュー」。36回目は、早大の伊福 […]

NEWS 【第100回箱根駅伝】出場全230人の証言~日体大~漆畑徳輝「古豪復活を絶対にできる」山口廉「必ず2区でリベンジ」

2024.02.29

【第100回箱根駅伝】出場全230人の証言~日体大~漆畑徳輝「古豪復活を絶対にできる」山口廉「必ず2区でリベンジ」

記念すべき第100回目の箱根駅伝に出場した23チームの、出走全230人にアンケートを実施。出走した選手たちの声を刻みます! 【アンケート項目】 (1)大会を終えての感想、コースの攻略法など (2)今だから話せる裏話 (3 […]

NEWS マラソンの川内 待望のGarminアンバサダーに就任! パリ五輪補欠の可能性は「ニュートラルな気持ちで待つ」

2024.02.29

マラソンの川内 待望のGarminアンバサダーに就任! パリ五輪補欠の可能性は「ニュートラルな気持ちで待つ」

プロランナーの川内優輝(あおいおニッセイ同和損保、36歳)が29日、都内で行われたイベントに参加し、近況などを語った。 脚の故障で前週の大阪マラソンなどを欠場しており、「10日間ほど休んでジョグは始めていますが、スピード […]

NEWS 第103回関東インカレは5/9~12に国立競技場で開催!全日本大学駅伝選考会は6月23日相模原で

2024.02.29

第103回関東インカレは5/9~12に国立競技場で開催!全日本大学駅伝選考会は6月23日相模原で

関東学生陸上競技連盟は2024年度の競技会スケジュールを公開した。 第103回関東学生対校選手権(関東インカレ)は5月9日から12日の4日間、東京・国立競技場で行われる。国立開催は2年ぶりとなる。 広告の下にコンテンツが […]

NEWS 棒高跳のファビアン・シュルツ氏が39歳で他界 06年世界室内4位など欧州の一線級で活躍

2024.02.29

棒高跳のファビアン・シュルツ氏が39歳で他界 06年世界室内4位など欧州の一線級で活躍

男子棒高跳で活躍したファビアン・シュルツェ氏(ドイツ)が2月25日、39歳の若さで病気のためゾントホーフェンで亡くなったことがわかった。 1984年3月生まれ。ジュニア時代から活躍し、2003年欧州ジュニア選手権3位、0 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年1月号 (12月14日発売)

2024年1月号 (12月14日発売)

豪華付録!
箱根駅伝ガイド、高校駅伝展望

page top