HOME 海外

2022.07.22

女子200mはシェリカ・ジャクソンがジョイナーに次ぐ世界歴代2位の21秒45で大会新V 100m優勝のフレイザー・プライスが銀/世界陸上
女子200mはシェリカ・ジャクソンがジョイナーに次ぐ世界歴代2位の21秒45で大会新V 100m優勝のフレイザー・プライスが銀/世界陸上


◇オレゴン世界陸上(7月15日~24日/米国・オレゴン州ユージン)7日目

オレゴン世界陸上7日目のイブニングセッションに行われた女子200m決勝は、28歳のシェリカ・ジャクソン(ジャマイカ)が世界歴代2位の21秒45(+0.6)で金メダルを獲得。2015年北京大会でダフニ・シュキッパーズ(オランダ)がマークした大会記録21秒63を更新した。

広告の下にコンテンツが続きます

序盤は100m連覇のシェリー・アン・フレイザー・プライス(ジャマイカ)がリードして、100mを11秒03で通過。しかし、ここからジャクソンが強かった。11秒04で2位につけるとコーナーを出たあたりで逆転。2位のフレイザー・プライスに0.36秒差をつけた。

これまでの自己ベストは、6月下旬のジャマイカ選手権でマークした21秒55。それを0.10秒塗り替えるとともに、あのフローレンス・グリフィス・ジョイナー(米国)が持つ世界記録21秒34(1988年)に0.11秒と迫った。

今大会では100mで銀メダル、東京五輪では銅メダルを獲得しているが、国際大会での実績はロングスプリントのほうが先だった。400mでは2016年リオ五輪銅メダル。世界選手権でも15年北京と19年ドーハで銅メダルを手にしている。そこに200mでの後半の強さがあるようだ。

これまでリレーでの国際大会のタイトルはあったが、個人種目は五輪、世界選手権を通じて始めて。オレゴンを弾みにジョイナーの世界記録更新へ、ジャクソンに目が離せない。

広告の下にコンテンツが続きます

■女子200m決勝成績(+0.6)
1位 シェリカ・ジャクソン(ジャマイカ)         21秒45=大会新
2位 シェリー・アン・フレイザー・プライス(ジャマイカ) 21秒81
3位 ディアナ・アッシャー・スミス(英国)        22秒02
4位 アミナトゥ・セイニ(ニジェール)          22秒12
5位 アビー・スタイナー(米国)             22秒26
6位 タマラ・クラーク(米国)              22秒32
7位 エライン・トンプソン・ヘラー(ジャマイカ)     22秒39
8位 ムジンガ・カンブンジ(スイス)           22秒55

■女子200m世界歴代10傑
21.34  1.3  F.グリフィス・ジョイナー(米国)    1988. 9.29
21.45  0.6  S.ジャクソン(ジャマイカ) 2022. 7.21
21.53  0.8  E.トンプソン・ヘラー(ジャマイカ) 2021. 8. 3
21.61  1.3  G.トーマス(米国)          2021. 6.26
21.62A -0.6  M.ジョーンズ(米国)         1998. 9.11
21.63  0.2  D.シュキッパーズ(オランダ)     2015. 8.28
21.64  0.8  M.オッティ(ジャマイカ)       1991. 9.13
21.69  1.0  A.フェリックス(米国)        2012. 6.30
21.71  0.7  M.コッホ(東ドイツ)         1979. 6.10
21.71  1.2  H.ダウテ/ドレクスラー(東ドイツ)  1986. 6.29

◇オレゴン世界陸上(7月15日~24日/米国・オレゴン州ユージン)7日目 オレゴン世界陸上7日目のイブニングセッションに行われた女子200m決勝は、28歳のシェリカ・ジャクソン(ジャマイカ)が世界歴代2位の21秒45(+0.6)で金メダルを獲得。2015年北京大会でダフニ・シュキッパーズ(オランダ)がマークした大会記録21秒63を更新した。 序盤は100m連覇のシェリー・アン・フレイザー・プライス(ジャマイカ)がリードして、100mを11秒03で通過。しかし、ここからジャクソンが強かった。11秒04で2位につけるとコーナーを出たあたりで逆転。2位のフレイザー・プライスに0.36秒差をつけた。 これまでの自己ベストは、6月下旬のジャマイカ選手権でマークした21秒55。それを0.10秒塗り替えるとともに、あのフローレンス・グリフィス・ジョイナー(米国)が持つ世界記録21秒34(1988年)に0.11秒と迫った。 今大会では100mで銀メダル、東京五輪では銅メダルを獲得しているが、国際大会での実績はロングスプリントのほうが先だった。400mでは2016年リオ五輪銅メダル。世界選手権でも15年北京と19年ドーハで銅メダルを手にしている。そこに200mでの後半の強さがあるようだ。 これまでリレーでの国際大会のタイトルはあったが、個人種目は五輪、世界選手権を通じて始めて。オレゴンを弾みにジョイナーの世界記録更新へ、ジャクソンに目が離せない。 ■女子200m決勝成績(+0.6) 1位 シェリカ・ジャクソン(ジャマイカ)         21秒45=大会新 2位 シェリー・アン・フレイザー・プライス(ジャマイカ) 21秒81 3位 ディアナ・アッシャー・スミス(英国)        22秒02 4位 アミナトゥ・セイニ(ニジェール)          22秒12 5位 アビー・スタイナー(米国)             22秒26 6位 タマラ・クラーク(米国)              22秒32 7位 エライン・トンプソン・ヘラー(ジャマイカ)     22秒39 8位 ムジンガ・カンブンジ(スイス)           22秒55 ■女子200m世界歴代10傑 21.34  1.3  F.グリフィス・ジョイナー(米国)    1988. 9.29 21.45  0.6  S.ジャクソン(ジャマイカ) 2022. 7.21 21.53  0.8  E.トンプソン・ヘラー(ジャマイカ) 2021. 8. 3 21.61  1.3  G.トーマス(米国)          2021. 6.26 21.62A -0.6  M.ジョーンズ(米国)         1998. 9.11 21.63  0.2  D.シュキッパーズ(オランダ)     2015. 8.28 21.64  0.8  M.オッティ(ジャマイカ)       1991. 9.13 21.69  1.0  A.フェリックス(米国)        2012. 6.30 21.71  0.7  M.コッホ(東ドイツ)         1979. 6.10 21.71  1.2  H.ダウテ/ドレクスラー(東ドイツ)  1986. 6.29

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.02.25

衝撃の初マラソン初V!平林清澄の快走にを指導した國學院大・前田康弘監督「妥協しない。努力をしてきましたから」/大阪マラソン

◇大阪マラソン2024(2月25日/大阪府庁前スタート・大阪城公園フィニッシュ) ジャパンマラソンチャンピオンシップ(JMC)シリーズGSで、パリ五輪代表選考会マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)ファイナルチャレ […]

NEWS “初代山の神”今井正人 大歓声ラストランに「こんなに幸せなことはない」今後は「一緒に考え、悩み、悔しがれる」指導者に/日本選手権クロカン

2024.02.25

“初代山の神”今井正人 大歓声ラストランに「こんなに幸せなことはない」今後は「一緒に考え、悩み、悔しがれる」指導者に/日本選手権クロカン

◇第107回日本選手権クロスカントリー(2月25日/福岡・海の中道海浜公園) 世界クロスカントリー選手権(3月30日/セルビア・ベオグラード)の代表選考会を兼ねた第107回日本選手権クロスカントリーが行われ、男子(10k […]

NEWS 山形愛羽 室内日本最高の11秒77!あこがれの鶴田玲美を上回る「日本選手権でメダル取りたい」春から福岡大へ/JAG大崎

2024.02.25

山形愛羽 室内日本最高の11秒77!あこがれの鶴田玲美を上回る「日本選手権でメダル取りたい」春から福岡大へ/JAG大崎

◇2024Japan Athlete Games in Osaki(2月25日/鹿児島ジャパンアスリートトレーニングセンター大隅) 国内最大級の陸上競技専門の室内トレーニング施設を舞台に、国内唯一の室内100m公認レース […]

NEWS 豊田兼が60mHで7秒70!日本歴代9位タイでシーズンイン「ハードル2種目でパリを目指したい」/JAG大崎

2024.02.25

豊田兼が60mHで7秒70!日本歴代9位タイでシーズンイン「ハードル2種目でパリを目指したい」/JAG大崎

◇2024Japan Athlete Games in Osaki(2月25日/鹿児島ジャパンアスリートトレーニングセンター大隅) 国内最大級の陸上競技専門の室内トレーニング施設を舞台に、国内唯一の室内100m公認レース […]

NEWS 男子は山口智規が29分16秒で優勝!井川龍人との早大現役・OBラスト勝負を制す/日本選手権クロカン

2024.02.25

男子は山口智規が29分16秒で優勝!井川龍人との早大現役・OBラスト勝負を制す/日本選手権クロカン

◇第107回日本選手権クロスカントリー(2月25日/福岡・海の中道海浜公園) 世界クロスカントリー選手権(3月30日/セルビア・ベオグラード)の代表選考会を兼ねた第107回日本選手権クロスカントリーが行われ、男子(10k […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年1月号 (12月14日発売)

2024年1月号 (12月14日発売)

豪華付録!
箱根駅伝ガイド、高校駅伝展望

page top