月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

女子3000m障害は超高速バトル!!ジェルトが大会新の8分53秒02でV!上位3人が8分台/世界陸上

◇オレゴン世界陸上(7月15日~24日/米国・オレゴン州ユージン)6日目

オレゴン世界陸上6日目のイブニングセッションを締めくくる女子3000m障害決勝は、上位3人が従来の大会記録(8分57秒84)を上回るという高速バトルが展開された。制したのは今年1月末にケニアからの国籍変更が認めらえたノラ・ジェルト(カザフスタン)。4人の優勝争いから最終周の水壕を跳び越えて一気に抜け出し、旧姓タヌイだった昨年8月に出した世界歴代3位の自己ベスト(8分53秒65)を更新する8分53秒02で、新たな母国に同種目初の金メダルをもたらした。

序盤からケニア、エチオピア勢と、アフリカ出身選手たちがハイペースでレースを進め、1000mを2分57秒で通過。2000mが5分58秒とややペースを落としたが、そこからの金メダル争いで一気にスピードアップした。ジェルトに続いてエチオピア勢が2位、3位を占め、ウェルクハ・ゲタチェウが自国新・世界歴代4位の8分54秒61、メキデス・アベベが歴代5位の8分56秒08をマーク。4位にはケニアから国籍変更したウィンフレド・ムチレ・ヤヴィ(バーレーン) が9分01秒31で入った。

ジェルトは1995年10月生まれの26歳。2011年のU18世界選手権(2000m障害)に16歳で優勝しているが、その後は激戦の国内レースをなかなか勝ち抜くことができず、国際舞台に立てていない。欧米のレースに出られるようになったのは2017年頃からで、ダイヤモンドリーグ(DL)で何度も優勝を重ねるなど活躍の場を広げた。

ただ、ケニア代表として世界大会への出場はなかなかできなかった。昨年からカザフスタンへの国籍変更を進めていたが、認められずに東京五輪にも出場できていない。今回が世界大会初出場で、いきなり頂点に立ったということだ。

他の中長距離種目と同様に高速化が進む女子3000m障害は、レースごとに勝者が変わる群雄割拠の時代が続いている。その中で、ジェルトが一歩抜け出す存在となりそうだ。

■女子3000mSC上位成績
1位 ノラ・ジェルト(カザフスタン)      8分53秒02=大会新
2位 ウェルクハ・ゲタチェウ(エチオピア)   8分54秒61
3位 メキデス・アベベ(エチオピア)      8分56秒08
4位 ウィンフレド・ムチレ・ヤヴィ(バーレーン)9分01秒31
5位 リザ・ゲガ(アルバニア)         9分10秒04
6位 コートニー・フレリックス(米国)     9分10秒59
7位 アイミー・プラット(英国)        9分15秒64
8位 エマ・コバーン(米国)          9分16秒49

■女子3000mSC世界歴代10傑【2022. 7.20時点】
8.44.32 B.チェプコエチ(ケニア)   2018. 7.20
8.52.78 R.ジェベト(バーレーン)D  2016. 8.27
8.53.02 N.ジェルト(カザフスタン)  2022. 7.20★
8.54.61 W.ゲタチェウ(エチオピア)  2022. 7.20★
8.56.03 M.アベベ(エチオピア)    2022. 7.20★
8.56.55 W.ヤヴィ(バーレーン)    2022. 6.18
8.57.77 C.フレリックス(米国)    2021. 8.21
8.58.78 C.チェスポル(ケニア)    2017. 5.26
8.58.81 G.サミトワ・ガルキナ(ロシア) 2008. 8.17
9.00.01 H.ジェプケモイ(ケニア)   2016. 5.28

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com