月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

廣中璃梨佳 5000mで決勝進出ならず 15分02秒03の7着も攻めたレース「ラスト1周で上げられませんでした」/世界陸上


◇オレゴン世界陸上(7月15日~24日/米国・オレゴン州ユージン)6日目

オレゴン世界陸上6日目のイブニングセッションに行われた女子5000m予選。廣中璃梨佳(日本郵政グループ)が2度目の世界を駆け抜けた。

廣中は大会2日目の10000mにも出場。「周囲を気にせずレースを作れた」と自分らしい走りを披露し、日本歴代2位となる30分39秒71をマークして12位と入賞とはならなかったが収穫を得られたようだった。

「10000mが終わってから心身ともにリフレッシュした状態」で臨んだ5000m。海外選手を引っ張る積極的な走り。「先頭に出られたのは良かったです」。ここでも廣中らしさを存分に発揮した。

だが、「3000mから4000mできつくなってしまいました」と徐々に後退してしまう。それでも「これ以上、下がれない」と、ラスト2周でトレードマークの帽子を脱いだ。

ラストまで歯を食いしばり走り切った廣中。15分02秒03で7着に入り、着順での決勝進出はならず。続く2組目の結果を待つこととなったが、タイムで拾われるプラス5人の内にあと一歩届かず6番目。5番目の選手とは1秒05差だった。

「ラスト1周で上げられませんでした。15分かかったのは悔しいし、課題が残ります」と唇を噛む。それでも2度目の世界を経験し、さらに成長した姿を見せた。これからも積極的な走りで世界に挑んでいく。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com