HOME ニュース、海外

2022.07.20

大熱戦の女子走高跳 パターソンが自己新2m02で初金メダル!ウクライナのマフチフは同記録で銀/世界陸上
大熱戦の女子走高跳 パターソンが自己新2m02で初金メダル!ウクライナのマフチフは同記録で銀/世界陸上

◇オレゴン世界陸上(7月15日~24日/米国・オレゴン州ユージン)5日目

オレゴン世界陸上5日目のイブニングセッションに行われた女子走高跳決勝。4人が2m02に挑む大熱戦は、この高さを1回でクリアしたエラノア・パターソン(豪州)が世界大会初の金メダルを手にした。

屋外ベストにあと1cmの1m98を3回目で成功したパターソンは、屋外では自身初の大台となる2m00も2回目でクリア。この時点では、2m00を一発で越えたエレナ・ヴァッロルティガーラ(イタリア)がトップ、同じ2回目での成功だったヤロスラワ・マフチフ、イリーナ・ヘラシュチェンコに次ぐ4位だった。

だが、スピードに乗った助走から自己ベストの2m02を鮮やかに1回で成功したことで、流れを一気に自分のものにした。この高さを2回目に越えたマフチフとの一騎打ちとなった2m04は、試技順が先のマフチフが3回目を失敗した時点で優勝が決定。パターソンは大歓声を浴びながらを最終跳躍を終えると、マットの上で感無量の表情を見せた。

「ビッグパフォーマンスができるとは思っていたけど、今夜、これだけの素晴らしい選手たちと同じように跳べるなんて思ってなかった。私がチャンピオンだなんて信じられない」

2013年のU18世界選手権を制している26歳。15年北京世界陸上で8位、昨年の東京五輪では5位入賞を果たすと、今年3月の世界室内選手権ではマフチフとの優勝争いに敗れたものの初の2m00成功で銀メダルを獲得と、着実に力をつけてきた。今季は、屋外初戦が6月30日のダイヤモンドリーグ・ストックホルム大会だったものの、そこで1m96をクリアして優勝。今季2戦目にして、自身初の世界一をつかんだことになる。

豪州勢は、パターソンと同年代のニコラ・オリスラガースが昨年の東京五輪で銀メダル、今大会も5位に入賞している。欧州勢が中心だった同種目の勢力図を、南半球から大きく書き換えそうな勢いだ。

2月末からロシアからの軍事侵攻を受け続ける母国に希望をと臨んだマフチフだったが、2大会連続の銀メダルに。それでも、頂点をバーに合わせられなかったものの2m04は高さは十分。V候補筆頭としての実力は示した。

18歳で出場した前回のドーハ大会は、33年ぶりU20世界新となる2m04をクリアして銀メダルを獲得。逸材として注目を集め、昨年の東京五輪でも銅メダルを手にした。3月の世界室内選手権には戦火を逃れて出場し、金メダルに輝いている。

今大会も米国の観客から大声援を受け、予選からバーを次々と1回でクリアしていったが、決勝は2m00、2m02ともに1度ずつ失敗したことが響いた。

■女子走高跳上位成績
1位 エレノール・パターソン(豪州)       2m02
2位 ヤロスラワ・マフチフ(ウクライナ)     2m02
3位 エレナ・ヴァッロルティガーラ(イタリア)  2m00
4位 イリーナ・ヘラシュチェンコ(ウクライナ)  2m00
5位 ニコラ・オリスラガース(豪州)       1m96
〃  サフィナ・サドゥライェワ(ウズベキスタン) 1m96
7位 カルメン・ブラウス(エストニア)      1m96
8位 ナデジュダ・ドゥボヴィツカヤ(カザフスタン)1m96

◇オレゴン世界陸上(7月15日~24日/米国・オレゴン州ユージン)5日目 オレゴン世界陸上5日目のイブニングセッションに行われた女子走高跳決勝。4人が2m02に挑む大熱戦は、この高さを1回でクリアしたエラノア・パターソン(豪州)が世界大会初の金メダルを手にした。 屋外ベストにあと1cmの1m98を3回目で成功したパターソンは、屋外では自身初の大台となる2m00も2回目でクリア。この時点では、2m00を一発で越えたエレナ・ヴァッロルティガーラ(イタリア)がトップ、同じ2回目での成功だったヤロスラワ・マフチフ、イリーナ・ヘラシュチェンコに次ぐ4位だった。 だが、スピードに乗った助走から自己ベストの2m02を鮮やかに1回で成功したことで、流れを一気に自分のものにした。この高さを2回目に越えたマフチフとの一騎打ちとなった2m04は、試技順が先のマフチフが3回目を失敗した時点で優勝が決定。パターソンは大歓声を浴びながらを最終跳躍を終えると、マットの上で感無量の表情を見せた。 「ビッグパフォーマンスができるとは思っていたけど、今夜、これだけの素晴らしい選手たちと同じように跳べるなんて思ってなかった。私がチャンピオンだなんて信じられない」 2013年のU18世界選手権を制している26歳。15年北京世界陸上で8位、昨年の東京五輪では5位入賞を果たすと、今年3月の世界室内選手権ではマフチフとの優勝争いに敗れたものの初の2m00成功で銀メダルを獲得と、着実に力をつけてきた。今季は、屋外初戦が6月30日のダイヤモンドリーグ・ストックホルム大会だったものの、そこで1m96をクリアして優勝。今季2戦目にして、自身初の世界一をつかんだことになる。 豪州勢は、パターソンと同年代のニコラ・オリスラガースが昨年の東京五輪で銀メダル、今大会も5位に入賞している。欧州勢が中心だった同種目の勢力図を、南半球から大きく書き換えそうな勢いだ。 2月末からロシアからの軍事侵攻を受け続ける母国に希望をと臨んだマフチフだったが、2大会連続の銀メダルに。それでも、頂点をバーに合わせられなかったものの2m04は高さは十分。V候補筆頭としての実力は示した。 18歳で出場した前回のドーハ大会は、33年ぶりU20世界新となる2m04をクリアして銀メダルを獲得。逸材として注目を集め、昨年の東京五輪でも銅メダルを手にした。3月の世界室内選手権には戦火を逃れて出場し、金メダルに輝いている。 今大会も米国の観客から大声援を受け、予選からバーを次々と1回でクリアしていったが、決勝は2m00、2m02ともに1度ずつ失敗したことが響いた。 ■女子走高跳上位成績 1位 エレノール・パターソン(豪州)       2m02 2位 ヤロスラワ・マフチフ(ウクライナ)     2m02 3位 エレナ・ヴァッロルティガーラ(イタリア)  2m00 4位 イリーナ・ヘラシュチェンコ(ウクライナ)  2m00 5位 ニコラ・オリスラガース(豪州)       1m96 〃  サフィナ・サドゥライェワ(ウズベキスタン) 1m96 7位 カルメン・ブラウス(エストニア)      1m96 8位 ナデジュダ・ドゥボヴィツカヤ(カザフスタン)1m96

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.07.13

五輪代表・樺沢和佳奈 3000m8分53秒99の自己新! 後藤夢も8分台 男子3000mは中野翔太がトップ/ホクレンDC士別

ホクレン・ディスタンスチャレンジ2024第3戦の士別大会が7月13日に行われ、女子3000mAではパリ五輪5000m代表の樺沢和佳奈(三井住友海上)が8分53秒99の自己新をマークした。 6月末の日本選手権以来のレースと […]

NEWS 男子走高跳のバルシム「パリが最後の五輪」と表明 東京五輪金メダリスト

2024.07.13

男子走高跳のバルシム「パリが最後の五輪」と表明 東京五輪金メダリスト

7月12日、男子走高跳のM.E.バルシム(カタール)が自身のSNSを更新し、「パリ五輪が自身最後の五輪になる」と発表した。 6月に33歳となったバルシムは男子走高跳を長く牽引してきたジャンパー。2010年の世界ジュニア選 […]

NEWS 男子走幅跳・城山正太郎がシーズンベストでV 100mHオープン参加の寺田明日香13秒14/北海道選手権

2024.07.13

男子走幅跳・城山正太郎がシーズンベストでV 100mHオープン参加の寺田明日香13秒14/北海道選手権

7月13日、第97回北海道選手権の初日が網走市運動公園市営陸上競技場で行われ、男子走幅跳に日本記録保持者の城山正太郎(ゼンリン)が出場し、シーズンベストの7m86(+1.7)で優勝した。 昨年の世界選手権代表の城山。今季 […]

NEWS 【男子200m】井手友郎(済美高1) 21秒28=高1歴代8位

2024.07.13

【男子200m】井手友郎(済美高1) 21秒28=高1歴代8位

7月13日、第79回愛媛県選手権の2日目が行われ、男子200mで高校1年生の井手友郎(済美高1愛媛)が21秒28(+1.5)の大会新記録で優勝した。この記録は高1歴代8位の好記録となる。 井手は桑原中時代に全中200m5 […]

NEWS 【男子100m】髙城昊紀(宮崎西高1) 10秒52=高1歴代6位タイ

2024.07.13

【男子100m】髙城昊紀(宮崎西高1) 10秒52=高1歴代6位タイ

7月13日、第48回宮崎県高校1年生大会の1日目が宮崎市の宮崎県総合運動公園競技場で行われ、男子100mで髙城昊紀(宮崎西高)が10秒52(+0.5)で優勝を果たした。 髙城のこれまでの100mベストは今月7日に出した1 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年8月号 (7月12日発売)

2024年8月号 (7月12日発売)

W別冊付録
パリ五輪観戦ガイド&福岡インターハイ完全ガイド

page top