月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

男子円盤投で17年ぶり大会新!!23歳の大学生・チェーが71m13で初タイトル!/世界陸上

◇オレゴン世界陸上(7月15日~24日/米国・オレゴン州ユージン)5日目

オレゴン世界陸上5日目のイブニングセッションに行われた男子円盤投決勝は、マリボル大に通う23歳の学生クリスチャン・チェー(スロベニア)が17年ぶり大会新の71m13を放ち、世界大会初制覇を果たした。

5月のダイヤモンドリーグ(DL)・バーミンガム大会で世界歴代10位の71m27をマークしていたチェー。この日も、2投目に69m02を放ってトップに立つと、3投目にその自己ベストにあと14㎝と迫るビッグスロー放って主導権を握る。

チェーとの2強と思われた前回のドーハ大会、昨年の東京五輪と連勝中のダニエル・ストール(スウェーデン)が66m59が最高と苦戦し、流れは完全にチェーのものに。5投目にも70m51と再び70mを超え、内容でも他を圧倒した。

「ビッグスローを生み出す状態にあることはわかっていたが、これは世界選手権。自分のやるべきことに集中した。それができたのが71m13の投てきだった。非常に速いサークルだったが、条件はみんな同じ。自分を信じて臨んだ」

農業を営む家に生まれ、身長2mを超える大きな身体に育ったチェー。2007年大阪世界陸上、08年北京五輪と2年連続世界王者となったエストニアのゲルト・カンテル・コーチの指導を受け、メキメキと力をつけた。ドーハでは予選落ちに終わったが、昨年の東京五輪は5位、そして3度目の世界大会で頂点に立った。

この日破った大会記録(70m17)は五輪連覇を誇る名スロワー、ヴィルギリウス・アレクナ(リトアニア)が05年に作ったものだが、カンテル・コーチは世界一の座を争うライバルだった。そのアレクナ氏の息子であるマイコラス・アレクナ(リトアニア)が4投目に69m27をマークし、19歳ながら2位に食い込んだ。ライバル関係が次代へと引き継がれた大会になったのかもしれない。

■男子円盤投上位成績
1位 クリストアン・チェー(スロベニア)         71m13=大会新
2位 マイコラス・アレクナ(リトアニア)         69m27
3位 アンドリウス・グドジュス(リトアニア)       67m55
4位 ダニエル・ストール(スウェーデン)         67m10
5位 シモン・ペータション(スウェーデン)        67m00
6位 マシュー・デニー(豪州)              66m47
7位 アリン・アレクサンドル・フィルフィリカ(ルーマニア)65m57
8位 アレックス・ローズ(サモア)            65m57

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com