月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

200m飯塚翔太は準決勝敗退「この舞台で走れるのは幸せなこと」急きょ出場も準備整える強さ/世界陸上

◇オレゴン世界陸上(7月15日~24日/米国・オレゴン州ユージン)5日目

オレゴン世界陸上5日目のイブニングセッションに行われた男子200m準決勝に飯塚翔太(ミズノ)が出場した。1組2レーンに入った飯塚は20秒77(-0.1)で7着。決勝進出はならなかった。

31歳、自身3度目の世界陸上200mの準決勝。前半はややついて行くも、コーナーを抜けた時には離された。「思ったより前半は走れて感覚的にも良かったのですが、後半はみんな速かったです。出し切った感じがありました」と飯塚。そして「雰囲気は楽しめました」とベテランは笑顔を見せた。

出場まではドタバタ劇。参加標準記録を突破できず、布勢スプリントに出場するなど最後の最後まで狙ったもののクリアならず。7月7日にワールドランキングの出場資格者に辞退者が出て急きょ追加代表入りした。それでも「いつ言われても行くという気持ちでいました」。どんなギリギリでも「走ってでも」と冗談を言うほど、世界の舞台を恋い焦がれている。それは何度経験しても、オリンピックでメダルを取っても変わらない。

「この舞台、緊張感で走れるのは選手として幸せなこと。来年以降も、行ける限り行きたいです」

秋シーズンは100mでスピードに磨きをかける。「世界は100mと200mをやっている。来年からまたパリ五輪に向けて絞っていきます」と飯塚。いくつになっても変わらない情熱と向上心、そしてかけっこが好きだという純粋な思い。日本が誇る“兄貴分”は、これからも世界を目指して走り続ける。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com