月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

200m上山紘輝は準決勝敗退も20秒48の力走!「決勝を目指すと言える力をつけたい」/世界陸上

◇オレゴン世界陸上(7月15日~24日/米国・オレゴン州ユージン)5日目

オレゴン世界陸上5日目のイブニングセッションに行われた男子200m準決勝。3組に入った上山紘輝(住友電工)は20秒48(+0.3)で6着となり、決勝進出はならなかった。それでも、初出場ながら予選で日本歴代9位の20秒26をマークして2着通過。準決勝は、大会前のベスト20秒46に迫るタイムだった。

「予選の前半が良かったぶん、持ち味が発揮できませんでした」と納得のいく走りではなかったという上山。それでもスタート直後はしっかり勝負した。さすがに「予選から(海外勢は)一段階上げてきて追いつかなかった」と離される。「後半は焦ってしまいましたが、今の力は出せたと思います」と充実感もあった。

冬季からケガなく積めたことと苦手だったウエイトトレーニングに着手して今季は飛躍の年に。U20世界選手権こと代表歴はあるものの、一気にインターハイやインカレを勝たずに日本選手権を制し、シニア代表にまで上りつめた。初出場で準決勝も「緊張はしませんでした」と上山。世界との差は小さくないが、「予選の疲労もありました。余裕を持って予選を通過できないと勝負できない」と課題も明確になった。

世界を経験したからこそ、思いは強くなる。「目標だった準決勝と自己ベスト更新もできました。これを良い経験、で終わらせるのではなく、『決勝を目指します』と言えるような力をつけて、また代表として戻ってきたいです」。まだ社会人1年目。成長著しいスプリンターは、この経験を得てさらに加速していく。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com